ダナンからホーチミンまでのバスが想像以上に過酷だった話

世界一周9日目。

ダナンからホーチミンまでバスで合計24時間かけて移動しました。

結構過酷だったので、これからダナンからホーチミンまでバスか電車どちらで行こうか迷われている方のために、今回の経験を書いておきます。

ホーチミンに行くために、バスか電車どちらで行こうか迷った末に、最初は電車で行くこと選ぶ。

 

しかしこの日ダナン駅は大混雑。

1時間30分ほど電車の切符を買うために待っていたのだが売り切れで買えず。

インフォメーションセンターでバスで行きたいがどうすれば良いか聞いて見たところ、バスなら空いているらしく、バイクでバスのチケット売り場まで送ってくれるとのこと。

ベトナムで初バイク。

 

最初は怖かったですが、だんだん楽しくなってきました(笑)

 

バスチケット売り場でチケットを購入

ここでホーチミン行きのバスチケットを購入。

Danang Backpackers Tourist。

 

場所は川の近く。

 

電車は6000〜7000円。バスが3500円。乗ってる時間はバスの方が4,5時間長いけど、約半額の値段で行けます。

今の時刻は13時。16時に出発なので、それまでダナンのカフェ巡りをする。

オシャレなカフェが多い。

16時に戻るもバスはまだ来ず。

16時30分にミニバンが来てバス停まで送ってくれる。

 

バス停が遠く、30分くらいかけて寝台バスが来る場所まで移動。

 

何もない。本当にここかよと思いながらさらに30分待つ。

 

ようやく寝台バスが到着し出発。

 

ダナンからホーチミンに行く寝台バスの様子

寝台バスの座席は2階席の5列シート。スタッフにここに乗れと指示される。

 

揺れるのにシートベルト無し。終わった。

5列シートなのに6人おるやないかー!!

ぎゅうぎゅうなわけだ。足も伸ばしきれない。

これで20時間はないわ(´;ω;`)

でも行くしかない。

バスに入ってすぐにスタッフが俺の荷物を壊したらしく、「ハイ、これ」と部品を手渡してきた。

 

「ハイ、これ」じゃねえよ。

通路にも人寝てるけど、おそらく適当に人入れてるな。日本なら完全にアウトでしょ。

 

なんか揉めてるし。ラララライの声が聞こえてきた。

となりの子どもたちがドラえもんを日本語とベトナム語交互で見ている。

ドラえもんは世界共通だな。

懐かしい。

夜10時頃に30分休憩。売店がありました。

 

とりあえずパンだけ購入。

 

これが美味い。

というかこれ完全にトラップやろ。

 

乗る前に写真撮ってたから分かるけど、撮ってなかったら「あれ?どっちやったっけ?」って完全に迷うレベル。

バスの通路が荷物置きになってるから戻るのも一苦労。

しかもとなりの子どもらが帰って来る前に出発してるし。

親御さんらしき人がバスを止めて探しに行きました。めちゃくちゃやな。

少し眠れるようになった時に起こされバスを降りさせられる。

 

どうやらバスを乗り換えるみたいだ。

1時間ほど待たされ出発。

15時50分頃に少し離れたバスターミナルに到着。

45番から発車している市営のバス(50,000ドン)に乗り換えて、中心部のベンタイン市場に到着したのが16時30分。※2017年7月時点。

大型の荷物をバスの下に置いているともう50,000ドン(約250円)取られました。

妻はリュックを背負いながら座っていたため追加料金は取られず・・・。謎だ。

タクシーでバス停からベンタイン市場までは10万ドンと言われたのでやめておきました。

長距離バスを降りた時点からめっちゃしつこく絡んでくるので気をつけましょう!

まるまる1日バスに乗り、マジで疲れました。

 

バスは乗せられる場所で天国と地獄に分かれる!

今回は愚痴っぽくなってしまいましたが、別にバスが嫌いなわけではありません。

一番後ろの席が大変でした笑。後は床も嫌です笑。1人シートは快適そうでした。

自分で選べないのが辛かったですね。

また休憩場所のトイレはものすごく汚いです。

トイレットペーパーもついて無いので、気になる方は持って行くのが良いです。

時間に余裕があり安く行きたい方はバスで良いと思いますが、窮屈なのが嫌な方は電車で行かれることをおすすめします。

ベトナムのホーチミンでおすすめの観光場所と格安ホテル宿

2017.07.18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします