ワンオク

【ネタばれ】2017年ワンオクライブ埼玉スーパーアリーナのセトリ感想MCあり

「今まで行ったワンオクのライブの中でベスト3に入る神ライブ」

他の人が神ライブと言っているかどうか分かりませんが、僕の中では今まで行ったライブの中でも特によかったライブです。

しかもオープニングアクトが昔から大好きなFall Out Boy!!!

そんなライブの感想を書かないわけにはいかない!

今ライブが終わった勢いで書いています(笑)

今回は、ネタばれありで2017年3月26日(日曜日)に行われたワンオクAmbitionsライブツアー埼玉スーパーアリーナ(たまアリ)のセットリストの感想を書いていきます。

※この記事は、ライブの内容を完全レポしたものではなく、僕がセットリストの感想を一曲一曲書いたのものです。思い出しながら書いているので、実際と多少の差異はあるかもしれませんがご了承ください。曲の順番はあってます。

【2017年6月追記】
WOWWOWで今回のツアー内容が放送されたので、MC部分はWOWWOWを見ながら追記しています。

 

3/26(日)ワンオクたまアリのセットリスト

以下が埼玉スーパーアリーナのセットリスト

1.Ambitions – Introduction –
2.Bombs away
3.ONION!
4.Deeper Deeper
5.Taking Off
6.20/20
7.Cry out
8.Clock Strikes
9.Bedroom Warfare
10.69
11.Always coming back
12.Wherever you are
13.Listen
14.Bon Voyage
15.Start Again
16.I was King
17.Take what you want
18.The Beginning
19.Mighty Long Fall
20.We are

【アンコール】
21.One Way Ticket
22.完全感覚dreamer

 

ワンオクの埼玉スーパーアリーナライブセトリの感想

それではこれからワンオクのセトリの感想を一曲ずつ書いていきます。

※座席はスタンドの後ろの方で全体を見回してました。

1.Ambitions – Introduction –

イントロが始まりメンバーがスモークの中から出てくる。

もうこの瞬間からテンションマックス!!!

 

2.Bombs away

Ambitionsの歌入りで一番初めに入っている曲。

予想では一発目はWe areでくるんじゃないかと思っていたんですが見事に外れる。

ワンオクのアルバムの一曲目はどれもテンションが上がります。

1曲目からTakaが「歌え!!!」「足りねえんだよーお前ら!!!」の煽りが来てテンションだだ上がりました。

 

3.ONION!

「まだまだ行くぞお前らー!!」

の掛け声から2曲目はまさかのONION!(笑)

僕が一番好きなワンオクのアルバム「人生×僕=」に入っている曲です。

ONION!が歌われると思ってなかったので嬉しかったです。

「お前らそんなもんじゃねえだろ、もっともっと見せてくれよ!!!」

「今日はよろしく!!!」

ONION!でも煽り炸裂!

 

4.Deeper Deeper

「ヴゥァァァァァァァァ!!!!!」

イントロが流れた瞬間直ぐに分かりました。ライブには欠かせない曲であり大好きな曲。

この曲のパワーは半端ないです。

ここ最近のライブでは毎回やってくれるのが嬉しい。

Deeper DeeperでのTakaの煽りは以下。

「その通り!!」

「もういっちょ」

「全員で頭振るすがた俺らに見せてくれよな」

 

5.Taking Off

Taka「どうもこんばんは俺たちがONE OK ROCKです!!お前ら調子はどうなんだよ準備はいいか埼玉!もっと聞かせてくれよ待ちに待った埼玉スーパーアリーナ2日目どうなんだよ。最後までその調子でぶっ飛ばしていくんでよろしくお願いします!」

と前置きからのTaking Off。

小栗旬主演の映画「ミュージアム」の主題歌になった曲。

Takaの煽りも徐々に力を増してくる。

2016年の渚園で聞いてカッコイイなと思っていて、聴くたびに中毒になる曲です。

 

6.20/20

Ambitionsの曲の中でかなり好きな曲。

Toruと背中合わせで歌い出す。

カッコイイな〜と思っていたら、TakaがToruの股間を舐め回すように見だす(笑)

女性ファンの方は悶絶してました。この2人の絡みは毎回面白い。

TakaとToruの絡みについては以下の記事で書いています。

[kanren postid=”3926″]

 

7.Cry out

Taka「みなさんを今日は歌で殺しにきました。最後までよろしくお願いします。The next song is Cry out」。

イントロがなると鳥肌が立つ曲。

今回は英語Verで歌ってました。

Taka「声出せ埼玉ー!!!」

アリーナの人たちが、サークルを作って楽しんでみるのを見るとめっちゃ入りたくなる曲。

Toruのシャウトも好き。

 

〜MC〜

Toru「埼玉楽しんでるか〜調子はどうやねん!2年ぶりに帰ってきました。埼玉スーパーアリーナですよ。今日2万人きてくれています。めちゃくちゃ最高の夜になるんじゃないでしょうか?前回2年前ライブ終わった後救急車で運ばれたけど、今日はそんなことにならへんから。今日は一人ずつめちゃくちゃにして行くんでよろしく」

Ryota「埼玉元気か〜!!いっぱいいてんな。めちゃくちゃ楽しい!最後までよろしくね!」

Tomoya「埼玉〜!めっちゃ元気やねほんまありがとう!!俺らほんまにガチで行くからお前らもガチで来いよな!最後までよろしく!!」

Taka「お前ら思いの外見えてるからな。油断すんなよ。埼玉スーパーアリーナ最終日です。まあ僕らこのツアーとって楽しみにしていましたが、僕は関東出身なんで、関東地区はかなり楽しみにしていました。3階も2階もスタンディングも全員いけますね。大丈夫ですか?カメラも入ってるからな。ワンオクロックの凄さとワンオクロッカーの凄さ今日はどちらも見せて帰りたいと思います。最後までよろしくお願いします!!」

 

8.Clock Strikes

この曲も名曲。

皆でする合唱が気持ち良い。

Taka「お前ら歌えるか〜、でっかい声で歌うぞ〜!!」「聞こえねえぞ埼玉」

 

9.Bedroom Warfare

Taka「上げた手はそのままで埼玉。体揺らしてこうぜいいか!」

PVで男女がひたすら踊っているのが印象的な曲。

聴くたびにじわじわ好きになってきています。

 

10.69

これもまさかの選曲。

Taka「最近ワンオクロックが好きになったやつ。ちょっと前からワンオクロックが好きになやつ。ずっと前からワンオクロックが好きなやつ。いろんなやつが今日この会場にきてると思うけどさ、最近好きになり始めたやつに物申したいと思います。ワンオクロックがどういうバンドで、どういうツアーをやってて、そしてどんな風に生きてるか。メロディじゃなくて言葉で説明します。耳かっぽじってよく聞けよ!」

CDと違い、語りが早口な気がしました。

最後に、「自分の愛する人はメンバー、スタッフと、友達と、当たり前だろここにいるお前らだ!!!」

と言ってくれたことに感動。

 

11.Always coming back

2016年ドコモのCMソングで使われていた曲。

昨年はこの曲好きでめっちゃ聴いてました。

あれから1年経つのが早いですね。

〜MC〜
今回はファンとメンバーの距離を近づけるために長めにMC。2年前に埼玉スーパーアリーナでのライブ後Toruが救急車で運ばれた時の話などをする。

 

12.Wherever you are

中央にきてTomoyaがTakaにツアーの2週間前に無茶振りされてやれと言われたピアノを披露。

ピアノバージョンのWherever you areも最高でした。

 

13.Listen

アヴリルラヴィーンとのコラボ曲。

ベースのRyotaとアヴリルの妹が最近結婚したので、もしかしたらアヴリルきていないかなと探してみるもおらず。

 

14.Bon Voyage

Taka「さあ後半戦だ埼玉スーパーアリーナ。手上げろ〜。盛り上げていこうぜ〜!」

Ambitionsの中でアップテンポな曲。

カウントダウンで皆で一斉にジャンプ。

ライブではよりカッコよく仕上がってました。

 

15.Start Again

Taka「次はもっとでっかい声出してもらうぞ埼玉スーパーアリーナ!歌えよ!Start Again!!」

Bon Voyageの盛り上がった勢いのまま突入。

皆でWoWo言って声を枯らす。

Taka「最高だな」で終わり。

 

16.I was King

Taka「拳突き上げろ埼玉。声高らかに、俺らと一緒に歌ってくれいいか。」

重めの曲。歌詞が切ない。

流れていた映像を見入ってしまいました。

Taka「もっと大きな声で歌ってくれ埼玉!」

 

〜MC〜

「今まで10年ワンオクロックをやってきました。ただこの先10年も同じことをやるかと言われればNoです。なので、ワンオクロックがいなければ生きていけないといったような、そんな悲しいことは言わないでください。辛いことがあった時は、いつでも僕らのライブに遊びに来てください。ただ一方的にではなく、こうやって全力でやっている姿を見て、全力で何かを一緒にやっていく存在でいてほしい。僕らはアイドルでもボーイズグループでもありません。ロックバンドです。そのことだけは忘れないでください今僕の言っていることが分からない人もいると思います。それでもいいんです。いつかこの言葉が分かる日が来ることを信じて、これからも全力でやってきます!」

 

17.Take what you want

5 Seconds of Summerとのコラボ曲。

今回コラボ曲を歌うとは思ってなかったのでびっくり。

正直ライブまではそれほど聞いてなかったんですが、今回のライブの演奏でかなり好きになりました。

「美しい声をありがとう」というTaka。

あなたの声が美しいです!

 

18.The Beginning

Taka「お前らまだまだいけるよな。ここからラストスパート。必死でいくけど、ついてきてくれますか埼玉スーパーアリーナ!俺らもこっからさらにテンション上げていきたいと思います。行きますか埼玉!!this next called, the beginning!!埼玉スーパーアリーナかかってこいよ!!」

この曲もイントロで分かりますね。

なんどこの曲に助けられたことか。

僕がワンオクをハマるきっかけになった大好きな曲。

ヘドハンしまくりです。

Takaの最後のいっちゃってる目がたまらん。

次の曲にいく前に倒れている人がいてTakaが、

「お前ら大丈夫なのかー。立ち上がれ。頑張れ立ち上がれ。お前らがOK出すまで次行かねえから。ちゃんと立て。いけんのか?いけねえのかどっちだ?いけんだな。お前らいけんだな。いっていいんだな!!」

といってファンを気遣う。さすがTaka。

「The next song Mighty Fucking Long Fall!!!」

 

19.Mighty Long Fall

The Beginning続いてMighty Long Fall。

Taka「さあかかって来いよ埼玉ー!!!」

昨年の渚園ライブの時と同じ流れですね。

Taka「分かれろ、埼玉スーパーアリーナ。分かれろー!!!!!いくぞ、3・2・1Let`s get the fuck up!!!」

「Let`s get fucking down!!!」

この時のTakaの狂気じみた力のこもった歌い方が今も目に焼き付いています。

ライブ映えがハンパない曲。この曲の凄さをワンオクのライブに来て感じてほしい。

 

20.We are

Taka「お前ら最高だよありがとな!でも次の曲で最後です。次の曲は僕らが18歳のために書いた曲です。きっとこの会場にも18歳の子、いると思います。そしてそれよりも上、下いろんな人たちが今日ここにきていると思うけどさ。俺らは18歳の子のためだけに作って、奴らと作って演奏した時に、奴らからすごくいろんなことを教わりました。それと同時に果たして、今あいつらが抱えてる絶望や希望や不安やそういった類のポジティブもネガティブも全部ひっくるめたキラキラした感情。自分たちも持ってるかなと自分たちに自問自答しました。自問自答した結果はNoでした。もう俺らにはない。あんなキラキラ輝いているものは。本当に絶望と、本当の不安を同時に持ってないと。僕らみたいに、もうもはや満足の片足半分突っ込んだ人には訪れません。でも、俺は彼らと演奏した時に一個気づきました。こいつらがこれから日本の未来を引っ張ってく。でも、その前に俺らにまず日本の未来を引っ張らせてもらえなきゃ困るんで、だから、年齢はさほど変わらないかもしれないけど、でもやらなきゃいけないことは俺らにはまだまだあるわけで、それは俺らはこのバンドでもってできることを一個一個やっていきたいと強くそう思いました。彼らが、俺らがもっとじじいになった時、すごくいろんな感覚をもってきっとこの日本中に散りばめられた18歳の子たちがきっと何かやらかしてくれると今日は僕も信じています。そう信じて歌っています。同じように18歳のころ僕らは、いつか自分たちが何か変えられると、いつかこの腐った音楽業界を超えてやると、そしてロックがまた再びこの日本に戻ってくることを、いや、日本のバンドがいつか世界を制するかもしれない、そんな現実を突きつけてやろうと俺らは誓いました。まだ何も叶っちゃいないかもしれない。でも俺らは諦めない。その強い気持ちをもって次の曲を歌いたいと思います。今日この会場に来ている18歳よりも上。俺はもう歳だから。そんなような言葉を酔っ払って吐くようなやつに、次の曲を、贈ります。ワンオクロックのライブにきたってことは、そんな感情じゃないものをちゃんと持って熱い感情をもってきてることはわかってます。次の曲頼むから一緒に歌ってくれよないいか埼玉!The next is called Yes!We are!!!」

そしてラストはNHKの18祭(フェス)で披露された、18歳の熱い思いを受けた曲です。

皆で合唱。Takaの全力で歌う姿に心が突き動かされました。

Taka「他の誰かになりたいとか、そんなくだらないこと絶対思うなよ。お前らはお前ら自身でしかないからな。誰かのせいにして自分の夢から逃げるな。自分をよく見ろ。不安を飼い馴らせ。いいかお前らにできることはたくさんある。今自分の胸に手を当ててよく考えてみろ。一番したいことはなんなのか。それがきっと明日から皆にはできるはずです。よろしくお願いします!」

Taka「ありがとう。僕たちがワンオクロックでした。また会いましょう!さよなら!!!」
ここで本編は終了。

 

【アンコール】

今回のアンコールは2曲。

21.One Way Ticket

スローテンポで大好きな曲。本編が終わった時点でもうやらないだろうなと思っていたのですごく嬉しかった。

最初ゆっくり入って、最後はバンド演奏。

 

22.完全感覚dreamer

最後の最後に歌ってくれた大好きな曲。

もうこの曲の力がヤバイですね。

友達と一緒に大盛り上がり。最高のラストでした。

 

まとめ

今回のライブはセトリも良かったですが、それ以上にMCが良かったです。

今のワンオクが思っていることを、TAKAが正直に言ってくれたのが嬉しかったし胸に突き刺さりました。

こんなに熱い気持ちを持ったバンドは他にないんじゃないかと思うくらい。

これからもワンオクを聞きながら一緒に走り続けたいと思わせてくれるライブでした。

本当に行けて良かった!

それでは長い文章を最後まで読んでくれてありがとうございました!

COMMENT