仕事・転職

続けてもうまくいかない時は努力の方向性を変えてみよう

こんにちは、HSPブロガーのカズッシー(@kazusy10)です。

今回は、続けてもうまくいかない時は努力の方向性を変えてみようというテーマでお話ししたいと思います。

 

継続してもうまくいかないこともある

「諦めずに続けていればかならず上手くいく」

僕はこの言葉が大好きです。

この言葉を信じて本業のサイト運営では今までに100サイト以上作ってきましたし、合計2,000以上の記事を書いてきました。

ただ続けて上手くいったものもあれば、続けても上手くいかなかったものもあります。

むしろ続けても上手くいかなかったものの方が多いです。

今までの経験から、上手くいくためには継続だけでなく改善していくことも必要だと思っています。

同じことを繰り返してうまくいかないのであれば、なぜ上手くいかないのかを考えて改善していく必要があります。

上手くいかないことを同じように続けても上手くいかないのは、この1年でかなり身に染みました…。

データなどをみてPDCA(試行錯誤)を繰り返す必要があります。

 

もしかしたら努力の方向が間違っているのかもしれない

続けても上手くいかないときは、もしかしたら努力の方向が間違っているのかもしれません。

たとえば好きなことを発信してサイト運営で利益を上げようと思ったとします。

ただ自分が好きなことが、世の中に10人しかいなかったらどんなにがんばっても10人にしか届きません。

求めているほとが多い場所に方向を変えることで上手くいくこともあります。

また上手くいかないと思っている原因が間違っているかもしれません。

たとえばですけど、納豆専門店を出した時にお客さんが来なかったとします。

原因はお客さんがお店に来ないのは知られていないことだと思って広告費をかけたけど、お客さんが全然来ない。

もしかしたらその地域では納豆が人気じゃないのが本当の理由かもしれません。

その場合はいくら広告費をかけたとしてもお客さんはそこまで集まりません。

あとは仕事との相性もあると思います。

自分がどれだけ頑張っても成果が出ない場合は、その仕事との相性がよくないのかもしれません。

人気YouTuberのやっちゃんねるさんは、今までブログをやられてきましたが全然芽が出なかったと言っています。

それで恩師にYouTubeを始めてみたらと言われてやったところ、YouTubeが爆伸びされました。

SNSだけでも向き不向きはあります。

Twitterが得意でもInstagramが苦手な人もいますし、その逆もあります。

YouTubeは向いてなくてもブログは向いていることもあります。

何に向いているかはやってみないと本当にわかりません。

 

いったん寝かせてみるのもあり

僕はある程度続けてもうまくいかない場合は、いったん寝かせるようにしています。

別のことをやっているうちに、いいアイデアが思いついてうまくいくこともあったりします。

いい意味でいったん諦めます。

諦めるってネガティブなイメージですけど、僕はポジティブに「明らかに見極める」という意味にとらえています。

いったん離れてみるといいアイデアがある日思い浮かぶかもしれません。

 

試行錯誤していろいろやってみよう

今回は、続けてもうまくいかない時は努力の方向性を変えてみようというテーマでお話しさせていただきました。

僕もよくあるんですが、続けてもうまくいかないとどんどん落ち込んでいくんですよね。

やってもやっても上手くいかない。

周りの人はどんどんうまく行って成功して行っている。

自分だけうまくいかないと思うと、絶望したくなります。

ただもしかしたら、努力の方向性があっていないだけかもしれないので、いろいろ試してみて欲しいです。

もしかしたら別のことで上手くいくかもしれません。

そのことがうまくいかないだけで、自分はダメだなんて思わなくていいです。

やり方を変えてみるとか、思い切って別のことに挑戦してみるとか、いろいろチャレンジして行って欲しいなと思います。