辻仁成さんの本「立ち直る力」が心を軽くしてくれる

日本の作家、ミュージシャンで今はフランスのパリを拠点に活動されている辻仁成さん。

最近ツイッターでちょくちょくお姿を拝見し、言葉のセンスや発言が気になっていました。

ある日書店にふらっと立ち寄ったら、辻仁成さんの本「立ち直る力」(光文社)が置かれていたので、試しに立ち読みしてみることに。

内容は小説ではなく、名言集のようなエッセイ集。

立ち読みでさらっと読んで購入を決意。

本を買うのは久しぶり。

家に帰ってじっくり読み込む。

結論から言って、買ってよかったなと。

辻仁成さんは、ミュージシャンや作家をされているからか、一つ一つの言葉が心に沁みます。

言葉を大切に使っているんだなというのが、本を読んで伝わってきました。

この本を読んで心が軽くなりましたね。

僕もブログをやっているので、言葉にはこれからも気をつけていきたいです。

どうせ言葉を使うなら、皆を元気付けられるように使っていきたいと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします