オンライン動画

【ネタバレ】『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のラストが衝撃だった!

2019年11月1日、待ちに待った新作映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が公開されました。

僕は2017年に公開された前作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』でトラウマになり、実際の夢にまで出てきたんですよね。

ITを観てからピエロが怖くなりましたよ。

今回は完結編ということで、怖いのが苦手なんですが映画公開初日に早速観てきました。

結論から言うと、賛否両論はありますが、前作より衝撃度は劣るものの100点中80点と高評価でした。

上映時間は169分と長めですが、個人的には入り込んでいたのでそこまで長く感じませんでしたね。

今回は、映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』を観た感想を、ネタバレありでざっくりと紹介したいと思います。

※一個人の感想なので、ところどころ抜けている場面もあります。その点は温かく見守ってくれると嬉しいです^^

【31日間無料】1作目をU-NEXTで観る

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のざっくりとしたあらすじ・内容

前作のラストで、再び「それ(ペニーワイズ)」が現れた時は再開しようとルーザーズ・クラブの仲間たちは誓い合いました。

それから27年の月日が流れ、「それ(以下:ペニーワイズ)」が再び故郷のデリーに登場。

殺人事件が起こり、唯一街に残っていたマイクが仲間たちに戻ってくるよう呼びかけます。

ルーザーズ・クラブの仲間たちがデリーの街で集まり、ペニーワイズと戦う為に動き出すという内容です。

超ざっくり説明するとこんな感じです。

 

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ではペニーワイズの正体が判明!

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ではペニーワイズの正体が判明します。

  • ペニーワイズの正体はデッドライトと呼ばれる3つの光のことだった
  • 3つの光は姿を自由に変えられる
  • 3つの光は先住民の壺に封印できる
  • 封印するには過去の思い出を投げ入れる必要がある

設定が意外でしたね。虐げられていた人間の霊が乗り移ったものだと思っていたんですが、まさかのSF設定だったとは。

一瞬プレデターを思い出してしまいました。

ルーザーズ・クラブのメンバーたちは子どもの頃の記憶を忘れてしまっています。

子ども時代の思い出を探す旅に、それぞれが思い出を探す行動にでます。

  • ベバリー:父親と住んでいた家に向かう
  • リッチー:ゲームセンターに向かう
  • エディ:昔通っていた薬局に向かう
  • ベン:小学校に向かう
  • ビル:子どもの頃に住んでいた家に向かう
  • マイク:どこかに行き昔投げた石を持ってくる

このときそれぞれが辛い過去と向き合うことになります。

ペニーワイズもでてきて本当にいやらしい。

無事子どもの頃の思い出の品をゲットしてペニーワイズとの対決に挑むわけです。

この過去と対峙するシーンは結構怖かったんですが、一旦静かになってから驚かす古典的なシーンが多かったので気持ちの準備ができました。

怖いのが苦手なのでこれは個人的にはありがたかったですね。

ホラー好きの人には物足りないかもしれません。

 

ペニーワイズとのラストの対決が衝撃的だった!

マイクの調べを元に、先住民の壺にペニーワイズを封印しようとするも失敗。

マイクはルーザーズクラブのメンバーを信じ込ませるために、思い出の品のほかに命を捧げる必要があることを伝えていなかったんですね。

その結果エディが巨大化したペニーワイズにやられてしまいます。

絶対絶命のピンチっ!!!

「そうだ、恐怖心がペニーワイズを巨大化させているなら強気になればいい。そしてペニーワイズ自身に自分は弱いやつなんだと言うことを思い込ませてしまえっ!!!」

ルーザーズクラブのメンバーが、ペニーワイズに対して罵詈雑言を浴びせかける。

するとペニーワイズがみるみる小さくなっていく。

小さくなったペニーワイズの心臓を取り出しみんなで潰してペニーワイズはTHE END。

「そんな簡単に倒せんの!?いじめの構図と一緒ちゃう!??」

ここは思わず笑ってしまいました。

必死に戦ったエディなんやったん。

今いる洞窟から抜け出し、5人は無事に帰路についたのでした。

後日亡くなったスタンリーから、勇気を持ってありのままで生きていってほしいという手紙が届く。

それぞれが、過去を受け入れてまた新たな道を進んでいくという内容でした。

 

過去の辛いトラウマを受け入れて自信を持って生きてほしいと言うメッセージを受け取った映画だった


僕は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』を観て、過去に辛いことがあっても、自信を持って今を生きてほしいというメッセージを受け取りました。

いじめ、性的虐待、DVなど誰にでもトラウマはあると思います。

そのトラウマに囚われたまま怯えて生きるのではなく、今の自分に自信を持って生きていいんだよと言われているような気がしましたね。

最後はホラー映画と言うより青春映画のような気がしました。

ペニーワイズとの最後の対決は、悪口で倒すと言う衝撃的な内容でしたが、最後にハッピーエンドで終わってくれたのが良かったですね。

これでバッドエンドだったら泣いてました。

普段映画のレビューはあまりかかないんですが、最後の爽快感が良かったのでレビューしてみました。

過去に辛い思いをして今も引きずっている方は、観てみるのもおすすめです。

「1作目」を観てから行くと、より内容が分かりやすいですよ。

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトでご確認ください。

⇒【31日間無料】1作目をU-NEXTで観る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします