行ってよかったアジアにある世界遺産のおすすめ遺跡群4選

今までアジアを周遊してきましたが、どこの国にも素敵な遺跡がありました。

これから遺跡を見て回りたいと思っている方も多いはず!

そこで今回は、僕が行ってよかったアジアにある世界遺産のおすすめの遺跡群を4つ紹介します。

 

1.アンコールワット遺跡群

やはり外せないのはカンボジアのシェムリアップにあるアンコールワット。

ヒンドゥー教の建築寺院で、1992年に世界遺産に登録されています。

2度行きましたが圧巻でした。

シェムリアップには、アンコールワット以外にもたくさんの遺跡群があるので、時間に余裕を持って行くのがおすすめ。

 

2.アユタヤ遺跡

続いておすすめしたいのが、タイのバンコクから1時間30分ほど離れた場所にあるアユタヤ遺跡。

ビルマ軍の攻撃で破壊されてしまいましたが、見所はたくさんあります。

1991年にユネスコの世界遺産に登録済み。

バンコクに行くならアユタヤも一度は見ておきたい場所。

 

3.ボロブドゥール遺跡


次に紹介するのは、インドネシアのジョグジャカルタにあるボロブドゥール遺跡。

世界最大級の仏教寺院で、1991年に世界遺産に登録されています。

ボロブドゥール遺跡は約10年前に行ったので、ひどい写真しか残っていません泣。

そのためボロブドゥール遺跡の写真だけ無料素材を利用しています。

近くに有名なブランバナン寺院もあるので、ジョグジャカルタに行ったなら併せて見ておくのがおすすめ。

 

4.ミーソン遺跡

最後に紹介するのはベトナムの中部にあるミーソン遺跡。

1999年に世界遺産に登録されました。

6世紀から13世紀頃まで栄えた王国の遺産を見ることができます。

ダナンやホイアンの街からツアーで行くのがおすすめ。

 

アジアには歴史を感じる遺跡群がたくさん!

どの遺跡も圧巻ですごく楽しめました。

遺跡群を見て回ることで、その国の歴史を知ることができます。

是非ご自身の目で見て回って、肌でその力を感じてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします



この記事を皆にシェアしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です