観光

ネコ好きさん必見!台湾にある猫村の猴硐(ホウトン)に行ってきた感想

猫好きな人は知っているかもしれませんが、台湾には猫村なるものが存在しているのです。

しかも場所は千と千尋の神隠しで有名な九份(九フン)の拠点となる瑞芳(ルイファン)の隣駅!!!

九份(九フン)に行く前に、台湾の猫村と言われている猴硐(ホウトン)に行くことにしました。

 

台北駅から猫村の猴硐(ホウトン)への行き方・アクセス方法

台北駅から猫村の猴硐(ホウトン)への行き方は、台北駅から台湾鉄道を使っていくことができます。

所要時間は40~50分。

台湾の景色を眺めていると着きます。

 

早速猫くんがお出迎え!

猴硐(ホウトン)に着くと、壁に猫の絵を発見!

シュールですね。駅からこんな感じだとかなり期待できます(笑)

改札までの道にも猫の置物がたくさん。

改札を出ると、早速猫村の猫くんを発見!!!

休憩中書かれたカゴに入り、ぐるぐる回り出す笑。

癒しです。駅にも猫がいるとは思いませんでした。

じっくり見た後はいよいよ猫村を探索。

出てすぐに猫を発見!

かわゆす(^^)

こんなところにも!!


キリ

にゃ

ねむい

炭鉱跡の建物もあったんですが、その炭鉱跡と猫のコラボも最高でした。

猫と戯れる子ども。

眠そうな犬もいました。

一箇所に集まって猫がいるというよりも、村全体にポツポツ猫がいる感じでしたね。

村もそれほど大きくなく、一時間くらいで回れました。

また建物も猫が描かれて里うものが多かったです。

猫カフェや

猫の資料館みたいな建物

猫の置物

謎の猫

ドラえもん?

ゆるネコ

これは猫好きにはたまりませんね^^

最後に猫のお土産を買って終了。

正直そこまで期待していませんでしたが、結果的に大満足でした。

村全体もゆるくて猫ものびのび生活してましたね。

世界が猫で包まれれば戦争とかなくなるんじゃないかと思う今日この頃。

猴硐(ホウトン)は、猫好きな人には是非一度行って欲しい村です。

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめ!

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめです。カフェやホテルのWi-Fiと比べるとセキュリティも安心。料金は定額なので友達と割ればコストも抑えられます。空港に着いた瞬間からネットが使えるので移動も便利。SNSでその場でシェアもできるので楽しさ倍増です。持っておくだけで安心して旅行ができます。

台湾で人気の海外ポケットWi-Fiを選ぶ