マラッカの路上で一人の画家と出逢い胸が熱くなった話

「ナガサキ、ナガサキ!!」

マラッカの街を歩いていると、路上で絵を売っていたじいさんが声をかけてきた。

「また客引きかよ」と思いその場を離れようとすると、「タダでやるよ」と世界中の言葉で『世界平和』と書かれた紙をくれた。

 

「俺は世界が平和になることを願ってるんだ」

そう言いながら、その紙だけでなくじいさんが描いたと思われる小さな絵もサインしてタダで譲ってくれた。

 

今まで外国で声をかけてくる人といえば客引きくらいしかいなかったから、今回もそうだろうと決めつけてしまっていた自分がいた。

出逢うことについて、どこか臆病になっていたのかもしれない。

それまでじいさんを疑っていた自分が恥ずかしくなった。

いろんな人がいるけど、世界には思っている以上に素敵な人がたくさんいる。

じいさんありがとう。

あんたは世界一カッコ良いよ。

自分の気持ちを先ずストレートに伝える。

このじいさんみたいに、誰かのために先ず自分から動ける人でありたいと思った。

一度は行きたいマラッカのおすすめ観光場所と格安で泊まれるホテル宿

2017.08.12

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします