ブログ論

個人事業主(フリーランス)で働くメリットとデメリット

こんにちは、カズッシー(@kazusy10)です。

僕は今個人事業主(フリーランス)のブロガーとして活動しています(今僕がやっていることについてはこちらの記事をご確認ください)。

個人事業主(フリーランス)になって仕事を始めてから5年経ちますね。

今在宅ワークが推奨されている中、個人事業主(フリーランス)になろうと思われている方もいると思います。

そこで今回は、僕が5年間個人事業主(フリーランス)として働いて感じたメリットとデメリットを紹介したいと思います。

これから個人事業主(フリーランス)で働こうと思われている方は、良かったら参考にしていただけると嬉しいです。

※動画でも話しています

 

個人事業主(フリーランス)で働くメリット

まずは個人事業主(フリーランス)で働くメリットを紹介します。

メリット1.好きな時に好きな場所で働ける

個人事業主(フリーランス)の一番のメリットは、好きな時に好きな場所で働けることですね。

僕は旅が好きでちょくちょく旅に出てますが、旅中でも仕事ができるのが魅力です。

世界一周中も記事を書いたりサイト運営していたおかげで、旅をしつつも収益を得られてました。

帰国後も再就職しなきゃと転職活動する必要もなかったので、精神的にもかなり楽でしたね。

もちろん、企業から仕事を請け負う場合は、いつまでにこの仕事をやらないといけないっていうのはありますが、仕事は自宅やカフェでできるのが魅力ですね。

好きな時に好きな場所で働けるのは大きなメリットです。

 

メリット2.満員電車に乗らなくて良い

2つ目は会社に行く必要もないので満員電車に乗る必要もありません。

これもめちゃくちゃ大きなメリットです。

会社員として働いていた時は日々満員電車に乗ってました。

職場が東京の大手町(東京駅)近くだったので、行きも帰りも大変でした。

特に今はウイルスの影響で満員電車に乗る自体が怖かったりします。

満員電車に乗らなくて良くなったのは大きなメリットです。

 

メリット3.自分のペースで働ける

メリットの3つ目は自分のペースで働けることです。

これもかなり大きいですね。

僕は性格上周りに合わせるのが苦手なんですよね。

ブログやYouTubeもそうですが、一人で自分のペースでできるのはほんと助かってます。

周りの人のペースに合わせるのが苦手な方は、個人事業主(フリーランス)はおすすめの働き方です。

 

メリット4.自分で色々できる

企業に入った場合は、一つの部署に回されて、与えられた業務をこなす必要があります。

個人事業主(フリーランス)の場合は、経理や商品開発、マーケティング、全部一人でやる必要があります。

もちろん税理士さんとかライターさんを雇って外注することもできるので、一人で全部やる必要はないですが、やろうと思えば全部できちゃいまます。

なので総合的にいろんなことを学べるのが魅力ですね。

 

メリット5.会社の飲み会に行かなくても良い

サラリーマン時代は会社の飲み会が頻繁にあり、嫌でも飲みに行かないといけませんでした。

会社持ちではなく自分負担だったので、何で自分のお金と時間を使って気を遣わないといけないんだろうと思ってました。

今は会社の飲み会がなくなっただけでもストレスは減りました^^

 

メリット6.リストラされる心配がない

個人事業主(フリーランス)は企業に属していないので、リストラされる心配はありません。

今は本当にどうなるかわからない時代なので、もし宣告されてしまった場合かなり不安になると思うんですが、個人事業主(フリーランス)の場合は自分で仕事をやっているので、周りからリストラをされる心配がないのも魅力です。

 

個人事業主(フリーランス)で働くデメリット

続いては、個人事業主(フリーランス)で働くデメリットを紹介します。

デメリット1.全て自己責任

個人事業主(フリーランス)で働いた場合、全て自己責任ということです。

会社に勤めていれば、会社が守ってくれたりしますが、個人事業主(フリーランス)の場合は行動は全て自分にフリかかってきます。

誰も守ってくれません。

逆を言えば、全ての行動に責任を持てば何でもできてしまうことでもあるんですけど、自己責任のプレッシャーはありますね。

 

デメリット2.お金が結構かかる

個人事業主(フリーランス)で働く場合、お金が思っていた以上にかかります。

会社であれば、今までは健康保険など会社が半額負担、経費なども会社で負担してくれましたが、個人事業主(フリーランス)の場合は経費はすべて自分持ちです。

税金もびっくりするくらい取られます。

個人事業主(フリーランス)の場合、サラリーマン時に稼いでいた給料の3倍稼ぐくらいが良いと言われてます。

そのため何にお金をかけて何にお金をかけないのか、お金にシビアになる必要があります。

 

デメリット3.収入が不安定

会社で働いている場合、月々の固定の給料が入ってくるので安心感はあります。

ただ個人事業主(フリーランス)の場合は、完全歩合制なので結果が出なければ収入はありません。

0になる時だってあります。

ある程度稼いでいても収入がある日突然急になくなることもあります。

今ウイルスの影響で、カフェとかお店を経営してる場合は大打撃を受けてると思います。

ブロガーとかユーチューバーも、広告費が削られてきてるのでかなり大変ですね。

収入が不安定なので、常に不安と隣り合わせでいる必要があります。

収入が不安定でも耐えられるかが、個人事業主(フリーランス)になる境目かなと思いますね。

 

まとめ

個人事業主(フリーランス)で働くメリットとデメリットを紹介しました。

個人事業主(フリーランス)で働くのも、会社に属して働くのもどちらもメリットデメリットがあります。

僕自身はどちらが良い悪いとは思ってません。

どちらも良い側面、悪い側面はあるので、知った上でご自身に合った働き方を選んでいただきたいと思っています。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。読んでくれてありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

COMMENT