オンライン動画

「おっさんずラブ in the sky」が前作よりも面白くなかったと感じる2つの理由

2019年11月2日土曜日、ついにおっさんずラブの続編、「おっさんずラブ in the sky」が放送されました。

前作のおっさんずラブが大好きで、「Hulu」で復習しながら新作が放送されるのを楽しみにしていました。

そして夜23時15分になり、「おっさんずラブ in the sky」をじっくりと視聴。

ただ今までのワクワクとは裏腹に、どんどん冷めていく自分がいたんですよね。

正直に言うと、前作に比べてワクワク感が減り、面白みが感じられなくなっていました。

今回は、なぜ僕が「おっさんずラブ in the sky」を前作よりも面白くないと感じてしまったのかを書きたいと思います。

Amebaプレミアムで「おっさんずラブ in the sky」の見逃し配信を見る

 

「おっさんずラブ in the sky」を前作よりも面白くないと感じた理由

「おっさんずラブ in the sky」を前作よりも面白くないと感じた理由は2つあります。

1.設定がかけ離れ過ぎていて入り込めなかった

前作は、「天空不動産」という不動産屋さんが舞台でした。

営業所の社員ということで身近に感じられたんですよね。

一方、新作のin the skyは「天空ピーチエアライン」という航空会社が舞台。

職業はCA(客室乗務員)です。

まだこの舞台設定に慣れていないからか、頭にスッと内容が入ってきませんでした。

 

2.キャラクターが変わり過ぎてショックを受けてしまった

主人公の春田創一を演じる田中圭さんと、機長を務めるパイロット役、黒澤武蔵を演じる吉田鋼太郎さんは変わりありませんが、それ以外の役者さんが変わってしまいました。

やはりおっさんずラブといえば春牧コンビ。

牧凌太演じる林遣都さんをはじめ、主要キャラクターが総入れ替えです。

春牧コンビがみられないなんておっさんずラブじゃないです。

荒井ちず役の内田理央さんも好きでした。

おっさんずラブ in the skyを楽しめなかったのはこちらの理由の方が大きいですね。

もちろん、新たに加わった成瀬竜役の千葉雄大さんや、四宮要役を演じる戸次重幸さんがダメだといっているわけではありません。

むしろ千葉雄大さんも戸次重幸さんも素敵な役者さんだと思っています。

ただおっさんずラブといえば僕の中ではまだ春牧コンビなので、現状を受け入れられていない状況です。

キャストを変えるなら、新しいドラマとして放送して欲しかったのが正直な気持ちです。

 

「おっさんずラブ in the sky」はしばらく別作品として楽しみたい

「おっさんずラブ in the sky」を見終わった後、しばらくの間放心状態でした。

まだ一話目なので、もしかしたら今後少しずつ受け入れられるかもしれませんが、現時点では別作品として楽しみたいですね。

田中圭さんも、続編の話がきた時に一度断ったと言っているくらい、演じている本人たちも悩んだと思います。

まだ気持ちを切り替えるまで時間はかかりそうですが、2話以降も見ていこうと思いました。

Amebaプレミアム」」でおっさんずラブ in the skyが配信されているので、こちらでも随時見直そうと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします