癒えることない痛みならいっそ引き連れて

ただいま妻と世界一周中です。

今回は今の気持ちを書いておこうかなと。

基本フェイスブックやインスタには良いことしか書かないので笑、ブログに気持ちを書き残しておこうと思います。

SNSを見ているだけだと、順風満帆に旅をしていると思うかもしれませんが、僕は強直性脊椎炎という難病をかかえています。

強直性脊椎炎を簡単に説明すると、自己免疫機能がおかしくなり、関節などに炎症(僕の場合は主に股関節)が起きてしまうことです。

リウマチのようなものです。

原因は不明で根本的な治療方法もありません。

発症した当初は動くことすらできませんでした。

今は体も動くようになり、病気が治ったように振舞っていますが、発症から2年経った今でも突発的に炎症は起こります。

大体月に数回。

その場合は薬を飲んで炎症を抑えているんですが、海外に行けばよくなるんじゃないかという短絡的な思いから、薬をほどんど持って来ていませんでした。

その結果薬がなくなって来て結構焦ったりもしていました。

薬を飲まないと炎症は治らないのでその場で動けなくなりますからね。

海外で動けなくなるのはさすがに怖い。

今はなんとか薬局で類似薬を購入でき安心できましたが(でもまだ油断はできない!)、やっぱり炎症がずっと続くのは辛いです。

「このままずっと薬を飲み続けるのかなあ」
「もう一生治らないのかなあ」

と投げやりに思うこともあります。

そんな時に支えになっているのが、Mr.Childrenの曲「Tomorrow Never Knows」の歌詞です。

「Tomorrow Never Knows」の歌詞の中に、「癒えることない痛みならいっそ引き連れて」という部分があるんですが、これが今の僕の状況にシンクロしているなと。

この曲があるおかげでなんとかふんばれている部分もあったりします。

病気が治らないのであれば、いっそ引き連れて前に進んでいこうかなと。

まだ治ると信じていますが、この曲には本当に助けられています。

あとは「HANABI」とか「終わりなき旅」とか「足音」とかってほぼミスチルの曲全曲なんですが(笑)

きっと僕だけでなく、世の中には病気がなかなか治らず苦しんでいる人も多いと思います。

身体的なものだけでなく、精神的なものも多いですよね。

「なんで自分だけがこんなに苦しんでるんだ」

自暴自棄になりそうなのを必死にこらえている人もいると思います。

そんな時は、少し立ち止まってゆっくり休むようにしてください。

苦しいのはあなただけじゃないですよ。

僕が自分の病気を打ち明けた時、何人かの友達から「実は私も○○で苦しんでるんだ」と打ち明けてくれたことがありました。

いつもの明るい子だったので、そのことを聞いた時は驚きを隠せませんでした。

その時から「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」と思うようになりました。

まあたまに今でも「なんで自分だけが」と思うこともありますが(笑)

誰も皆、何かしら辛い思いを抱えて生きているんだなと思うようになりました。

少しでもこのブログを読んでくれた方の気持ちが晴れるような記事を、これからも書いていこうと思います!

それでは最後まで読んでくれてありがとうございました^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします