台北

台湾へ片道航空券で行こうとしたら搭乗拒否されてチケットを発券してくれなかった話

今日から取材をかねて2週間ほど台湾に行ってきます!

台北近くの淡水や台中の近くで行われるランタンフェスティバルに行くのが目標。

あとは台湾を一周してきます。

荷物を極力減らしてリュックとショルダーバッグだけにしました。

預け荷物無しなので着いた時に楽チン。

僕の性格として、全部決めて宣言してしまうと急にやる気がなくなってしまうので笑、全部できたら良いな〜という感じです。

帰りの日程も決めずに気楽に行きたかったので、航空会社を比較し航空券を最安値で検索できるスカイスキャナーで片道チケットだけ予約。

今回利用するのはタイガーエアー。

成田空港に着き時間を潰したあと受付カウンターに行く。

スタッフさん
スタッフさん
帰りの日程が分かるものがありますか?
僕
まだ決めていないですね。
スタッフさん
スタッフさん
恐れ入りますが、帰りの日程が分かるものなどがないと、チケットは発券できません。
僕
え、え〜!!!

スタッフさんの話によると、最近台湾は入国審査が厳しくなったようで、帰りの航空チケットを持っていない場合、強制送還で罰金を払わされるかもしれないとのこと。

仕方がないので座れる場所に移動し、スマホで復路のチケットを購入。

まあ焦りますよ笑。

復路の日程表を見せチケットを無事発券してもらえました。

 

何が起こるかわからないので早めに空港に行くことが大切!

今回は早めに成田空港に向かったので大丈夫でしたが、もしギリギリに行っていたら間に合わなかったかもしれません。

個人的に思うのが、片道チケット購入するときに注意喚起してくれたら往復チケットで買ったのに。

それだとほとんど片道チケットの意味ないじゃん!

もしかしたらどこかに書いてたかもしれませんが、行く前から焦りましたね。

国によっては違うと思うので、事前に調べておきましょう。

今回のように当日は何が起こるかわからないので、早めに空港に行くことが大切です。

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめ!

台湾に行くなら海外ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめです。カフェやホテルのWi-Fiと比べるとセキュリティも安心。料金は定額なので友達と割ればコストも抑えられます。空港に着いた瞬間からネットが使えるので移動も便利。SNSでその場でシェアもできるので楽しさ倍増です。持っておくだけで安心して旅行ができます。

台湾で人気の海外ポケットWi-Fiを選ぶ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です