【セトリ】2018年ワンオクのオーケストラライブ埼玉スーパーアリーナのセットリストと感想

2018年10月20日土曜日からワンオク初のフルオーケストラライブが始まりました。

僕は10月21日2日目日曜日のライブに行ってきましたが、結論から言って最高です!

神セトリでした。いつも神セトリと言ってますが、今回は本当に神セトリです。

それでは早速2018年10月21日日曜日に行われたワンオクの埼玉スーパーアリーナ・オーケストラライブのセットリスト(セトリ)を紹介します。

 

ワンオクの埼玉スーパーアリーナ・オーケストラライブ2018年10月21日日曜日のセトリ

以下ワンオクの埼玉スーパーアリーナ・オーケストラライブの2018年10月21日日曜日のセトリです。

1.Change
2.Ending Story??
3.欠落オートメーション
〜MC〜TAKAドSの話
4.Cry out
5.Decision
6.アンサイズクリア
〜MC〜
7.欲望に満ちた青年団
8.カゲロウ
9.Yes I am
10.One Way Ticket
11.Pierce
12.Inst
13.新曲(Stand up feeling)
14.I was King
15.The Beginning
16.Mighty Long Fall
17.Fight the night
【アンコール】
18.We are
19.完全感覚Dreamer

 

ワンオクライブのセトリ一曲ずつの感想とMC

今回は全員スーツ姿で登場。

まずこれがめちゃくちゃかっこいい。周りの女子は悶絶してました。

1.Change

一曲目はChange。

最後か一番初めにやるんじゃないかと思ってたんですが、やはりやりましたね。

最初はそれほど好きじゃなかったんですが、最近じわじわ好きになってきました。

 

2.Ending Story??

はいきましたよこれ。

「人生×僕」に収録されている曲なんですが、個人的に大好きな曲。

毎朝家を出るときに聴いてテンション上げてる曲です。

一番ライブで聞きたかった曲。

オーケストラの演奏とマッチして、より重厚感が出ていましたね。

もうこの曲だけで元は取れたと感じました。

 

3.欠落オートメーション

またきましたよ。僕の大好きな曲の欠落オートメーション。

The Beginningのカップリング曲。

暗い感じが良いんですよね。

夜マラソンするときによく聴いてます。

35xxxvのライブで演奏したので、今回はやらないと思ってたんですが、やってくれてすごく嬉しい。

この曲知らない人はぜひ聴いてほしい。救われます。

 

〜MC〜

ここでMC。メンバー全員が挨拶。

今回はスーツ姿ということで、普段より姿勢がよく雰囲気が違うと談笑。

TAKAが、

「俺らのスーツ姿に皆キュンキュンしてるんじゃないの」

とドS満開でした。Takaじゃないと言えないですね(笑)

「1日目は皆の希望に少しだけ応えたけど、2日目は全部応えるんでよろしくね!今日は昔の曲から新しい曲までやります!」

みたいなことを言っててさらにワクワク感が増しました。

 

4.Cry out

MCの流れからCry out。

もうイントロ流れるだけでノックアウト。

Toruのシャウトが好きです。

今回は2階席からみてたんですが、アリーナはサークルが出来上がってました。

この曲にはサークルが必要です。

 

5.Decision

そしてそして、まさかのDecision。

この曲も大好きでほぼ毎日聴いてます。

なんでこんなに好きな曲ばっかりやってくれるんだ。

もしかしたら今回は俺のためのセトリなのかとここで確信。

もうすでに大満足。

 

6.アンサイズクリア

6曲目はまさかのアンサイズクリア。

アンサイズニアはライブでよくやるんですが、アンサイズクリアはライブで初めて聴いたんですが、今回のオーケストラライブにぴったりでしたね。

 

7.欲望に満ちた青年団

ここからは3曲続けて昔の曲。

欲望に満ちた青年団を聴くと、これまた神セトリだった横浜スタジアムのライブを思い出します。

 

8.カゲロウ

カゲロウは初期の頃のボップなバラード。

渚園で演奏してくれたあたりからめっちゃ好きになりました。

今回のライブでもやってくれてすごく嬉しい。

 

9.Yes I am

Yes I amも初期の頃の曲で大好きな曲。

この頃のワンオクのストレートな感じの曲も好き。

曲が終わってからTAKAが、昔の曲はJPOPな感じで改めて聴くと新鮮だと言ってました。

昔の曲はオーケストラと合うけど、海外でレコーディングした曲は合わせるのが難しいとも言ってました。

 

10.One Way Ticket

One Way Ticket。ambitionsに入ってる曲。

個人的にambitionsはそこまで入り込めなかったんですが、この曲はかなり好き。

 

11.Pierce

はい、来ました。バラードの名曲Pierce。

カラオケで歌いたくなる曲。

残響リファレンスツアーでTAKAがピアノを弾きながら歌っていたのが印象的。

今回はピアノなしでの演奏でしたが、オーケストラの演奏とマッチしてましたね。

 

12.Inst

個人的に物凄く良かったのがInst。

普段のライブで演奏されるInstも好きなんですが、今回はオーケストラが入ることにより、より重厚感が増してました。

久しぶりに鳥肌が立ちましたね。

 

13.新曲(Stand up feeling)

ここで新曲の(Stand up feeling)。

「新曲やります!まだ聴いたことがないと思うけど、それでも乗れる曲です。オーケストラとのスペシャルバージョンでどうぞ」とTAKAが言ってましたが、確かにリズミカルな感じで乗れる曲でした。

早くちゃんと聴きたい。

 

14.I was King

14曲目はI was King。

オーケストラの演奏とマッチしてました。

 

15.The Beginning

15曲目はThe Beginning。

この曲に何度助けられたことか。

ラストのサビでいつも泣きそうになります。

会場全員がヘドハンをしてたのが印象的。

 

16.Mighty Long Fall

そこからはおなじみの流れ、Mighty Long Fall。

この曲ほどライブ映えする曲はないですね。

ライブ盤のCD出して欲しいくらい。

ラストのシャウトも大好きです。

 

17.Fight the night

本編最後の曲はFight the night。

「今年日本での演奏では最後です。ファンたちが一番大切なので、来年また絶対皆に会える機会を作ることを約束します。最後の曲は今の自分たちにぴったりの曲をやります」

と言って演奏してくれました。

じわじわ心に響いてくる曲。

最後Tomoyaが一人でドラムを叩き続ける姿が最高でした。

 

18.We are

アンコール一曲目はWe are。

この曲も絶対やるだろうなと思ってました。

ambitionsのアルバムの中で特に好きな曲。

 

19.完全感覚Dreamer

「最後にもう一曲だけやらせてください。もうライブでやるのは正直飽きて来たんですが、それでもやります!」

と言って演奏してくれました。

やっぱりワンオクは、皆が演奏してくれたら喜ぶ曲を分かってくれてますね。

大満足でライブが終了。

 

ワンオクのライブが終わって思うこと

オーケストラライブだから終始座って鑑賞かと思いましたが、まさかサークルやヘドハンなど普通のライブとあんまり変わらなかったですね。

何より総勢53名のオーケストラの方々の演奏が素晴らしい!!

普段の曲とは違った雰囲気を味わえました^^

後セトリが本当に神。普段ヘビロテで聴いてる曲ばっかりで本当に最高でした。

一言で言うと、ベスト盤的ライブでしたね。

僕はミスチルも好きなんですが、ミスチルのサポートメンバーだった四家卯大さんが、オーケストラのリーダーをやっていたのは驚いたと同時に嬉しかったです。

今回オーケストラの演奏と合わせるのが本当に大変だったみたいで、全体の曲の流れが決まったのは本番開催の数日前だったそうです。

とにかくこのオーケストラライブは是非DNDかブルーレイ、WOWOWかなんでもいいので映像化して欲しいですね。

日本では今年最後のライブと言っていて少し寂しくなりましたが、またワンオクのライブに行けるように日々頑張ろうと思います。

大阪行かれる方は、思いっきり楽しんでくださいね^^

 

2019年にワンオクの新アルバムが発売される!

2018年10月30日の大阪城ホールのライブで言ってたらしいんですが、2019年にアルバムが出るみたいです!!!

久しぶりのアルバムめちゃくちゃ楽しみです^^

それまでまた日常を頑張りたいと思います!

それでは最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

View this post on Instagram

 

@julenphoto

Takaさん(@10969taka)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

明日はまた違う景色を、、、。 @julenphoto

Takaさん(@10969taka)がシェアした投稿 –

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします