タイのチェンライにあるドイチャンコーヒー農園に行ってきたよ

※世界一周23日目

世界一周するにあたり、大それた目標とかはないですが、2つだけやりたいことがありました。

それは

1.タイのチェンライのコーヒー農園に行くこと
2.アルゼンチンのイグアスの滝に行くこと

です。

コーヒー農園に関しては、コーヒーが好きでいつかは農園がみたいと思っていました。

イグアスの滝は単純に滝が好きだからです笑。

今回はそのやりたいことの一つである、チェンライのドイチャンコーヒー農園に行って来ました!

 

車でドイチャンコーヒー農園へ

日本人スタッフさんがいるJトラベルでドイチャンコーヒー農園ツアーを申し込む。

ちなみにドイチャンとは、タイで有名なコーヒー豆の名前です。

ドイはマウンテン、チャンはエレファントの意味。

エレファントマウンテンとかカッコイイですね。

今回車を運転してもらうドライバーのゆっさん。

いつも鼻歌を歌って気さくな良い人。

ドイチャンコーヒー農園の途中に行きたかった白い寺院があり、お願いしたら先ずはそこへ連れて行ってくれました。

チェンライにあるワットロンクン(白い寺院)が壮大ですごく綺麗だった!

2017.08.01

言ってみるもんですね。

途中川をバイクで突き進む人を見て驚愕。

 

テレビで見たやつ!!

チェンライから1時間30分ほど離れた標高1500mの山奥まで車で進む。

こちらがドイチャンコーヒー農園。

 

通常、コーヒー豆の収穫は11月、12月なので今は誰もいません。

コーヒー豆の色も緑のままです。

 

コーヒー豆の色は、緑→黄色→赤→濃い赤と変化して行きます。

濃い赤のときに収穫です。

こちらはコーヒー豆の苗。

 

手で一つ一つ植えているんだそう。

少し車で進んだところには、アカ族という民族が暮らしています。

 

コーヒー豆を選別したり、民族衣装をつくり生計を立てている。

外国人があまり来ないからか、子どもたちはシャイでカメラを向けると一瞬で首を横に向けだす。

 

めちゃくちゃかわいい。

のどかな街で、すごく好きになりました。

 

アカ族の街からまた車で進むと、ドイチャンコーヒーの製造工場があります。

 

こちらも今は稼働していないので、中を見ることはできませんでした。

コーヒーショップがあり、そこでコーヒーをいただく。

 

コクがありミルクとよく合う。

帰りに道にまた絶景と出会う。

 

やっぱり山は良いですね。

その後温泉に入り帰路へ。

タイのチェンライにあるLanna Onsen(ランナー温泉)で旅の疲れを癒す

2017.08.01

 

まとめ

今回は、時期が合わなくてコーヒー工場の中を見ることはできませんでしたが、コーヒー農園やコーヒーの木を直に見ることができて本当に良かったです。

タイのコーヒーは日本ではあまり知られていないけれど、この美味しさをもっと日本に広めていこうと思います。

タイのチェンライにあるドイトゥンコーヒー農園に行って来た

2017.08.02

タイのチェンライでおすすめの観光場所と格安で泊まれるホテル宿

2017.08.01

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします