インタビュー

吉祥寺の「本でつながるシェアハウス」は自分のペースで過ごせる居場所

吉祥寺駅から徒歩18分、閑静な住宅街に本や読書が好きな人のためのシェアハウス「本でつながるシェアハウス」があります。

僕も本が大好きで、以前から本好きが集まるシェアハウスがあれば良いなと思っていました。

そんな理想的なシェアハウスが吉祥寺にあることを偶然知り、この度見学に行って来ました。

 

「本でつながるシェアハウス」は一軒家で5人まで住める

「本でつながるシェアハウス」は一軒家です。

リビングを含めて全5部屋。5人まで住むことができます。

入り口を入って左の部屋は共用スペースのリビング。

小説やエッセイ、マンガなど、さまざまなジャンルの本が置かれています。

本好きとしては、本に囲まれたこの場に居るだけで幸せです。

時間が合えば、入居者さん同士でご飯を一緒に食べることもあるそう。

一階の奥にはキッチン。

入居者の方は自由に使えます。

食器を買いそろえる必要がないので楽です。

続いては洗面台。

洗濯機も利用可能です。

お風呂場は広めです。

お風呂場や共用部分の掃除については当番制で、担当部分を順番に掃除していきます。

どこも綺麗でしたね。

続いては居室を紹介。

入居者さんの部屋は2階がメインです。

洋室と和室の2タイプが選べます。

※部屋は実際に住まれている方がいるので、写真はシェアハウスHPから拝借

敷金・礼金は不要で月50,000円(プラス水道・光熱・インターネット費12,000円)から。

吉祥寺の家賃の中では比較的リーズナブルです。

一軒家だからなのか、シェアハウス全体に温かみを感じました。

 

オーナーの井田岳志さんにシェアハウスの運営についてお話を伺う

シェアハウス運営に対する想いを、オーナーの井田 岳志(いだ たかし)さんに伺いました。

細井
細井
井田さん本日はよろしくお願いします。まずはシェアハウスを運営しようと思った理由を教えてください。
井田さん
井田さん
もともとはゼネコンで建築の設計の仕事をしていたんですけど、昔から人の住む場所や人が活動する場所を運営することに興味があったんです。ゼネコンだとハード面の設計するところまでしかできなくて。シェアハウスだと家を運営しながら人の生活に関われるので、面白そうだなと思いやってみることにしました。
細井
細井
別の業界で働かれていたのは驚きです!場所はどうして吉祥寺を選ばれたんでしょうか?
井田さん
井田さん
本当にたまたまなんです。ここに住む前に永福町のシェアハウスに住んでいて、杉並区が住みやすいと思ったんですよね。いろんな場所をみて回った結果、この場所でシェアハウスを運営することにしました。
細井
細井
吉祥寺は書店も多いし本好きが集まるイメージがあったので、てっきり吉祥寺で物件を探していたのかと思っていました。現在はどういう方が住まれているんですか?
井田さん
井田さん
基本はみんな社会人です。職業もさまざまです。年齢制限を設けている訳ではないんですが、30前後が多いですね。男女比は今までの入居者を含めると女性の方が多いです。
細井
細井
学生がいないのは意外でした。居住者の方同士でイベントや交流会はやったりするんですか?
井田さん
井田さん
月に一回は庭でバーベキューや鍋パーティーをやっていますね。その時は友達を呼んでもらってもOKです。それ以外は夜に入居者の方と集まってリビングで一緒にご飯を食べることもあります。
細井
細井
色々とお話を聞かせていただいてありがとうございました。最後に今後シェアハウスにはどういう方に来て欲しいですか?
井田さん
井田さん
どういう方でもいいんですが、自立していて自分のことは自分でできる人、あとは本好きな方が来てくれると嬉しいですね。本をコンセプトにしているので、本を一人で読んでいても自然に居られる空間にしたいという想いがあります。そう言った点では一人で居られる人ですかね。

 

「本でつながるシェアハウス」は自分らしく過ごせる居場所

今回オーナーの井田さんにお話を伺って、「本でつながるシェアハウス」は誰かと空間をシェアしながらも、マイペースに過ごせる住まいだなと思いました。

シェアハウスだからと言って誰かとずっと話をする必要はなく、自分のペースで過ごすことができます。

井田さんが放つ柔らかい雰囲気はもちろん、本があるからこそ落ち着いた空間が保たれているんだなと実感。

僕自身、人とのコミュニケーションが苦手ですが、好きな本を通して人と交流ができるところにとても魅力を感じました。

「本でつながるシェアハウス」のようにコンセプトのあるシェアハウスがどんどん増えて行くことで、自分の居場所を見つけられる人が増えてくれれば良いなと思っています。

本に囲まれて本が好きな人と一緒に住む。

本好きにとって、これほど幸せなことはないのかもしれません。

⇒本でつながるシェアハウスHP

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です