【セトリ】2018年ワンオクライブ名古屋ドーム公演セットリストの感想

ワンオクライブの東京ドームライブ公演にニアミスで行けず。

この一週間と少し、悔しくて悔しくて震えてました。

そして2018年4月14日、名古屋ドームライブ公演の当日券にまさかの当選!!

4月14日の13時に当選発表があり、すぐにローソンに行きチケットを発券。

その後新幹線に乗り東京から名古屋までやってきました!

物販の列がすごい。

 

そしてワンオクのライブを見終わった感想ですが、ほんと最高でしたね。

はるばる東京から名古屋まで行ってよかったです^^

それでは早速、2018年4月14日と15日に行われたワンオクライブ名古屋ドーム公演セットリストを紹介したいと思います。

 

2018年ワンオク名古屋ドームライブのセトリ

以下2018年4月14日と15日に行われたワンオクライブ名古屋ドーム公演のセトリです。

1.Taking Off
2.未完成交響曲
3.キミシダイ列車
4.Cry out(English ver)
5.The Way Back
6.Bedroom Warfare
7.Clock Strikes
8.One Way Ticket
9.内秘心書(アコースティックver)
10.Wherever you are
11.Last Dance(アコースティックver)
12.Deeper Deeper
13.I was King
14.Take what you want
15.The Beginning
16.Mighty Long Fall(English ver)
17.Nobody’s home

【アンコール】
18.Change
19.完全感覚Dreamer
20.We are




 

大阪の京セラドーム公演とのセトリの違いは?

大阪の京セラドームとナゴヤドームのセトリの違いは、大阪の京セラドームではThe BeginningとMighty Long Fallの間に「Start Again」が入っていたことです。

それ以外は同じっぽい。

名古屋曲数減ってるやん泣。

 

東京ドーム公演とのセトリの違いは?

東京ドーム公演初日は「努努」をアコギバージョンで少しだけ歌ったみたい。

努努めっちゃ好きなんで聴きたかったっ!!

後東京ドーム公演は昨年の会場限定販売CD曲の「Skyfall」を歌ったそうです。

ちなみに2018年5月26日にWOWOWでワンオクの東京ドーム公演ライブが放送されます。

 

福岡ヤフオクドーム公演とのセトリの違いは?

福岡ヤフオクドーム公演のセトリをみましたが、21日・22日ともにナゴヤドームと同じでした。

 

ワンオクライブ名古屋ドーム公演4月14日のセトリの感想

今回のライブでは、入場時に光るリストバンドを渡されるのでそれを着けてライブに参加します。

 

スイッチをONにしておけば、特定の曲になると自動で光ります。

ライブ後は持って帰ったりせずにちゃんと返却しましょう。

それではこれからワンオクライブ名古屋ドーム公演のセトリの感想を書いていきます。

最初の方で、「未完成交響曲」「キミシダイ列車」をやってくれたのは本当に嬉しい。英語の曲も良いですが、日本語の曲を聞くと言葉が沁みますね。

あと「The Way Back」「Last Dance」は、日本で発売されたアルバムには入っていないので、今回演奏してくれて感激しました。

「Last Dance」はタカが一人でアコギを弾きながら演奏してくれたんですが、原曲とは少し違ったテイストで良かったです。

そしてなんと言ってもデビューシングルの「内秘心書」ですよ。今までライブで聴いたことがなかったんでテンションが上がりましたね。

ライブで鉄板の「The Beginning」「Mighty Long Fall」。このセットは最強ですね。今回Mighty Long Fallはenglish verでした。スタンド席からアリーナ席を見ていたんですが、ほぼ全員が揃ってヘドハンしていた光景は今も目に焼き付いています。

そしてそして、アンコール前ラストの曲、「Nobody’s home」

「歌詞を読むと悲しいけど、今はもう悲しくないから皆歌ってね!」

とタカが歌う前に言ってくれたので一緒に歌ったけれど、やっぱりこの曲聴くと泣きそうになるわ。

アンコール一発目は新曲「Change」、その後「完全感覚Dreamer」「We are」

最後の最後まで楽しめました。

今回はMCも長くて、完全感覚Dreamerの誕生秘話を聞くことができたり、トオルがタカに最近テレビを賑わせている女性関係の話を振ったりとかなり面白かったです。

あとアレクの名前が出たのは衝撃でした。

リョウタは頭にタオルを巻いて気合い入ってましたし、トモヤはタカが楽しそうにしているのを見てほっこりしてたのが印象的でした^^

 

完全感覚Dreamerの誕生秘話

タカがMCで、完全感覚Dreamerが生まれた瞬間の話をしてくれたのでシェアします。

ワンオクが活動中止中、タカが三軒茶屋の家で曲を作っていた時に、友達から「お前は大変だな」と言われる。

「俺は感覚でやるしかないから」って言った時に、「感覚」って言葉がずっと引っかかってたんだそう。

メロディができて、その友達にイントロを聞かせたら良いねって言われる。

タカが「俺は完全に感覚で作っているから」。

「完全に感覚・・・完全感覚。めっちゃいいやん。これもう完全感覚Dreamerじゃね。」

っていう感じで曲ができたそうです。

ちなみにその時の友達は仲良くなかったみたいで今何しているか知らないんだそう。

この流れからトオルが「その友達は女性?」みたいな感じで今噂になってる浅田舞の話をぶっこんでました(笑)

 

モッシュやサークルは今後ないの?

今回のドームツアーでは、アリーナ席にも椅子が設置されていたので、モッシュやサークルはありませんでした。

アリーナツアー時にトラブルがあり一時期モッシュやサークルが禁止になりましたね。

ワンオクライブでサークルやモッシュが禁止になって思うこと

2017.04.24

 

今後どうなるかわかりませんが、タカがMCで「今回は記念でドーム公演をしたけれど、本来のワンオクのライブはエネルギーをぶつけ合いたいと思ってる」と言っていたので、次回以降のライブの動向に注目です。




 

こちらこそワンオクにありがとうと言いたい

なにわともあれ今回のドーム公演ライブに参加できて本当に良かった。

「今回のドームツアーはありがとうツアーと言っていいくらいありがとうと言っている」

と言っていました。

逆に言わせてください。

「こちらこそいつもありがとう」と。

これからもワンオクを応援していこうと思いました!

福岡行かれる方も楽しんできてください(^^)/

僕と同じくナゴヤドームのライブに行った人の感想だったり、「大阪や東京のライブこんなんだったよー」という方がいらっしゃればコメントいただけると嬉しいです^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします