吉祥寺のプティット村にある猫カフェ「てまりのおしろ」で猫と遊ぶ!

2018年2月1日、吉祥寺の中道通り沿いにプティット村にある猫カフェ「てまりのおしろ」がオープンしました。

プティット村とは「絵本をテーマとしたテーマパーク」のことです。

カフェや雑貨屋などがこれからプティット村にオープン予定。

2018年5月10日時点では、

・猫カフェの「てまりのおしろ」
・ギャラリー貸小屋
ティーハウスはっぱ

の3店舗がオープン。

今回は、猫カフェの「てまりのおしろ」に早速行ってみることにしました!

 

まずはプティット村の店舗を紹介

こちらがプティット村の中。

 

入って右手側にはギャラリー貸し小屋。

 

その向かいには「ティーハウスはっぱ」。

 

プティット村内の一番奥に「てまりのおしろ」の入り口があります。

 

すでにかわいい。

ちなみに「てまりのおしろ」は吉祥寺で2店舗目です。

以前紹介した「てまりのおうち」が1店舗目。

どちらも株式会社ねこのてカンパニーさんが運営しています。

40匹近くいた猫を半分こっちに連れてきたそう。

夜19時以降は値段が安くなるので夜に行くことに。

 

「てまりのおしろ」の入場料や注意事項

中に入り靴を脱いだらスタッフさんから簡単な説明を受けます。

入場料は
・平日が1,200円(税抜)
・土日が1,600円(税抜)
・夜19時以降は700円(税抜)

で入れます。

延長料金や時間制限は一切なし。すごいですね。

入場料を「入城料」と書いているところがワクワク感を増します。

飲食の持ち込みや、猫へ食べ物を与えるのは禁止。

メンバーズカードも無料で作れます。

 

一通り説明を受けたらドアを開け中へ。

 

「てまりのおしろ」のメニューを紹介

中に入るとスタッフさんが来て、自分たちの部屋に案内してくれる。

今回用意してくれた部屋。

 

「てまりのおしろ」は2階建てで、ここを拠点に自由に動き回ることができる。

テーブルにはメニュー表とくつろぎ方の本。

 

まずはメニュー表を見てみる。

コーヒーやお茶。

 

お酒も飲めます。

 

フードメニューもあり。

 

くつろぎ方の本には、ここにいる猫たちの紹介ページが!

 

アイドルですね(笑)

 

「てまりのおしろ」でいよいよ猫たちと戯れる!

中心部の部屋の様子はこんな感じ。

 

あちこちで猫が動き回っています。

木の上に立っている猫

 

遠くを見ている猫

 

器に入ってる猫

 

ぐでってる猫

 

木の上で寝ている猫

 

ご飯を食べている猫

 

両手を揃えている猫

 

退屈そうにしている猫

 

袋に入っている猫

 

器の中で寝ている猫

 

かわい過ぎかよ!!

 

猫好きにはたまらない場所ですね。

小腹が空いたので、僕が以前1店舗目の「てまりのおうち」で食べた『もちもちドッグ』(450円)を注文。

 

皮がもちもちしててめっちゃ好きなんですよね。

これ食べている間に猫たちが寄ってくるんですが、あげちゃダメなので死守しましょう。

 

「てまりのおしろ」は猫好きにはたまらない場所!


実は僕猫アレルギーなんですが笑、それでも行って良かったですね。

かなり癒されました。

ここにいる猫たちは愛されてまんまるでしたね。

ここの猫になりたいっ!!!

ここは全部のお店が完成したら絶対流行りますね。

かなりの激混みになりそうな予感。

猫好きな方は、今のうちに行かれることをおすすめします。

住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目33−2
アクセス:吉祥寺駅から徒歩6分程度
入場料:平日1,200円(税抜)
土日1,600円(税抜)
夜19時以降は700円(税抜)
営業時間:12:00~21:00
定休日:不定休
予約不可

 

【あわせて読みたい記事】

吉祥寺のプティット村内に「ティーハウスはっぱ」がオープンしたので行ってきた

2018.05.10

猫まみれ!吉祥寺の猫カフェ「てまりのおうち」に行ってきた感想レビュー

2017.11.04

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします