HSP

HSPあるある・特徴29選!共感することで気持ちは軽くなる

こんにちは、HSPブロガーのカズッシー(@kazussyhsp)です。

今回は、HSP(敏感で繊細な人)あるあるを言いたいと思います。

人によって色々違うとは思うんですけど、今回はHSPの僕が普段感じていることや思っていることをお伝えしたいなと思います。

周りにHSP(敏感で繊細な人)さんがいなかったり、自分の状態を言ってもなかなか理解してもらえない方はですね、今回のあるあるを聞いて、あるな〜というふうに思っていただけると嬉しいです^^

※長いので、目次を見てから飛んでいただくとスムーズに見れます

 

HSP(敏感で繊細な人)あるある・特徴まとめ

それでは早速HSP(敏感で繊細な人)あるある・特徴を順番に言っていきます。

1.タバコの煙の匂いが耐えられない

まず一つ目がタバコの煙の匂いが耐えられないことです。

HSPは匂いに敏感だと言われてます。

僕はタバコは吸わないんですけど、タバコの匂いがちょっとでもするだけでその場所や人を避けますね。

歩いている時だったら息を止めてダッシュしたり、道を変えたりします。

カフェも全席喫煙のお店を選ぶことが多いですね。スタバ大好きです。

他の人よりもタバコの匂いには敏感だったりしますね。

 

2.パーソナルスペースが広い

2つ目がパーソナルスペースが広いことです。

僕はカフェが大好きでよくカフェで仕事をしたりしてます。

ただカフェで隣の人が話をしているだけで、気になって集中できないんですよね。

カウンター席でも隣に誰か座っているだけでも気になっちゃいます。

電車も両端に人が座っている場合は座らないですね。

座る時は空いてる時か端っこに座ります。

 

3.イヤホンの音漏れや騒音がすごく気になる

HSPは音にも敏感だと言われています。

電車に乗っててイヤホンの音漏れが聞こえてくるだけで、耐えられない気持ちになります。

空いてる時は車両を移動しますし、混んでる時はイヤホンをつけて自分も音楽を聞くようにしてますね。

電車自体も苦手なのでなるべく乗らないようにしています。

あとは工事の音や上の階の人の物音とかが気になって眠れなかったりしますね。

とにかく音にはものすごく敏感ですね。

 

4.人混みが苦手・一人の時間が好き

都会も好きなんですけど、人混みが苦手なんですよね。

なので土日はなるべく外出を避けてますね。

大勢の飲み会とかも、ずっと緊張してしまって終わったらものすごく疲れちゃいます。

飲み会や友達と会う時は、大勢よりも少人数のほうが好きですね。

一人の時間はすごく大事なので、1日に絶対一人になる時間は作ってますね。

一人カラオケとか一人映画とか、一人のほうが気楽だったります。

 

5.お腹が空くと集中できない

お腹が空くとそれが気になって仕事や勉強に全然集中できないんですよ。

夜もお腹が空いて眠れなかったりするので、罪悪感を抱きながらも食べちゃいます。

これは別の動画でもお話ししてるので、良かったら見てください^^

 

6.怒られるとすぐに萎縮してしまう

仕事で上司に怒られたりすると、自分はなんてダメなんだと思い込んでしまって、すぐに萎縮してしまいます。

わからないことがあっても、聞いていいんだろうかとか悩んでしまって相談もできなかったりするんですよね。

相談しないことでまた怒られて凹むという負のループになってしまいます。

あとは怒られている人をみると、自分も怒られている気持ちになりますね。

HSPは人との境界線が薄いと言われているので、その人に感情移入してしまうんですよね。

人が怒られているのを見ると、自分まで辛い気持ちになっちゃいますね。

街でもお客さんが店員さんに怒っているのをよく見かけますけど、本当やめてあげてほしいなと思いますね。

 

7.眩しい光が苦手

これは人によるかもしれないんですけど、眩しい光が苦手なんですよね。

日中でもカーテンを閉めてたりしますし、部屋のライトも一段階落としてます。

寝る時は真っ暗だし、シャワーを浴びる時も電気を消して浴びたりしてます。

 

8.些細なことで傷つく

これはほとんどの方がそうだと思います。

友達と話してても、何気ない一言に物凄い傷ついたりするんですよね。

信頼していた人であれば尚更です。

あ〜もうちょっとこの人とは無理だなと思って距離をとっちゃったりします。

そのことが気になって夜眠れなくなったり

HSPじゃない人にとってみればなんでもないことなんでしょうけど、こっちとしては語尾の上げ方とか、些細なことが気になっちゃうんですよね。

 

9.本音が言えない

傷つけたり傷つけられるのが嫌で、自分の本音が言えなかったりします。

自分はこう思ってるけど、こう言ったら嫌われちゃうだろうなって思ってしまって、相手に合わせて言わなかったりしますね。

だいたいその日の夜に、なんであの時言わなかったんだろうって後悔して眠れない日々が続くんですよね。

これもよくあります。

 

10.嫌なことが頭から離れない

何か嫌なことや辛いことがあると、なかなか忘れられません。

10年以上経つ嫌なこととかも鮮明に覚えてますね。トラウマになっちゃってます。

そんな時もあるよって切り替えられれば一番いいんですが、それがなかなかできないんですよね。

何度も何度も思い返すから記憶が定着しちゃうんですよね。

これは本当改善したいです。

 

11.考えすぎと言われる

一つの物事に大していろんな側面から考えようとするから、周りから考えすぎとよく言われます。

好きな人を誘って飲みにいきたいけど忙しいかもしれない、自分なんかが誘っていいのかも分からない、そもそも二人で飲むのは緊張するだろうからまずは誰か誘おうかな、誰を誘おうとか。

あとは仕事で上司に今日はもう帰っていいよと言われた時に、それは自分がもう必要ないってことか、それとも本当にただ帰っていいというサインなのか、あの淡々として表情はどういう意味なんだって何でも必要以上に考えちゃいます。

これもHSPのあるあるなんじゃないかと思います。

 

12.マルチタスクが苦手

一度にたくさんの情報を与えられると、どれからこなせばいいのかフリーズしてしまいます。

自分自身で優先順位を立てるのが苦手だったりしますね。

なので僕の場合はいつもシングルタスクでやることは一つに絞ってます。

 

13.痛みを感じやすい

HSPは刺激に敏感なので、痛みを感じやすいです。

注射とかマジで嫌ですね。本当に少しでも痛みを感じるものはやりたくないです。

周りからは驚きすぎとか言われるんですけど、こっちは本気なんですよね。

 

14.辛いものが苦手

これは人によるのかもしれないですけど、辛いものが苦手ですね。

カレーは甘口か中辛しか食べられないですね。

ラーメン屋さんの中本も辛さ3くらいがマックスです。

それでもたまに辛いのに挑戦したくなる謎な性格だったりします。

 

15.自己肯定感が低い

些細なミスをしたり、少しでも怒られてしまうと自分はダメだ〜って落ち込んじゃいますね。

周りと比べると自分はダメだと思ってしまってどんどん落ちていくんですよね。

「自分なんて」って言うのは思いがちですね。

だからこそ自分の意見を言わずに周りに合わせてしまいがちなんですけど、

もし落ち込みそうになった時は、意識して情報をシャットダウンするようにしてますね。

 

16.頑張りすぎちゃう

これも自己肯定感の低さからきてると思うんですけど、期待に答えようと思って頑張りすぎちゃうんですよね。

ただ要領が悪かったりしてそれが空回りしちゃったり。

頑張ればがんばるほどストレスが溜まって病気を発症してしまったりします。

HSPの人は、「良し!定時だ!仕事残ってるけど今日はもう帰って遊ぼう!」って人よりかは、帰る時間だけどまだ仕事が残ってるから残業しようと思われる方の方が多いように感じます。

 

17.映画や音楽に感情移入できる

HSPは感受性が高いので、映画や音楽に感情移入できます。

僕も辛い時に映画を観たり音楽を聞いたりすると泣いちゃいますね。

ミスチルはもう心に染みますね。

なので疲れた時は映画を観たり音楽を聴いたりしてますね。

 

18.すぐに謝ってしまう

HSPさんは自分が悪いと思ってしまったり、常に申し訳ない気持ちを持っていたりするので、すぐに謝ってしまいます。

僕も何かあるとついつい謝ってしまってます。

小話になるんですけど、歩いていて角で誰かとぶつかりそうになったときに「すいません」って言うじゃないですか。

大抵は相手の方も「すいません」と言ってくれるんですけど、ときどき何も言ってこない人がいます。

そのときに、「あれ!?なんか僕が悪いみたいになってる?」って思っちゃうんですよね。

その後10分くらいモヤモヤしてます。

女性の方は言ってくれることが多いですが、年配の男性は何かあっても「すいません」と言わない方が多い気がします。

 

19.後ろに人がいるのが辛い

人の気配に敏感なので、歩いている時や行列で後ろに人がいるのが辛かったりします。

行列で後ろの人の話し声に耐えられなくて、その行列から抜けたことも何度もあります。

歩いていて後ろに人がいる時も、立ち止まって先に行ってもらいますね。

男の僕で怖いんだから、女性の方はもっと怖いと思います。

常に後ろは気にしてしまいますね。

 

20.LINEグループでコメントができない

LINEグループで数十人とか大勢の人が参加しているグループの場合、大勢の人がみてると思うと怖くてコメントができないです。

少人数のグループでも話をふられた時しか返信しなかったりしますね。

会話に参加してないのに、通知が気になってみちゃうんですよね。

そもそもLINEグループが苦手なので、僕は周りにLINEグループが苦手なんだよねって言って入らないようにしています。

 

