マレーシア航空のビジネスクラスに乗ってみた感想

※世界一周39日目

これからマレーシアのクアラルンプールを離れ、ネパールのカトマンズに行ってきます。

奮発してビジネスクラスの世界一周航空券を購入しているので、基本的にビジネスクラスでの移動です。

今回利用する航空会社はマレーシア航空。

マレーシア航空のビジネスクラスはどんな感じだったのかを紹介したいと思います。

ビジネスクラスでは早めに入国手続きかわできる

チェックイン時にこのような紙をもらいました。

 

内容は、通常よりも早く入国手続きができるとのこと。

こういうのは嬉しいですね。

ただ早めに行ったため、普通に並んでもすぐに入国手続きができたため使わず。

しばらくラウンジにいました。

クアラルンプールにあるマレーシア航空のラウンジに行ってきた感想

2017.08.16

飛行機に入る時も一番先に呼んでくれます。

 

マレーシア航空のビジネスクラス席の様子

こちらがマレーシア航空のビジネスクラス席。

これが•••ビジネス•••クラ••ス。

うーん。

いくら距離が短いとはいえ、もう少し広くして欲しかった。

前回初めてJALのビジネスクラスに乗って感動しただけに残念でした。

ただモニターは付いてたのでOK。

 

その他のアメニティは
・ブランケット
・枕
・スリッパ

です。普通な感じです。

何故かビジネスクラス用のトイレに置いてあるアメニティがすごかったです。

 

これは先着順なのか・・・。

ウェルカムドリンクのグァバジュースは美味しかったです!

 

離陸後ドリンクを注文。

お腹壊してるのにお酒!

 

何を隠そう僕は飛行機が大の苦手。

飛行中にリクライニングシートが倒せるという理由がビジネスクラスを選んだ理由の大半です。※ただマレーシア航空のビジネスクラスは横になるまで倒せませんでした。

そうです。お酒を飲まないと飛行機に怖くて乗れないんです泣。

実は飛行機に乗る前にもお酒飲んでます爆。

ビールをグイグイ飲んで体を酔わす。

これで準備完了。

座席がある程度広かったので、比較的楽にカトマンズにつきました。

 

マレーシア航空のビジネスクラスの料理

最後にマレーシア航空のビジネスクラスの料理を紹介します。

こちらがメニュー。

 

チキンだけかチキンとラムのミックス、ラムだけの料理を選べます。

ラムはお腹に刺激が強そうだったので、チキンのみを注文。

程よい硬さでまあまあ美味しかったです。

メインコースは
・チキン
・ラム
・カレー

の3種類から選択。

僕は辛いのが苦手なので、一番辛くないと言われたラムを注文。

 

結構な量です。

味もまあまあ美味しい。

お腹いっぱいになりました。

 

まとめ

今回、マレーシア航空のビジネスクラスに乗った感想ですが、距離が短い場合はビジネスクラスでもそこまで凄いわけではないことが分かりました。

次回は中東経由で北欧に行く長距離のフライトなので、次回のフライトを楽しみに過ごしていこうと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします