タピオカ

台湾・台北にある「50嵐」のタピオカミルクティーの値段・注文方法まとめ

台湾で人気のタピオカドリンク専門店と言えば「50嵐」。

黄色い看板が目印で、大きく50嵐と書かれているのですぐに分かります。

台湾に来たら一度は行っておきたいお店。

今回は、台湾の台北にある50嵐の読み方やメニュー・値段・注文方法や注意点をまとめて紹介したいと思います。

 

50嵐の読み方は?

50嵐の読み方は「ウーシーラン」です。

僕は最初「ごじゅうあらし」と読んでました(笑)

現地の人には伝わらないので気をつけましょう。

 

50嵐(ウーシーラン)のメニューやタピオカミルクティーの値段・注文方法

50嵐(ウーシーラン)のメニューはたくさんあります。

中国語が全くわからないので、最初このメニュー表を見た時に絶望したのを覚えています笑。

ただ安心して欲しいのは、僕が行った台北駅から徒歩5分の場所にある「50嵐」では日本語表記がされてました。

人気の大粒のタピオカミルクティーは「波霸奶茶(ボーバーナイチャー)」と言います。

小さい粒のタピオカミルクティーの「珍珠奶茶(ジェンジュー ナイチャー)」もありますが、個人的には大粒の方がインスタ映えるかなと。

こちらは好みで良いと思います。

値段はMサイズが40元(約160円)、Lサイズが50元(約200円)です。

僕は英語で「Big Bubble Milk Tea」と言ったら伝わりました。

僕が頼んだのは大粒のタピオカミルクティーのMサイズです。

このタピオカの画像を見せて、指をさしても伝わると思うので、注文目的であればよかったら使ってください^^

甘さや氷の量は、メニュー表の指差しで伝わります。

甘さは100%だとすごく甘いので、微糖(30%)がおすすめです。

氷の量も多いと味が薄まってしまうので、少なめが個人的には好きです。

タピオカの大きさは大でちょうどいいですね。もちもち感がたまんないです。

安定の美味しさでした^^

後日小さい粒のタピオカミルクティーも飲んでみましたが、思っている以上にタピオカが小さかったです。

個人的には大きい粒の方が好きです。

 

50嵐(ウーシーラン)で台湾人の優しさに触れる

50嵐(ウーシーラン)であった出来事を紹介しておきます。

久しぶりの台北旅行で、50嵐(ウーシーラン)のタピオカミルクティーが飲めると思って、カウンターで前のめりになってドリンクを待ってたんですね。

すると後ろにいた台湾人の子が、中国語で何かを言いながらいきなり僕の肩を掴んできました。

僕
何か順番抜かしでもしたかな。それにしても荒っぽいな〜。

そう思いながら上を見上げると、なんとお店のシャッターが誤作動で下がってきているではありませんか。

つまり彼女は僕を助けようとして声をかけてくれたんです。

もし台湾人の彼女が僕を助けてくれていなかったら、今頃僕はヤフーニュースに載っていたかもしれません。

「謝謝」と感謝の気持ちを伝えると、彼女は笑顔で返事をしてくれました。

台湾の人の優しさのおかげで、今の僕がいると言っても過言ではありません。

 

台湾の台北に来たら50嵐(ウーシーラン)のタピオカミルクティーは飲んで欲しい!

50嵐(ウーシーラン)は台湾でも大人気なので、店舗がたくさんあります。

台湾の台北に来たら50嵐(ウーシーラン)のタピオカミルクティーはぜひ飲んで欲しいですね。

最初はすごく緊張しますが、一度注文できると自信に繋がります。

日本には「コイティー(KOI Thé)」という名前で、東京の原宿・表参道に店舗があるので、先に日本で50嵐(ウーシーラン)のタピオカミルクティーを楽しんでみるのもおすすめです。

 

台北駅近くにある50嵐(ウーシーラン)の店舗情報

住所 No. 13, Xinyang Street, Zhongzheng District, Taipei City, 台湾 100
アクセス 台北駅から徒歩数分
営業時間 10時00分~22時00分
定休日 不定休
HP 50嵐(ウーシーラン)HP

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめ!

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめです。カフェやホテルのWi-Fiと比べるとセキュリティも安心。料金は定額なので友達と割ればコストも抑えられます。空港に着いた瞬間からネットが使えるので移動も便利。SNSでその場でシェアもできるので楽しさ倍増です。持っておくだけで安心して旅行ができます。

台湾で人気の海外ポケットWi-Fiを選ぶ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です