2泊3日の屋久島一人旅の思い出

今回も今は無きmixiの過去日記から抜粋して、屋久島一人旅の思い出を掲載します。

もうかなり前の日記なので、文体がかなり若いですがそこは温かく見守ってください(笑)

それではごゆっくりご覧ください。

 

———-

今日まで2泊3日休みをもらって屋久島に行ってまいりました☆

昔から屋久島にはずっと行きたくて、今しかないということで、航空券だけ買っていつものようにノープランで行ってまいりました。

なぜ僕はいつもノープランの旅をするのかと言えばですね、それは「計画を立てるのが面倒くさいから」!!!

ホンマは立てた方が絶対いいです!ましてや2泊3日なんてあっという間なので、宿や行きたい所を絞って行く方が絶対いいのです。

ただ僕は、旅が好きなくせに面倒くさがりなので、いつも計画を立てずに行ってしまいます。今回もガイドブックを買ったのに、一度も読まずに屋久島に行ってしまいました(笑)さて、今回も波乱に満ちた旅の始まりです。

まず朝起きて寝坊。ただ僕朝食べないと動けないのでしっかりと家で朝ごはんを食べるおにぎりその後駅までダッシュダッシュ。

なんだかんだで羽田空港に着いたのが出発10分前。受付の人に言うと、今回だけ特別ということで乗せてくれることに目受付の人と一緒に搭乗口まで走る走るダッシュ!!

途中受付の人が、受付の人「鹿児島で乗り継ぎのチケットは持ってますよね」

僕「いえ、持ってません」

渡し忘れたらしく、急いで取りに帰ろうとしたら、どこからともかく別の従業員の人が現れて、「私がとりに行きます!!あなたたちは早く行っ!!!」と言ってダッシュでとりにいってくれました。

その他の従業員の人もいつ僕の情報を聞いたのか、全員が団結して僕をスムーズに搭乗口まで導いてくれました電球仕事はチームワークとはまさにこのこと!JALさんありがとう⭐️国内行く時はJALさん使うからね~。これでなんとか無事に屋久島に到着るんるん

観光案内所で安い宿とお勧めの場所を教えてもらう犬まずは教えてもらった大川の滝に出発ダッシュ!何を隠そう僕は無類の滝好きで、滝とミスチルがあれば他に何もいらないくらい滝が好きです。
もう見た瞬間ビックリ!すげ~の一言です。

大川の滝

 

滝を見てると隣にいたおばちゃんが
「寒かろう、これ上げるわね」と言ってなんとメロンパンをくれました。

おばちゃ・・・いやお姉さんありがとう!!!

おいしくいただきました☆その後2人組みの女性が「写真撮ってくださいカメラ」といってきてその後いろいろ話をしました。

話を聞くと、彼女達は一人で旅をしていて、同じ宿で意気投合してレンタカーで一緒に屋久島を回っているらしい。

一人旅のいいところは、こうやって知らない人と出会ってすぐに仲良くなれることに尽きます。

その後僕がバスに戻ると、さっきの綺麗なお姉さんが、今度はゆで卵をくれました。
「ゆで卵~!!!ゆで卵と言えば板東さん。これはフリなのか?この人は僕が板東さんのモノマネをすることを知っていて、僕にそれをやれせようとしているのか?いやそれはない。いや、でもまさか・・・」

今回はモノマネをせず、ありがたく普通にいただくことにしました。

毎回旅に出る度に誰かから食べ物をいただく。嬉しいことなんですが、僕はそんなにひもじそうに見えるのだろうか・・・。逆にこちらが何も返せないのがすごく申しわけない。とりあえず精一杯の感謝をしました。

次は千尋の滝という所へ。途中で寄ったコンビニのおばちゃんの笑顔がたまらない。

屋久島の人たちはめっちゃ優しい電球歩いてるとおっちゃんが「旅人さんか~」って言って声かけてくれたり、知らないおっちゃんに拉致られてw、1時間公園のベンチで世間話されたり、いろんな人が旅行者を気にかけてくれる。

前にニュージーで会ったミキという女性が、ニュージーと屋久島は似ていると言っていたが、僕もそう思った牡羊座徒歩片道1時間以上かけて千尋の滝に到着。

千尋の滝

もうヤバイっしょダッシュ!!

綺麗すぎです。登ってよかった~。

後近くに恋が叶うと言われている鐘を発見!!

これ鳴らすと恋が叶うんですって~。僕のマイミクさんたちの恋が叶いますように~♪

その後素泊まりの宿に帰って同じ宿の人と話して1日目は終了。

明日は往復10時間かかる縄文杉を見るコースや~。めっちゃ不安です(笑)

 

2日目〜縄文杉へ〜

朝5時に起床し縄文杉を見に行くコースの入り口荒川登山口へ。

一人で登るのも面白くないので、前を歩いていた女性二人に声をかけて一緒に登ることにしましたるんるん

ただこの女性の体力がハンパない!!!登山開始1時間。
僕「あの~、ちょっと休んだりしませんか?」

女性「あたしたち全然大丈夫ですよ^^」
周りをみるとおじいちゃんや子どもたちが元気に歩いている。あ~、なんかもう泣きそう。ヘタレ全開やん!!でもやるっきゃないダッシュ!!!

ってかこの道やばくない?(笑)

 

歩くこと3時間、やっと途中の有名なウィルソン株に到着。

ウィルソン株はウィルソンさんが切った株で、樹齢2000年以上もたってるんですって獅子座株の中から空が見えて素敵。

ウィルソン株

 

この後から本格的な登山のようになってきました。僕ら3人はヘトヘトになりながら片道5時間かけてやっとの事で頂上まで到着。

縄文杉

 

もうこれヤバイでしょ!!!

樹齢数千年ともいわれる縄文杉桜マジでがんばった甲斐あったわ~。たぶん生まれて初めてがんばったわ~ってくらい感動しました。

その後頂上で昼御飯を食べて下山かたつむり下山は下山でホンマもう死ぬかと思いました(笑)

最後まで下りきったとき、僕たち3人はハイタッチをし、お互いのがんばりを讃えました。

福岡からきためぐみさんとようこさんありがとう!!

あなたたちがいなければ、絶対こんなに楽しくはなかったし、感動はしなかったでしょう。

2人に感謝し、僕は帰りのバスに乗り込む。

バスに乗り安心し、デジカメと携帯で撮った写真を確認しようとポケットをごにょごにょ。

「あれ・・・なんかない。携帯がない・・・落とした~!!!!!泣」

縄文杉を見てテンションがあがり、山に携帯を落としてきてしまいました(笑)これはヤバいぞ。縄文杉から変なチャクメロがなって縄文杉が都市伝説になってしまうw。

まぁいいや。もし今度屋久島に行かれる人で、僕の携帯電話見つけてくれたら、僕の方から粗品を差し上げます。

 

その後

早速宿に帰って宿で一緒に泊まっているみんなに報告すると、みんな携帯をとりだし、警察署や山の役場に電話をしてくれました。
「見つかったら俺の方から連絡するから!!」と優しい登山部のリーダー。

僕は携帯で時間を見ていたので、今後の時間がわからないと伝えました。すると前に座っていた女の子が、

「よかったら私の時計使ってください腕時計私は自分の携帯がありますので。」と言って手につけている腕時計をはずし、僕にプレゼントしてくれました。

ちょっと待って。なんでみんなこんなに優しいの。マジで泣きそうなんやけど。屋久島に住んでる人も、屋久島に来ている人もみんな大好きだ!!!素敵過ぎる。

なんか屋久島に来る人たちは、自分と似た考えの人が凄く多い。やからすぐに仲良くなれるるんるん人の優しさを肌で実感しました。

駅前の売店の女の子に公衆電話の場所を聞いた時も、「よかったら私の電話使ってください)」と言って見ず知らずの僕に携帯電話を貸してくれました。

ありえへん。屋久島の人たちは人を疑うことを知らないのか。もうなんか屋久島も屋久島に住んでる人たちも素敵過ぎる。

最終日になり、「俺、みんなに絶対帰ったらお返しするから!!!」と言って宿を後に。大感動のまま東京へ帰宅。

しかし、東京に帰ってきて、急に恐怖を感じました。なんか人がすげ~恐い。みんな他人に無関心で興味のないような視線。過剰なまでの電車の広告。

人の目を気にしてカッコばかりつけて自分を抑制してるような態度。屋久島の人たちが優しすぎたせいで、東京の人たちがすごく恐く感じました。でもまたすぐに慣れるんだろうな、この東京の生活に・・・。

ちょっと最後にセンチメンタルな気持ちになりましたが、この屋久島での思い出を胸に明日からまた楽しむぞ~!!とりあえず屋久島で知り合ったみんなに連絡や~・・・みんなから書いてもらった電話番号やアドレスの紙なくした泣。

いっぺん死んできます。

でも、総合してめっちゃ楽しかったので、悔いはないです。

僕と屋久島で出会った人この日記見つけて~!!

社会人の方も2泊3日なら行けると思うので、もしゴールデンウィーク予定がまだ決まっていない方がいらっしゃいましたら是非おすすめです。屋久島には何かがあります。
———-

 

過去の日記を読み直して

いかがでしたか?あまりの今とのテンションの違いに若干引いてしまいました笑。

今なら絶対に知らない人に声かけて一緒に屋久島行こうなんて言えません笑。

後寝坊は絶対しない!!最近は国内でも1時間前には必ず空港に着いてます。

若気の至りですね。いい思い出です。

ちなみに携帯はその後見つかりました^^

この時とモノをよく無くすのは変わっていませんが、気持ち的には少しは成長したかなと感じつつも、日々成長していければなと思いました。

それでは最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします