ゲゲゲの鬼太郎カフェ「鬼太郎茶屋」で目玉おやじのクリームぜんざいとゲゲゲラテをいただく

東京都調布市にある深大寺に来ています。

調布市は、ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんが長年住んでいたゆかりのある場所です。

調布市の深大寺には、ゲゲゲの鬼太郎のカフェ「鬼太郎茶屋」があるのです。

月曜日に深大寺に来てみたところ、まさかの鬼太郎茶屋が定休日(泣)

どうしても鬼太郎茶屋に行きたかったので、翌日の火曜日にもう一回深大寺にやって来ました!

 

鬼太郎茶屋の店内の様子

鬼太郎茶屋の店内付近はグッズがたくさん売られています。

ゲゲゲの鬼太郎ファンにはたまらないですね。

ゲゲゲの鬼太郎の新しいアニメ。

 

猫娘が可愛すぎると評判のアニメですね。

確かにかわいい。

グッズ売り場の奥がカフェです。

少し薄暗く、妖怪が出そうな感じ。

各テーブルには鬼太郎やねずみ男のぬいぐるみが置かれています。

目玉のオヤジがでかかったです。

 

鬼太郎茶屋のカフェのメニュー表がかわいい

鬼太郎茶屋のメニュー表は物語のようになっています。

 

読んでいるだけで楽しい。

料金は前払い制で、座席でメニューを決めたらレジに注文しに行きます。

店員さんに人気メニューを確認したところ、
・一反もめんの茶屋サンデー
・目玉おやじのクリームぜんざい
・ゲゲゲラテ

が人気とのこと。

今回は目玉おやじのクリームぜんざい(アイス)とゲゲゲラテ(ホット)を注文。

どちらもホットかアイスを選べます。

座席に戻り待っていると、注文したメニューが運ばれてくる。

まずは目玉おやじのクリームぜんざいからいただくことに。

ちょこんと置かれている目玉はそのまま食べても良いし、ぜんざいに入れて食べても良いです。

ぜんざいは中に栗が入ってて甘くて美味しいですね。

アイスクリームとぜんざいの相性抜群。

お餅も柔らかくてめっちゃ美味しい。

続いてゲゲゲラテ。

鬼太郎がかわいい。味は意外に濃いです。

良いカップを使っていることに若干驚く。

お値段はドリンクとセットで頼むと100円引きになり、合計1,100円でした。

両方楽しめたから満足。

 

鬼太郎茶屋は周辺も楽しめる

鬼太郎茶屋は中だけではなく周辺も楽しめます。

屋根の上にいる鬼太郎がかわいい。

入り口付近には鬼太郎とねずみ男の銅像。

 

ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターが描かれた車。

 

鬼太郎茶屋の隣には、ぬりかべがいました。

 

目玉のおやじまんも売られています。

 

2日連続で来てよかったです^^

深大寺に来られる方は、是非鬼太郎茶屋にも行ってみてください。

念押ししますが、月曜日は定休日なので月曜以外に来られることをおすすめします。

 

【店舗情報】
住所:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5−12−8
営業時間:10時00分~17時00分
定休日:月曜日

 

【あわせて読みたい記事】

三鷹の「国立天文台」にふらっと見学に行ってみたらロマンを感じた

2018.05.21

吉祥寺から「深大寺」へバスで行ってきた感想やおすすめの蕎麦屋・注意点を紹介

2018.05.21

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします