HSP

HSPは自分が我慢すればいいと思わなくてもいい|自己犠牲をやめて幸せになろう

こんにちは、HSPブロガーのカズッシー(@kazussyhsp)です。

今回は、HSPさんは自分が我慢すればいいと思わなくてもいいというテーマでお話ししたいと思います。

 

HSPさんは自分が我慢すればいいと自分を犠牲にしてしまいがち

HSPさんは嫌われたくない気持ちを強いので、相手と意見が食い違った場合に自分が我慢すればいいと思ってしまいやすいです。

HSPさんは自己肯定感が低いので、自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先してしまう方は多いです。

たとえ相手の方に明らかに非があっても、自分が耐えればいいんだと自分の想いを飲み込んでしまっている人は多いんじゃないでしょうか?

 

自分が我慢し続けているとある日感情が爆発してしまう

最初のうちはいいかもしれませんが、その状態がずっと続いてしまうと、相手の言いなりになってしまいます。

ストレスも積み重なり、ある日急に感情が爆発して止められなくなってしまうんですよね。

相手に対しても怒りが込み上げてきて、取り返しがつかないことにもなりかねません。

ストレスで夜眠れなくなったりと精神的にも参ってしまいます。

世の中にはいい人ばかりではなく、自己犠牲の精神を持ち続けている人から徹底的に搾取してやろうと思っている人も中にはいます。

僕は心優しいHSPさんに、そういう人のターゲットに欲しくなってありません。

 

その都度自分の気持ちを伝えていくことでストレスはかなり減る

自分の気持ちをこれ以上抑え込まないためにも、やって欲しいことがあればやって欲しいとお願いするようにしましょう。

何か頼まれた時も、「じゃあ今回は私がやるから次はあなたがお願いね」と言えば、そこまで相手を傷つけることもありません。

もし「なんで俺がやらないといけないんだよ」みたいな言われたら、私はずっとやってきて辛いと冷静に言えば、大抵の方はわかってくれるはずです。

もしわかってくれないのであれば、その人とは少し距離をとったほうがいいと思います。

 

HSPさんは今日から自己犠牲をやめよう|幸せになってもいい

HSPさんは今までずっと自分の気持ちを犠牲にして我慢して生きてこられたと思うんですね。

でもこれからはずっと我慢し続けることはないです。

幸せになっちゃいけないなんて思わなくていいんです。

自分の気持ちを伝えて幸せになってもいいんですよ。

あなたのことを必要としてくれている人はきっといるはずなので、どうか自分の気持ちも大切にしてあげて欲しいと思います。