HSP

HSPは雑談が苦手な理由と気にしないための対策方法

こんにちは、HSPブロガーのカズッシー(@kazusy10)です。

HSPさんで雑談が苦手という方は結構いらっしゃいます。

そういう僕も雑談は苦手ですね。何喋っていいのか分からずてんぱっちゃいます。

そこで今回は、HSPさんは雑談が苦手な理由と気にしないための対策方法を考えてみました。

 

HSPは雑談が苦手だと思う理由


HSPさんは雑談が苦手だと思う理由はいくつか考えらえます。

1.浅い話をするのが苦手

HSPさんは広く浅く話をするよりも、一対一で深く話をするのが好きだったりします。

本来は浅い話でも気にせず楽しめばいいんですが、この話の内容って意味あるのかなって無駄に考えてしまうんですよね。

僕はどちらかと言えば「人生とは」とか「なぜ生きる」みたいな深い話が好きだったりします。

ただ初対面でいきなり「人生って何ですか?」って聞けないですよね笑。

浅い話自体が苦手なのが雑談が苦手な理由の一つだと思ってます。

 

2.相手に苦手意識を持っているから

HSPさんでも人によっては雑談が苦にならない人もいると思います。

雑談が苦手と感じる時って、相手によると思うんですね。

自分が苦手だなと感じた人の場合は、言葉が出てこなかったりします。

雑談が苦手というより、話している相手が苦手なのが理由だったりします。

 

3.自分の意見を言えないから

3つめは自分の意見を言えないからです。

HSPさんは嫌われるのが怖かったり、相手に合わせてしまって自分の意見を言えない方が多いです。

自己開示も苦手だからなかなか話が進まなかったりするんですよね。

特に初対面の人には見えない分厚い壁を作ってしまいがちです。

これを言ったら嫌われるかなとか言動を気にしてしまうことで、雑談も苦手になってるのかなと思いますね。

 

4.雑談しなければいけないと思っているから

最後4つ目は、雑談しなければいけないと思っているからです。

HSPさんは相手のことを気遣う方が多いので、雑談しなければいけないと思われている方もいると思います。

仲良い人であれば沈黙でも平気ですけど、そうでない人との沈黙はつらいですよね。

無理して話をしないといけないと思っているからしんどくなるのかなと思います。

 

HSPが雑談を気にしないための対策方法


個人的に雑談をするときにやっている、おすすめの対策方法を紹介したいと思います。

1.相手の人に興味を持つ

まず一つ目は相手の人に興味を持つことです。

好きな人であれば、相手のことを知りたくなるじゃないですか。

相手のことを好きになって、どういうことに興味があるんだろうと思うようにしていますね。

苦手な人であっても素敵だなと思うところを探すようにしています。

 

2.話すよりも聞くことを意識する

2つめは話そうとするよりも聞くことを意識しています。

自分が話すことがない場合は、相手が話していたことを聞くようにしています。

自分の話を聞いて欲しい人の方が多いので、聞くことに徹することで雑談するときの気持ちも楽になります。

 

3.無理に雑談をしようと思わない

3つめは無理に雑談をしようと思わないことです。

雑談しないといけないと思うからしんどいのであって、無理に雑談する必要はないと思ってます。

相手の人も雑談が苦手なこともある音で、その場合はスマホをいじってますね。

僕は無理して雑談しようと思わなくなってから、気持ちは楽になりました。

 

HSPは無理して雑談する必要はないと思う

今回は、HSPさんは雑談が苦手な理由と気にしないための対策方法を紹介させていただきました。

僕の意見は、HSPさんは無理して雑談する必要はないと思ってます。

昔は雑談がうまくなりたいと思って、会話が上手くなる方法とか、雑談力みたいな本を読んでたんですけど、途中から虚しくなってきたんですよね。

それ以降はまず相手の方に興味を持つようにして、話を聞くことに徹する、それで無理なら無理して話さないようにしています。

これだけでも気持ちは楽になると思うので、雑談が苦手な方はぜひ試してみてください^^