【ネタバレ】2018年名探偵コナンの新作映画「ゼロの執行人」を観てきた感想

2018年4月13日に公開された名探偵コナンの新作映画「ゼロの執行人」。

今回でシリーズ22作目です。長いですね。

コナン好きとしては観なければいけないと思い、早速初日に映画館で観てきました!

多少ネタバレもあるので、内容を知っても良い方だけ読んでください。

 

2018年名探偵コナンの新作映画「ゼロの執行人」のあらすじ・概要

先ずは簡単に名探偵コナンの新作映画「ゼロの執行人」のあらすじ・概要をものすごく簡単に紹介します。

今回は東京サミット開催の時のお話。

東京サミットが開催される前に、サミット会場を狙った大規模の爆破事件が発生します。

遠隔で建物が爆発されたんですが、公安警察の思惑により、なんと毛利小五郎が犯人扱いされています。

コナンはなんとか阻止しようと事件の真相に迫るのです。

公安警察を操る警視庁の秘密組織、通称「ゼロ」に所属す安室透も最初は敵のような感じでしたが、最後はコナンと協力し、日本の安全を守ります。

2018年のコナンの映画は、ほぼコナンと安室透がメイン。

安室透ファンにはたまらない内容でしたね。

 

今回もツッコミどころ満載のポイント

コナンの映画は毎回ツッコミどころ満載です。

もう狙ってやってるんじゃないかと思うくらい。

今回も個人的にツボだったところを紹介します。

1.NAZUに簡単に不正アクセスできすぎ

今回の映画で、「NASA」をもじったであろう「NAZU」という組織が出て来ます。

犯人が「NAZU」に不正アクセスして人工衛星を落とそうとしてきます。

世界的規模のNAZUのネットワークに不正アクセスできること自体が不思議すぎました。

テロ組織がやっていたら、あったと言う間にこの世界は終わってますね。

 

2.蘭が危ない場所にいすぎ

毎回必ずと言っていいほど、蘭が危ない場所にいます。

もし僕がコナンの世界に住んでいたとしたら、絶対に蘭の近くにいたくありません。

 

3.コナンが無敵すぎ

今回もコナンはたくさん危ない目に合ってますが、死にません。

コナンは人類最強なんじゃないかと思います。

あと今回は安室透のスピード狂も凄かったです。

 

2018年名探偵コナンの新作映画「ゼロの執行人」も安定の面白さだった

今回のコナンの新作映画を観た感想ですが、やっぱり安定の面白さでしたね。

・推理あり
・恋愛あり
・笑いあり
・アクションあり

究極のエンターテイメントだと思います。

子どもから大人まで楽しめますね。

福山雅治の主題歌も良かったです。

2019年のゴールデンウィークに最新作も公開予定なので、来年も映画館に観に行こうと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします