普通になりたいのになれないなら貫き通すのもあり

「普通になりたいのになれない」

こう思っている人は多いんじゃないでしょうか?

僕自身も昔はそう思っていました。

元々人に合わせるのが苦手なので、友人付き合いで疲れたり、仕事も上手くいかなかったりした時に、

「大富豪になりたいとか特別な力はなくていいからとにかく普通になりたい!!!」

そう思っていました。

ただ無理をしすぎた結果、体を壊してしまいました。

そして今は企業に属さずに個人でできる仕事をして、周りにほとんど合わせることなく生活をしています。

はたから見れば普通ではありません。

ただ以前よりも生活は内面的にすごく充実しています。

もちろんフリーランスで働いているため、生活面はものすっごく不安定です(笑)

明日どうなるかすら分かりません。

ただ自分の好きなことを自分のペースでできるので、精神面は周りの人にあわせていた時よりもはるかに良いです。

友人関係も、今までは会う人全てに良い顔をして疲れていましたが、今はそこまで無理することもしなくなりました。

自分と合わない人にあわせて付き合うよりも、自分と合う仲の良い友達とよく会うようになり、かなり楽になりましたね。

もちろん大変な時もありますが、なんとかやれています。

むしろフリーランスの場合は、普通でないことが武器になります。

はたから見れば僕のライフスタイルは普通ではありません。

企業で働いているわけではなくフリーで働いているわけですから。

普通の道から思いっきり脱線しています(笑)

ただそれでもなんとかなっています。

むしろ普通という道を諦めたおかげで人生が楽しくなりました。

どんなに頑張っても、向き不向きは人によってあると思います。

周りにあわせようと頑張っても上手くいかないタイプの人はいるんです。

そんな時は、別のグループに行くなど、自分の得意なことに目を向ける方が楽です。

少し前にガッキーと星野源主演の「逃げ恥(逃げるは恥だが役にたつ)」が流行りましたが、逃げ恥の意味も、

「自分の苦手な分野で頑張るのではなく、得意な方に目を向けてその分野で頑張れ」

的な感じだったと思います。

他の誰の人生でもなく、あなた自身の人生です。

逃げたってその先で新たな道が見つかり、その人が幸せだったらそれでいいんです。

無理して苦手な分野やグループで生きる必要はありません。

ってか普通ってなんやねん!!!

あなたに合う仕事や仲間はきっといると思うので、無理してまで普通にならないでくださいね。

これからのあなたの人生が上手くいくことを願ってます。

コンプレックスがあるからこそできることもある

2017.02.27

自分で自分のことを責める必要はない

2016.11.26

「みんなやっている」という言葉について本気で考えてみた

2016.07.15

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします