ネパールのカトマンズの国際空港でSIMカードを購入してみた感想と注意点

※世界一周40日目

昨晩夜にネパールのカトマンズに到着。

夜は疲れすぎていたので、カトマンズの国際空港(トリブバン国際空港)近くのホテルに宿泊。

カトマンズの国際空港周辺に泊まるなら「メリディアンスイートホテル」が断然おすすめ!

2017.08.17

ネットが使えないと不安で仕方がない僕。

翌朝歩いてカトマンズの国際空港(トリブバン国際空港)に戻り、SIMカードを購入することにしました。

 

カトマンズの国際空港(トリブバン国際空港)には2社SIMカード販売会社がある

カトマンズの国際空港(トリブバン国際空港)には、NCellとNEPAL TELECOMの2社SIMカード販売会社があります。

 

正直複数SIMカード販売会社があると、どこを選べばいいか迷いますよね。

僕は普段は最初に見つけた会社で契約しているんですが、今回は混んでいたNCellを洗濯。

パスポートを見せ必要事項を書類に記入。

料金が書かれた髪を渡してくれます。

 

・1.2GB:500リンギット
・2.4GB:800リンギット
・3.6GB:1000リンギット
・4.8GB:1300リンギット

今回は一週間の滞在。僕は旅をしながら仕事もしているので、ある程度余裕をもたせたかったので3.6GB:1000リンギットを購入。

SIMの入れ替えをお店の人にやってもらい終了。

 

ネパールのカトマンズでSIMカードを購入する際の注意点

ネパールのカトマンズでSIMカードを購入する際、パスポートの他に顔写真が必要です。

日本でVISA用に顔写真を持っていたので大丈夫でしたが、持ってない人はどこか別の場所へ案内されてました。

持っていないと何かと面倒くさそうなので、持っていった方が無難です。

無事SIMカードを購入し、タクシーでカトマンズ市内へ。

カトマンズの国際空港(トリブバン国際空港)からタメル地区まで700リンギットでした。

やっぱりネットが使えると安心です。

カトマンズの国際空港(トリブバン国際空港)でSIMカードを購入しようか迷われている方は、今回の情報を参考にしていただければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします