まるで洞窟!?吉祥寺の「くぐつ草」でカレーを食べながら空想にふける

吉祥寺駅から徒歩4分のところに雰囲気の良いカフェが存在します。

その名も「くぐつ草」。

昭和54年から続く老舗です。

カレーが美味しいことでも有名。

まめ蔵」、「武蔵野文庫」と並び、吉祥寺三大カレーと言われています。

今日は久しぶりに吉祥寺の「くぐつ草」に行くことにしました。

入り口はこちら。

 

階段を降りて地下へ。

 

秘密基地みたいでなんだかワクワクします^^

 

「くぐつ草」の店内はまるで洞窟

「くぐつ草」の店内は秘密基地のような洞窟スタイル。

趣があります。

喫茶店みたいな感じなので、年配の男性が多いかと思いきや、若い女性の方もちらほら。

奥には観葉植物も置かれていました。

 

「くぐつ草」のコーヒーメニュー

メニュー表は分厚い古文書のよう。

 

「くぐつ草」のブレンドコーヒーは、良質のコーヒー豆を2年以上乾燥させて熟成したものを使用。ネルドリップ式なので、丁寧な味わいがあるのが特徴です。


他のお店と比べて値段は少し高めです。

お昼12時までにくればタイムサービスで少し安くなります。

 

ストロングかソフトが選べたので、今回はストロングを注文。

こちらが「くぐつ草」のブレンドコーヒー。

 

ストロングはコーヒーの香りも強め。

口に含んだ瞬間、コーヒーの苦味が口の中で一気に広がる大人な味。

クリームを入れるとマイルドになり丁度良いですね。

年齢的には十分大人ですが、「くぐつ草」のコーヒーを飲むことで本当の大人になれた気がしました。

 

「くぐつ草」のランチメニューのカレーが美味しい

別日にランチ時間帯に「くぐつ草」に来てカレーを食べてみることに。

ランチメニューはオムカレーセット。

 

単品でも注文可能です。

 

今回は、くぐつ草カレーを食べることに。

コクがあり少しスパイスも効いてて美味しい。チキンもよく煮込まれています。

コーヒーもカレーも両方美味しいお店は貴重です。

 

「くぐつ草」では非日常の空間が味わえる

今日は久しぶりに「くぐつ草」に来ましたが、非日常の空間を味わえるのでかなり癒されました。

「くぐつ草」で読んを読んでいたらあっという間に時間が過ぎましたね。

 

ムーミン最高です。

地下で電波も届かないから、本を読むことに集中できます。

ただ全席喫煙可能なので、タバコの煙が苦手な人は、人の少ない平日朝などに行かれるのがおすすめです。

住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1−7−7 島田ビル
営業時間: 10時00分~22時00分
定休日:無し

吉祥寺はカレー屋激戦区!行ってよかった人気でおすすめのお店8選

2017.11.04

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします