海外ポケットWi-Fi

海外でネットが使える「イモトのWi-Fi」が予想以上に快適だった

海外でネットが使えないと不便です。

僕自身も、今まではホテルやカフェの無料Wi-Fiでなんとかやり通してきましたが、現地で友人と合流する際などに、いつどこでも連絡が取れる状態でないと辛いことがわかりました。

しかもホテルやカフェのフリーWi-Fiはセキュリティ面が不安なんですよね><

それ以外にも、できればカフェ以外の場所でポケモンGOがしたいという思いから、今回初めて海外でネットが使える「イモトのWi-Fi」をレンタルして台湾に行くことにしました。

 

イモトのWi-Fiって何?

イモトのWi-Fiとは簡単に言うと、海外で使える機材のことで、イモトのWi-Fiを持ってWi-Fiに接続するだけで、海外でもネットが使えるというものです。

200か国以上の国で使え、値段も1日680円からと安めです。

公式HPで国や日数を入力した後に、利用料金が出てきます。

その料金でOKであれば会員登録し申し込みます。

他にも海外で使えるWi-Fi機器はありますが、僕はイモトが好きなのでこのWi-Fiを選びました。

最大5台までネットに接続できるから、グループでいけば割り勘できるのが良いですね。

⇒イモトのWi-Fi公式HP

 

イモトのWi-Fiの受け取りは空港か郵送か選べる

イモトのWi-Fiの受け取りは空港か家に郵送か選ぶことが可能。

僕は家に郵送してもらいましたが、結果的にはそれでよかったと思いました。

今回朝10時に羽田から台湾に行く便に乗ったんですが、イモトのWi-Fiを空港で受け取る人の列が凄かったです。

おそらくかなり早めに行かないと受け取る時間はないかと思います。

時間帯にもよると思うので、受け取り方法は慎重になった方が良いです。

そしてこちらがイモトのWi-Fi。

こちらを持って、Wi-Fiに接続するだけで海外でネットが定額で使えます。

 

イモトのWi-Fiの設定方法

イモトのWi-Fiの設定方法は、

1.「設定」をクリック

2.「Wi-Fi」をクリック

3.Wi-Fiをオンにする

4.機器に記載されているSSIDを選ぶ

5.機器に記載されているパスワードを入力

で使うことができます。

不安な方もイモトのWi-Fiを頼むと説明書も付いているので、その説明書を見ながらやるとわかりやすいです。
電話やメールで問い合わせることもできます。

⇒イモトのWi-Fi公式HP

 

イモトのWi-Fiじゃ海外でネットが定額で使えるから安心!

定額だと安心ですよね。

僕は昔モバイルデータ通信をONにしたまま海外でネットを使い、使用料金が7万円を超えたことがあります(苦笑)。

そのまま携帯を海外に持って行ってネットを使うとものすごい請求が来るので、海外に行く際モバイルデータ通信はOFFにしておきましょう。

アイフォンの場合。携帯画面で「設定」→「モバイルデータ通信」でON・OFFの切り替えができます。

公式HPにアイフォンとアンドロイドの設定方法が画像付きで掲載されていたので載せておきます。

出典:公式HP

今回、格安の3Gで利用してみたんですが、特にネットの速度などは気になりませんでした。

ネットで少し調べ物をするくらいであれば問題ないかと思います。

今回イモトのWi-Fiのおかげでかなり快適に過ごせました。

至る場所でポケモンGOができたのが有難い(笑)

 

イモトのWi-Fiは帰国後空港カウンターか宅配で返却可能

帰国後も空港カウンターで返却するか、宅配で返送するだけなので楽チンです。

羽田空港の場合は、国際線到着ロビーにあるSKY MARKETというお店に返却ポストがあります。

すぐに返せてスッキリです。

 

イモトのWi-Fiを使うことで海外旅行が楽になる!


今回、イモトのWi-Fiを持って行ったおかげで楽に観光ができました。

やっぱり海外でネットが使えると安心感が全然違いますね。

現地に着いてから、ホテルまでの道のりや行きたい場所を調べられると時間も効率的に使えます。

海外でネットを使いたい方は持っていくと便利ですよ^^

⇒イモトのWi-Fi公式HP
台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめ!

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめです。カフェやホテルのWi-Fiと比べるとセキュリティも安心。料金は定額なので友達と割ればコストも抑えられます。空港に着いた瞬間からネットが使えるので移動も便利。SNSでその場でシェアもできるので楽しさ倍増です。持っておくだけで安心して旅行ができます。

台湾で人気の海外ポケットWi-Fiを選ぶ