グルメ

台北・中山の鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店でおすすめの小籠包を食べてきた

台湾で人気の小籠包屋さんと言えば鼎泰豐(ディンタイフォン)。

台湾だけでなく、日本を含め世界中に店舗があります。

やはり台湾で食べる鼎泰豐(ディンタイフォン)が格別だそうです。

台北には何店舗かありますが、今回は泊まっているホテルから近い、台北・中山エリアにある鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店に行ってきました。

 

鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店の場所や行き方


鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店の場所は、中山駅2番出口すぐにある三越の地下二階です。

中山エリアは日本人に人気の観光エリアなので、日本人も多くて安心できます。

立地は最高ですね。

僕は並ぶのが嫌だったので、オープン時間11時ちょうどに来店。

写真の左側に階段があるので、階段で降りて地下二階まで行きました。

 

鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店の店内は広い

入り口に入って人数を伝えると席まで案内してくれます。

写真を見ただけでもかなり広いと思いますが、実際はこれの倍くらいの広さがあります。

お昼以降は満席になるから凄い。

 

鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店のメニューや注文方法

こちらの用紙に食べたいフードの個数を記入します。

日本語の用紙もあるので分かりやすいです。

また日本語が話せるスタッフも多いので、注文もしやすかったです。

今回は人気メニューの小籠包とえびチャーハン(小)を注文。

小籠包は5個入りが110元、10個入りが220元です。

用紙に小サイズはなかったんですが、今日は他のお店も行くのでえびチャーハンを小サイズで食べたいと言ったところ、OKしてくれました。

値段もその分安くしていただけて感謝!

 

おすすめメニューの小籠包とえびチャーハンは絶品!

まずは小籠包から。

食べ方は紙に書かれています。

お箸で持つ感触がなんとも言えない。

肉汁たっぷりです。

早速食べてみる。小籠包はしなやかな舌触りで口の中で肉汁が溢れます。

ぼくは猫舌なんですが、思ったほど熱くないからいきなりでも食べられますね。

続いてえびチャーハン(小)。

エビチャーハンもパサパサだけとしなやかでめっちゃ美味しい!エピもぷりっぷりです。

どちらも最高に美味しかったです。

 

鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店の空いてる時間帯は?

今回平日のオープン11時に行ったら並ばずに入れました。

おそらく土日でもそこまで並ばなんじゃないかと思います。

やはり狙い目はオープン時間ですね。

 

鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店では美味しい小籠包やフードが食べられる

今回初めて鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店に来ましたが、小籠包もえびチャーハンもおすすめメニューだけあってかなり美味しかったですね。

今まで食べた小籠包の中で一番美味しかったです。

また今回一人で来たんですが、隣の人も日本人の一人の方にしてくれたりと、気を使ってくれた気がします。

おかげで一人でも居心地よく過ごせました^^

鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店でご飯を食べたら、地下一階にはタピオカミルクティー発祥のお店で有名な春水堂(チュンスイタン)の店舗もあるので、合わせて行ってみるのもおすすめです。

 

鼎泰豐(ディンタイフォン)三越店の店舗情報

住所 No. 12號, Nanjing West Road, Zhongshan District, Taipei City, 10491
アクセス 中山駅2番出口から徒歩1分
営業時間 11時00分~21時30分
定休日 不定休
HP 鼎泰豐(ディンタイフォン)HP

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめ!

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめです。カフェやホテルのWi-Fiと比べるとセキュリティも安心。料金は定額なので友達と割ればコストも抑えられます。空港に着いた瞬間からネットが使えるので移動も便利。SNSでその場でシェアもできるので楽しさ倍増です。持っておくだけで安心して旅行ができます。

台湾で人気の海外ポケットWi-Fiを選ぶ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です