21.いきなりタメ口が苦手

僕はオンラインでもオフラインでも、初めての方には基本的には敬語で話します。

年上の方はもちろん、同い年や年下でも敬語で話しますね。

たまに会ってすぐに、「敬語じゃなくてタメ口で話そうぜ」って人がいるんですけど、ぎこちなくなっちゃうんですよ。

結局敬語に戻ってしまって微妙な空気になることが多いですね。

twitterとかのSNSでも、知らない人からたまにタメ口でコメントが来ることがあるんですけど、向こうの方がタメ口でも敬語で返します。

最初はある程度距離が必要なんですよね。

 

22.飲み会は全員が楽しめているか気にしてしまう

飲み会は基本的には大勢よりも1対1が好きなんですけど、たまに大勢の飲み会に参加したりもします。

そのときに、会場を見渡して全員が楽しめているか気にしてしまうんですよね。

誰とも話していない人がいたら、その人のところにいって話してます。

自分が幹事になって数人で飲み会を開く時も、誰かが鍋奉行にならないようなコースを選んでますね。

もしくは自分が鍋奉行をやるようにしています。

飲み会でも周りをめちゃくちゃ気にします。

 

23.カラオケはみんなが知ってる曲を入れる

複数人でカラオケに行くと、なるべくみんなが知ってる曲を入れます。

他の人のことを気にして、みんなが知らない曲を歌って微妙な空気になるのが苦手ですね。

あと歌ってる時って聴いて欲しいと思うので、他の人が歌っている時も集中して聴きます。

誰かと話したりスマホをいじることもないですね。

僕の場合は一人カラオケが好きなので、マニアックな歌は一人で歌って、メジャーな曲はみんなと行く時に歌ってバランスをとってます。

 

24.旅行に行くと相手に合わせてしまう

友達と旅行に行くと基本的には相手に合わせます。

行きたい場所を聞かれたら「どこでもいいよ」と言いますし、食べたいものはと聞かれたら「逆になにか食べたいものある?」と答えます。

辛いのが苦手なんで辛いの意外とは言います。

ホテルについた時も、ベッドはどっちがいいと聞かれたら「好きな方選んでいいよ」と言いますね。

眠る時も新しい環境なんであまり眠れなかったり、自分のいびきを気にして相手が眠るまで寝なかったりしてるので寝不足になります。

翌日は誰よりも早めに起きて、一人で近くの海岸にいくのが好きです。

もしかしたらその時間が一番好きかもしれないですね。

他にも自分と似た人を見かけて勝手に共感してます。

話はそれましたが、旅行に行くと相手に合わせてしまって疲れがちですね。

 

25.待ち合わせよりも早めに行ってしまう

待ち合わせに遅れるのが不安で、予定よりも早めに着いてうろうろしてます。

友達と会う時も15分とか30分まえに行って書店に行ったりうろうろしてますね。

会社員の時も仕事に遅れるのが嫌で、毎日30分とか1時間前くらいに最寄りの駅に行って近くのカフェで仕事や勉強をしてました。

電車の遅延も考慮に入れて行動しちゃいますね。

 

26.店員さんに勧められると買ってしまう

断れないので、店員さんに勧められるとそこまでほしくなくても買ってしまいます。

捕まっちゃうんと回避できないんですよね。

サイズが合わなくても返品しにいけないんですよね。

なので最近は声をかけてくるお店には行かないようにしてますし、もしそこで欲しい服がある場合はめちゃくちゃ早歩きで選んでます。

 

27.いっぱいいっぱいでも仕事を引き受けてしまう

仕事を抱えていっぱいいっぱいの状態でも、頼まれると仕事を引き受けてしまうんですよね。

引き受けて後悔することはよくあります。

仕事終わりに予定があった場合でも引き受けてしまって、元から入っていた予定を断ってしまったりしてましたね。

予定を断るのも辛いんですよね。

うまく断れるようになりたいです。

 

28.暑がりで寒がり

HSPさんは刺激に敏感なので、温度変化も過敏に反応してしまいます。

夏の猛暑は耐えられないですし、逆に冬の寒さも耐えられないと思ってしまいます。

僕は秋の少し肌寒くなってくる季節が一番好きです。

暑がりで寒がりは誰でもそうだとは思うんですけど、HSPさんはより暑さや寒さを感じやすいと思ってます。

 

29.体調が少し悪いだけでもうダメだと思ってしまう

体調が少し悪いだけでもうダメだと思ってしまいます。

これは子どもの頃からそうで、少しでも熱があるともうダメだってこの世の終わりくらいに思ってしまいます。

いまだに少しでも体に痛みを感じると、これはやばいやつなんじゃないかとすぐ不安になってしまいます。

周りからは気にしすぎと言われるんですけど、最近はこれはHSPの敏感気質のせいかなと思えるようになったので、少しは気持ちが楽になりましたね。

ただ本当にやばいと思った時はすぐに病院に行くようにしています。

 

HSP(敏感で繊細な人)あるあるはまだまだたくさんある

今回はHSP(敏感で繊細な人)あるあるをテーマにお話しさせていただきました。

他にもまだまだHSP(敏感で繊細な人)あるあるをはたくさんあります。

この生きづらさをなんとかプラスに変えていけたらいいなと思っています。