仕事・転職

HSPで仕事が辛くて辞めたい・向いてないと思われている方に伝えたいこと

こんにちは、HSPブロガーのカズッシー(@kazussyhsp)です。

今回は、HSPさんで今の仕事が辛くてやめようか悩まれてる方に向けて、僕自身の経験をもとにお話をしたいと思います。

 

HSPさんで今の仕事が辛くて辞めたい・向いてないと思われている方へ

僕の過去の経験を話させてください。

僕は過去に精神保健福祉士(メンタル面のソーシャルワーカー)として働いていたことがあります。

大学は社会学科で福祉系ではなかったので、卒業後に1年間専門学校に行って国家試験を受験して資格を取りました。

専門職につくための資格を取るのも大変なんですよね。

その後に生活相談員や就労支援所で合計2年間働いていました。

人の役に立ちたいと思って始めた仕事だったので、仕事の内容自体はとても好きでした。

ただ僕は強度のHSPなので、上司とかに相談が苦手だったり他のスタッフさんと協力して働くのが苦手だったんですね。

仕事自体は好きだったんですけど、スタッフさん同士でうまく連携が取れなかったり上司とうまくいかなかったりして、結局この精神保健福祉士の仕事は辞めてしまいました。

 

別の業界に転職するもストレスで難病になり倒れる

その時は心が折れてしまい、次は福祉と正反対の職のIT系に行こうと思って、その後は3年間ほどIT系の職場で働いていました。

その会社を選んだのは海外の研修制度があったからです。

僕は海外で一度働いてみたいという夢があったので、会社に申し込んで念願叶って4ヶ月半だけなんですけど、シンガポールで住んで働かせてもらえることになりました。

このシンガポールで働いた経験はものすごい濃密で、今でも自分の土台としても生きてますね。

ただ結局IT系の会社にいた時も、ストレスが溜まりに溜まってしまって難病になり体を壊してしまっ辞めざるをえなくなってしまいました。

僕の場合は職種を変えていろいろ点々と転職を繰り返してたんですけども、その結果わかったのが僕の場合は業界云々じゃなくて組織の中で働くのがしんどかったんですね。

今振り返ると挫折は多かったですね。

今こうやってフリーランスのブロガーとして活動しているわけです。

 

業界は変わっても過去の経験は無駄にはならないと感じた

僕と同じようにHSPさんで今の会社だったり、介護や医療、福祉の現場でなかなか他の人とうまく合わせられなくて、しんどくて辞めたいと思われてる方もいると思います。

今辛い気持ちを抱えてるんだけど、誰にも相談できずも抱え込まれている方もいると思います。

僕自身も当時はものすごくしんどかったんですけど、辛い気持ちは誰にも相談しませんでした。

HSPさんは自分の弱さをさらけ出すのが苦手だったりするんですよね。

僕が以前働いていた精神保健福祉士という仕事は、一度は自分の天職だと思って働いてみたんですけど結局うまくはいきませんでした。

資格も一生懸命とったのに役に立たなかったんだって思ったこともあります。

ただ今振り返ると、どの経験も無駄にはならなかったと思っています。

自分の根っこにあるものはなんだろうって考えた時に、人の役に立ちたいっていう思いがあったんですね。

今こうやってブロガーとして記事だったり、YouTubeで動画で発信することで

「情報を伝えてくれてありがとう」

「ものすごい役に立ちました」

と言われることも増えてきました。

間接的にですけど、人の役に立ちたいという願いは叶ってるので過去の経験が無駄になったとは思ってないです。

もし今の仕事が辛いのであれば、僕は業界を変えてみるのも一つの手だと思ってます。

「頑張って資格も取ったし、夢だった職でもあるから辛くてもやめられない」

そう思われてる方もいるかもしれません。

僕自身も全く後悔が何かと言われたら嘘になります。

やっぱり昔の職場の前や近くを通ると胸が痛くなります。

 

自分の体を最優先にしてあげてほしい

ただ僕がこの記事で伝えたいのは、自分の体を大事にしてあげてほしいということです。

僕は無理に無理を重ねた結果、体を壊してしまいました。

強直性脊椎炎という自己免疫疾患の難病になって、最初なった時は数ヶ月間、腰とか足が炎症で痛くてほとんど動きませんでした。

ずっと松葉杖をついてましたね。

HSPさんは真面目で頑張り屋さんが多いので、今の仕事から逃げちゃダメだと思われてる方もいると思うんです。

その真面目な気持ちのせいで、体だけは壊して欲しくないと思ってます。

もちろん今の職種自体を辞めるのを勧めているわけではありません。

看護師さんであれば救急の場所はダメでも訪問看護でうまくいったという方もいますし、僕の友達で訪問ナースをしながら自分らしく生活をしている方もいます。

場所を変えてみたらうまくいったという方もいます。

夢だった自分の道が一度は駄目になって、くじけそうになってしまったとしても、自分の根っこの部分さえ忘れなければまたやり直せる機会はあるということを伝えたかったんです。

今の仕事が辛くて辞めてしまった場合でも、自分はダメだやつなんだと自分自身を責めるのはやめてあげてほしいです。

これからもし今の業界と違う業界に行ったとしても、今頑張って働いている経験というのは決して無駄にはならないので、あまり深く考え込まないで欲しいなと思います。

自分は本当は何がやりたいのかっていう根っこの部分さえしっかりもっておけばきっと大丈夫です。

これはいつも自分自身にも言い聞かせてます。

これからどの道を選ばれたとしても、応援してますので一緒にマイペースで頑張っていきましょう^^