仕事・転職

HSPでカウンセラーが向いていないと思われている方に伝えたいこと

こんにちは、HSPブロガーのカズッシー(@kazusy10)です。

HSPさんでカウンセラーになりたいと思われている方は多いと思います。

ただ中にはHSPさんでカウンセラーの仕事が向いていないと思われている方もいると思います。

そこで今回は、僕自身が思うHSPさんでカウンセラーが向いている人と向いていない人、最後にカウンセラーが向いていないと思っている方について書きたいと思います。

HSPはカウンセラーの仕事が向いている人は多いと思う

基本的に、HSPさんはカウンセラーの仕事が向いている人は多いと思っています。

その理由は、共感力が高いからです。

HSPは高度な共感性という特性を持っています。

相手の気持ちになって一緒に考えられる特性をもっているので、HSPさんはカウンセラーに向いていると思います。

SNSをみていても、実際にHSPさんでカウンセラーとして活動されている方をよくみかけます。

感受性が高くて刺激を受けやすく、つらいことなどいろんなことを経験してきたから、他人の役に立ちたいと思う人は多いんだと思います。

僕もカウンセラーではないですが、過去に精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)として相談援助職の仕事をしていたことがあります。

誰かの役に立ちたいという思いは人一倍強いです。

ブログやYouTubeで自分の気持ちを発信しているのも、自分の過去の経験が誰かの役に立つと思っているからです。

HSPの提唱者であるエレイン・N・アーロンさんの書籍にも、心理療法士はHSPにふさわしい仕事の一つと記載されているので、向いている仕事の一つと言えます。

 

HSPでカウンセラーが向いていない人もいると思う

一方、HSPさんでカウンセラーが向いていないと思う人もいます。

それは、アドバイスをしたい気持ちがたまならく強い人です。

これは僕がそうです笑。

カウンセラーは、クライアントさんの問題を一緒になって考えていくことが大切です。

一方的にアドバイスをする仕事ではないんですよね。

YouTubeチャンネル」でHSPさんから相談コメントをいただいたりするのでカウンセラーと活動してもいいんですが、それでも現時点ではブロガーやアドバイザーとして活動しています。

僕の場合は、自分の想いや気持ちを発信する方が好きなんですよね。

自分で自分の可能性を狭めたくないので今後はわかりませんが、しばらくはブロガーやアドバイザーとして活動していくつもりです。

あとカウンセラーの場合は、自分自身がメンタル的に安定していることも大事です。

人の悩みを聴くことは本当に大変で体力を使います。

自分のメンタルが不安定だと、相手の気持ちに引きづられて気持ちが落ちてしまう恐れもあります。

HSPさんは共感力が高い分、周囲の気持ちに引きづられてしまう可能性があるのでカウンセリングは仕事としてきちんと気持ちの線引きする必要があります。

カウンセラーとして活動する場合は、自分のメンタルを保てるかどうかも大事になってきます。

 

HSPでカウンセラーが向いていないと思われている方に伝えたいこと

最後に、HSPさんでカウンセラーが向いていないと思われている方に伝えたいことがあります。

最終的には、自分がやりたいかやりたくないか、あなた自身の気持ちが一番大事です。

実際にやってみてダメだとわかった場合と、やらずにダメだと諦めてしまう場合だと後悔の度合いが全然違います。

やってダメだとわかった場合は諦めがつきますが、やらずに諦めた場合は後悔が続きます。

向いてる向いてないにかかわらず、自分がやりたいと思ったことはやって欲しいです。

他人は恩着せがましくあなたの為を思ってとか言ってきたりしますが、あなたの人生なんだからあなたのやりたいことをやっていいんですよ。

最初から夢を諦める必要はないです。

叶えたい夢がある方は、周りの声を気にせず自分のやりたいことをやって行って欲しいと思います。

HSPさんにおすすめしたい資格8つ|失敗しない選び方や注意点まとめHSPさんにおすすめしたい資格と失敗しないための選び方について、過去の自分の経験をもとにお話ししています。...