観光

シンガポールの世界遺産「植物園(ボタニックガーデン)」に行ってきました

今日はシンガポールで唯一の世界遺産「植物園(ボタニックガーデン)」に行ってみることにしました。

植物園(ボタニックガーデン)は2015年に世界遺産に登録されたみたいです。

シンガポールで第一号とのこと。

今までマーライオンは世界遺産やと思っていたんですが違ったんですね^^

僕は自然が大好きなんで、植物園(ボタニックガーデン)はシンガポールの中でもかなり好きな場所。

敷地は63.7ヘクタールで東京ドーム13個分の広さなんだとか。

早速どんな感じなのか紹介したいと思います^^

 

植物園(ボタニックガーデン)のある場所や行き方

植物園(ボタニックガーデン)のある場所は、黄色ラインのBotanic Gardens MRT Stationの改札出てすぐです。

駅出てすぐは助かりますね^^

 

植物園(ボタニックガーデン)の中の様子

こちらが植物園(ボタニックガーデン)の入り口。

入場料無料なのがすごい。

全体の地図。

 

最初は緩やかな感じの景色が広がります。

 

大きな池や

 

日本を思い出す竹

 

見ているだけで癒されます^^

 

フラワーガーデンをてくてく歩く。

樹も力を感じますね。

 

インスタ映えしそうなおしゃれな感じの場所。

 

暑いですが心地よいです。

途中レストランやショップがあります。

 

池をみると気持ち涼しく感じる。

 

力強さを感じる樹

 

ピアノを弾いてる銅像もありました。

 

ジャングルに来たみたいな感じ。

 

花も咲いてます。

 

植物園(ボタニックガーデン)にはGINGERGARDENやNATIONAL ORCHIRD GARDENなどいろんな庭があって楽しめます。

 

一時間半くらい回って十分に楽しめました^^

 

植物園(ボタニックガーデン)は散策しているだけで楽しい!

今回植物園(ボタニックガーデン)を散策してみましたが、かなり癒されましたね。

これで無料は本当にすごいです。

個人的にはお金を出しても良いレベル。

ただ暑いので帽子や紫外線など暑さ対策は必須ですね。

ちょくちょく水分補給も大事。

あとまた駅まで戻らないといけないので、余力は残して散策するようにしましょう。

植物園(ボタニックガーデン)は、シンガポールで癒されたい人におすすめです。

住所:1 Cluny Road, 259569
営業時間: 8時30分~19時00分
入場料:無料(一部有料)

シンガポールに行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめ!

シンガポールに行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめです。カフェやホテルのWi-Fiと比べるとセキュリティも安心。料金は定額なので友達と割ればコストも抑えられます。空港に着いた瞬間からネットが使えるので移動も便利。SNSでその場でシェアもできるので楽しさ倍増です。持っておくだけで安心して旅行ができます。

シンガポールで使える海外ポケットWi-Fiを選ぶ