泊まれる本屋さんのブックアンドベッド東京(池袋)に行ってきた感想

泊まれる本屋さんのブックアンドベッド東京(池袋)に行ってきた感想を紹介!

雑誌、Casa BRUTUSの12月号に、泊まれる本屋さんのブックアンドベッド東京(池袋)のことが紹介されていたので、ホステル&本好きの僕としては行くっしゃないと言う思いで、デイタイムに行ってみることにしました。

場所はJR池袋西口から徒歩数分ほどのところにあります。

先ずは入り口で会計をすませるのですが、ここは現金不可なのでクレジット(Visa・MasterCard・SAISONの3種類のみ)で支払いました。

ワクワクしながら早速中へ。
bookandbed8
bookandbed9

 

シックな感じで内装はめちゃくちゃ良いですね。

有料ですが、軽食やコーヒーを飲むこともできます。
bookandbed10

 

壁が本棚になっていて、そこから好きな本を読むことができます。
bookandbed5

 

青春のバイブル本のスラムダンクや
bookandbed11

 

旅好きにはたまらない雑誌TRANSIT
bookandbed13

 

皆大好きウォーリーを探せ
bookandbed12

 

その他にも小説やエッセイ。洋書なども置いてあります。個人的にはもう少し本が置いてあるとより楽しめそうな感じがしました。

今回はデイタイムに行ったのですが、見学用のベッドがあるということで中に入らせてもらう。

こちらがその寝室。
bookandbed4
bookandbed3

 

ロッカーもついてて結構快適です。これなら本読みながら眠れそう。

シャワー室も付いてます(宿泊者限定)。
bookandbed6
bookandbed7

 

まさに絵に描いたようなオシャレスポットです。

いるだけで自分がオシャレになったと錯覚することができますね。

うん、良い。

Wi-Fiも使えるのがありがたいです。

スタッフさんも気さくで話しやすい人達ばかりでした。

池袋で終電を逃した方や、本を読みながら寝落ちしたい方は一度行かれてみてはどうでしょうか?

 

ブックアンドベッド東京(池袋)の情報

【宿泊価格】
「STANDARD」¥4,800-(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日などは変動あり
「COMPACT」¥3,800-(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日などは変動あり
チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00

【お支払い】
クレジットカード (Visa・MasterCard・SAISONの3種類のみ)
※現金不可

デイタイム

【営業時間】
13:00~17:00
※予約不可

【利用価格】
1時間ごと:¥500-(税抜)
フリータイム(Daytime営業時間内):¥1,500-(税抜)

住所:東京都豊島区西池袋1丁目1−17−7 ルミエールビル

⇒ブックアンドベッド東京(池袋)の詳細はこちら

ブックアンドベッド京都の感想|アクセス方法や料金など

2017.01.10

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします