仕事・転職

【HSP】飲食店や接客業バイトが合わない人の理由|おすすめの対策方法を紹介

こんにちは、HSPブロガーのカズッシー(@kazusy10)です。

HSPさんで、飲食店・接客業で働くのが苦手・向いてないと言われる方は多いです。

僕の「YouTubeチャンネル」でも、飲食店で働くのが苦手という相談をいただくことがあります。

HSS型HSPの僕自身もレストランやスタバ、回転寿司屋さんなど飲食店でキッチンや、ホールで接客業のバイトをしていました。

また書店員やゲームショップの販売員として接客業務もしていました。

もともと接客は好きだからやってましたが、正直に言うとどこも結構しんどかったですね(書店はかなり楽しかったです)。

今回は、HSPさんで飲食店や接客業バイトが苦手で合わない・向いてないと言われる理由と、おすすめの対策方法を過去の飲食店でのバイトの経験をもとに紹介したいと思います。

HSPで飲食店や接客業バイトが苦手で合わない・向いてないと言われる4つの理由

HSPさんで飲食店や接客業バイトが苦手で合わない・向いてないと言われる理由は、大きく分けて以下の4つが考えられます。

1.スピードとマルチタスクを求められる

まず一つ目は、スピードとマルチタスクを求められることです。

料理の注文が複数入った場合、まずはどれを優先して作るか考えなければいけません。

一度に複数の料理を同時並行して作らなければいけないので、スピードとマルチタスクが要求されます。

HSPさんは一つの物事を深く考えるのは得意ですが、複数のことを同時にこなすのが苦手な方が多いです。

スタバで働いていた頃は、お客さんの様子をみながら常に動く必要があったのでしんどかったですね。

お店が混むお昼や夕方は常に全力を出して疲れていました。

 

2.厳しく言ってくる人が多い

2つ目は、厳しく言ってくる人が多いことです。

もちろん人にもよりますが、経験上厳しい人が多いように感じます。

少しでもミスをすると怒鳴る人も結構いましたね。

裏を返せばプロフェッショナルとも言えなくはありませんが、怒鳴られることでHSPさんは萎縮してしまいがちです。

ピーク時は常に忙しいのでピリピリしてしまうんだと思います。

そのためピリピリした空気や人間関係に疲れてしまい、仕事を辞めてしまうHSPさんもいます。

 

3.お客さんからクレームを受けることがある

3つ目は、お客さんからクレームを受けることがあることです。

飲食店で接客をする場合、お客さんは選べません。

中には横柄なお客さんもいますし、理不尽なクレームを言ってくる方もいます。

クレームを言われた数日間は心がもやもやしたのを覚えています。

接客するのが怖くなってトラウマになったりメンタルを病んでましたね。

接客の仕事をする場合、理不尽なクレームがあることもHSPさんの神経をすり減らす原因になります。

 

4.長時間労働で体力が必要

最後4つ目は長時間労働で体力が必要なことです。

飲食店の場合、基本的には立ち作業です。

朝から晩までシフトに入っていることもあります。

体力が必要なんですよね。

HSPさんは些細な刺激に対して敏感なので疲れやすいです。

またカフェなどの飲食店で働く場合は、給料もそこまで高くありません。

長時間労働で疲れてしまうHSPさんもいます。

上記の理由から、HSPさんが飲食店の仕事が辛い、合わないと言われている理由です。

 

HSPが飲食店や接客業で働きたい場合におすすめの職場の選び方|人と接するのが好きな人もいる

中にはHSPさんで飲食店や接客業で働きたいと思われている方もいると思います。

僕も接客業自体は好きなので、HSPさん全員におすすめしないわけではありません。

外向型のHSP(HSEやHSS型HSE)さんにとっては接客業が好きな方も多いと思います。

ここからは、HSPさん飲食店や接客業で働きたい場合におすすめの職場の選び方を紹介します。

1.忙しすぎないお店を選ぶ

まず一つ目は、忙しすぎないお店を選ぶことです。

忙しすぎると頭がパンクしてしまいすぐに疲れてしまいます。

そのため落ち着いた雰囲気のお店を選ばれるのをおすすめしたいです。

お店の大きさもコンパクトでメニュー数も少なめなところがいいですね。

個人店の喫茶店で働くのもいいと思います。

 

2.スタッフさんの雰囲気が良さそうなお店を選ぶ

2つ目は、スタッフさんの雰囲気が良さそうなお店を選ぶことです。

バイトや仕事で一番しんどいのは人間関係です。

個人的には人間関係が仕事が辛い一番の原因だと思っています。

どんなにお店の雰囲気がよくても、働いているスタッフさんとの相性が悪ければ最悪です。

採用されてからこんなはずじゃなかったというリスクを減らすためにも、事前に働きたいお店に何度か足を運ばれることをおすすめします。

 

飲食店や接客業でこれから働くHSPに伝えたいこと

最後に、飲食店や接客業でこれから働くHSPさんに伝えたいことがあります。

それは、うまく行かないからといって落ち込みすぎる必要はないことです。

人には合う合わないがあります。

だからもしうまく行かなかったとしても、落ち込みすぎないでほしいです。

ミスをするとどうしても自分はダメな人間だと思い込んでしまいがちですが、あなた自身は生きてるだけで価値があります。

職場で上から目線で言ってくる人もいますが、人間性まで否定される筋合いはないですからね。

人間性まで否定してくる人がいたら、こっちから願い下げだくらいの気持ちでいましょう。

辞めたいけどこちらから言い出せない場合は、「退職代行サービス」を使う手もあります。

退職代行サービスを使えば、自分の代わりに退職の意思を伝えてくれるので気持ち的に楽です。

これから素敵な職場に出逢えることを応援しています。

不安な方は、まずは「シェアフル」などの1日単位で仕事が探せるアプリで仕事を探すのもおすすめです。

HSPさんでこれから飲食店や接客業で働こうと思われている方は、今回の記事が少しでも参考になっていただければ嬉しいです^^

HSPにおすすめの向いてるアルバイト|短期や1日単位だと気軽にできるHSP(繊細さん)におすすめの向いてるアルバイトとおすすめしない向いてないアルバイトをまとめて紹介しています。外でバイトをするのが辛い・長期で働くのがしんどい場合は、短期や1日単位の単発バイトがおすすめです。...
【適職】HSPにおすすめの向いてる仕事・職業の探し方や選び方|4つの基準で転職先を選ぼうHSP(繊細さん)におすすめの向いてる仕事・職業・適職の探し方や選び方、見つけ方の基準について解説しています。天職に出逢うには相性の良い自分に合う働きやすい環境や職場を見つけることが大切です。...
HSPにおすすめの在宅ワーク・家で一人でできる仕事・職業10選!副業や独立にも最適HSP(繊細さん)におすすめの在宅ワークや独立・起業して家で自分一人でできる仕事や職業・副業を紹介しています。資格も必要なく比較的高収入で20代〜60代以上の男性女性限らずおすすめです。...