チェンマイで日本語OKのラム病院で診察してもらってきたよ

※世界一周28日目

実は2日くらい前から急性胃腸炎みたいな感じでほとんど何を食べてもお腹を壊すようになり(ただ食欲はある!)、チェンマイにある日本語OKのラム病院に行くことにしました。

海外で病院行くのは不安なんじゃない?

と思う人もいるかもしれません。

僕は数年前にシンガポールで左足小指を骨折し、入院して手術をしたことがあるので慣れています。

海外では寝ている間も気をつけろ!ベッドから落ちて骨折、入院して手術までした話

2017.06.28

いわばプロの患者なんです!!(逃げ恥の平匡さん風)。

話を戻します。僕は東京海上日動の海外保険に入っています。

ラム病院は、提携病院なのでキャッシュレスで治療が受けらるんです。

入り口入ってすぐにある「INTERNATIONAL PATIENT SERVICES」で要件を伝える。

 

日本人の受付スタッフさんがおり、めちゃくちゃ安心する。

自分の症状を伝えると、受付窓口に案内してくれ書類を記入。

しばらく待合室で待つことに。

病院内の写真を撮るのもどうかと思ったので、今回はあえて取りませんでしたが、病院内はすごく綺麗でした。

ラム病院は、12階建ての病院等にベッド数が350床もあるかなり大きい病院。チェンマイは、日本人のロングステイの方が多いみたいで、結構日本人の患者さんもいました。

個室に呼ばれ身長、体重、血圧、熱を測る。

やはり急性腸炎とのこと。

診察中もずっと日本人スタッフの方が通訳に回ってくれたのですごく安心できました。

キャッシュレス対応の病院なので、書類にサインするだけで済みました。

3日分の薬を処方され帰宅。

ものすごくおしゃれな袋に入れてくれました。

 

海外で病院に行くのは不安ですが、チェンマイのラム病院なら日本語OKなのでかなり安心できました。

ちなみに翌日も皮膚がかぶれていたので、別館にある皮膚科に行ったんですが。ものすごく綺麗でした。

チェンマイで体調が崩れた場合は、ラム病院で診てもらうのがおすすめです。

住所:8 Bunrueang Rit, Si Phum, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします