台湾

台湾の台北松山空港で中華電信のSIMカードを購入する際の注意点

台湾の台北松山空港に到着しました。

早く街の中心部に向かいたいのですが、台湾の台北松山空港に来たらやっておきたいことがあります。

それはSIMカードを購入すること。

僕は毎回旅行先の空港に着いた時は、SIMカードを購入するようにしています。

ネットがないと不安でしょうがないんですよね。

ポケモンGOがやりたいだけですが(笑)

以前台湾に来た時は桃園国際空港到着だったので、桃園国際空港でSIMカードを購入しました。

台湾の桃園国際空港で中華電信の「SIMカード」を購入してみた感想と料金今回は成田空港からタイガーエアーで台湾・台北の桃園国際空港に到着。 先ず外国に来たらSIMカードを購入。 短期旅行なら海外で...

 

今回も台北松山空港に到着してすぐSIMカードを購入することに。

 

台湾・台北松山空港のSIMカード売り場の場所

台湾・台北松山空港のSIMカード売り場は、到着出口の正面です。

写真の場所は到着ロビーですが、自動ドアをでたら、正面の奥にSIMカード屋さんがちらっと見えてます。

他の国だと探し回ったりしないと行けなかったりするんですが、台湾の台北松山空港はめちゃくちゃ分かりやすいです。

台湾の通信会社「中華電信」の受付窓口は合計2箇所ほどありましたが、その他の通信会社の受付は見当たりませんでした。

中華電信は大手企業なので安心して買えます。

 

中華電信のSIMカードの値段は300元から

中華電信のSIMカードの値段は以下。

  • 3日間:300台湾ドル
  • 5日間:300台湾ドル
  • 7日間:500台湾ドル
  • 10日間:500台湾ドル
  • 15日間:700台湾ドル

データ通信の場合はどれも無制限ですよ。毎回台湾に来るたびに思うんですけどすごいですよね。

しかもデータ使用に関しては、どれもプラス1日分無料です。

つまり3日間のタイプのSIMカードを購入すれば4日分データ通信できます。

だったら最初からそう記載してくれよと思うんですが、何か意図があるんでしょう。

ちなみに日数が違うのに同じ値段なのは、電話できる時間の長さの違いです。

僕は電話はほとんど使わないのであまり意識はしていません。

クレジット払いもOKです。

自分が欲しいタイプのSIMカードを伝え、パスポートと携帯を渡せば後はスタッフさんが設定をやってくれます。

めっちゃ簡単です^^

 

ここでトラブルが発生!

今まで海外で何度もSIMカードを買っているので、今回も余裕をこいてたんですが、スタッフさんから衝撃の一言が返ってくる。

店員さん
店員さん
これはSIMフリーのスマホじゃないから交換できません
僕
はい、はい・・・・って何!!!?

そんなバカな、今まで何度もSIMカードを変更しているのにSIMフリーのスマホじゃないなんておかしい・・・。

「そういえば最近スマホ買い換えたばっかやった!!!」

スマホを買い換えたことをすっかり忘れていて、SIMロック解除設定をしていないことに気づく。

僕はドコモでスマホを契約しているので、空港のWi-Fiを繋げて今使っているアイフォン8プラスのSIMロック解除の設定方法を検索して調べてみる。

SIMロック解除の設定方法は通信会社や機種によって違うので、設定方法はご自身が契約されている通信会社のサイトをご確認ください。

途中アカウントにログインができなかったり、パスワードを忘れていたりしてかなり焦りましたが、一時間ほど格闘し何とか自力でSIMロックを解除でき中華電信のSIMカードをゲット!

電話番号付きやから、ホテルの予約とかも安心です。

4Gだから通信速度も速い。おかげで楽しくポケモンGOができました^^

 

台湾に来る前にSIMフリーのスマホか事前に確認しておこう!

今回は何とか無事にSIMカードをゲットできましたが、当初はSIMフリー設定になっていなくてかなりテンパってしまいました。

設定が得意な人なら問題ないとは思いますが、僕はこういう設定が苦手なんですよね。

設定が面倒だよって人は、日本から海外で使えるポケットWi-Fiルーターを持って来るのも一つの手です。

僕みたいにテンパらないために、台湾旅行に来る前に設定を確認しておくことをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です