ネパールのカトマンズの国際空港(トリブバン国際空港)で観光ビザを申請してみたよ

※世界一周39日目

マレーシアのクアラルンプールからネパールのカトマンズにやってきました。

マレーシア航空のビジネスクラスに乗ってみた感想

2017.08.16

大の苦手な飛行機も無事に到着し、「さあこれから初ネパールだ!!!」と息込んでいた時にふと思い出す。

「あれ?そういえばネパールって入国する際にビザいるんじゃなかったっけ?」

カトマンズについた瞬間血の気が引きました。

 

何も用意してねえぇぇぇ!!!

 

もしかしたらそのまま強制送還くらうんじゃないかと思いながら、恐る恐るカトマンズ国際空港(トリブバン国際空港)の入国手続きの場所に行く。

部屋の奥に入国ビザの申請場所がありました。

 

写真とって良いか不安だったので、空港のスタッフさんに聞いてみたらOKと言われてから撮りました。

こちらの機械を操作し、必要事項を入力。

 

滞在日数やどこに滞在するかなど基本的な入力ですみました。

機械のすぐ横にあるカウンターで支払いをします。

支払いは、ネパールの通過ルピーだけでなく、米ドルや日本円でも可能です。

2017年8月時点での15日間の観光ビザは、1人25ドル(3,000円)でした。

この時ルピーを持っていなかったので、持っている日本円(1万円)で支払い、お釣りをルピーでもらおうとしたら日本円でお釣りが返ってきました笑。

その辺りは気をつけましょう。

カウンターの横には両替所もあります。

ここで両替しても良いし、空港出口付近にも両替所はあります。

何とか無事に入国できました^^

ただ航空会社に預けていた荷物のバックパック用のキャスターを無くされる!!

今までバックパックを持つのが面倒臭いので、バックパックを運べるキャスターを日本で買って使ってたんですね。

キャスターをバックパックに巻きつけた状態で荷物を預けていたら、キャスターだけ返ってきませんでした。

「これも神のお告げか・・・」

実はちょうどキャスターを捨てるか迷っていた時だったので、申告せずにそのまま突き進む。

結果ネパールは道が凸凹でキャスターが使いづらそうだったので、なくなってよかったかなと。

これからはバックパックを背負って頑張っていきます!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします