海外

海外で使えるフリーWi-Fi・ポケットWi-Fi・SIMカードのメリットデメリットを徹底比較!

こんにちは、カズッシー(@kazussy10)です。

海外旅行に行くときにネットを使いたい人は多いと思います。

ネットが使えると、いきたい場所や情報をすぐに調べられるので、安心感が全然違います。

海外でネットを簡単に利用する方法は大きく分けて3つあります。

  1. フリーWi-Fiを使う
  2. 海外ポケットWi-Fiルーターを使う
  3. 現地のSIMカードを使う

ただそれぞれメリットはもちろんデメリットもあります。

そこで今回は、これから初めて海外旅行に行こうと思われている方のために、フリーWi-Fi、ポケットWi-Fiルーター、現地SIMカードのそれぞれの特徴を紹介したいと思います!

良かったら参考にしてください^^

 

まずはデータローミングをオフにしよう!

海外でネットを利用する前にまずやっておきたいことがあります。

それはデータローミングをオフにすることです。

データローミングは、簡単に説明すると、自分が普段使っている電波が届かない場所に行った時に、現地の通信会社の電波を利用する仕組みのことです。

これね〜めっちゃ高いんですよ。

何も知らないで、日本でスマホを使う感覚で海外でネットを使ってしまうと、高額な料金を請求されてしまう可能性があります。

僕も昔データローミングをオンにしたまま海外で使ったことあるんですけど、数日間で7万くらい取られました。

ほぼmixiやってただけなんですけどね。

これから行かれる方はほんと気をつけてください。

iPhoneの場合は「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「データローミング」で「オフ」にすれば設定完了です。

Androidの方もググれば設定方法は出てくるので、必ずやっておいてください。

 

フリーWi-Fiを使うメリットとデメリット

それでは、まずは現地のフリーWi-Fiを使うメリットとデメリットを紹介していきます。

現地のフリーWi-Fiを使うメリット

  • 無料で使える
  • 設定が簡単

現地のフリーWi-Fiを使うメリットは、なんと言っても無料で使えることですね。

またネットワーク(SSID)名をクリックするだけで簡単に接続できます。

現地のフリーWi-Fiを使うデメリット

  • セキュリティ面が不安
  • Wi-Fiが飛んでる場所に利用が限られてしまう

デメリットはセキュリティ面が不安なことですね。

特にパスワードなしで接続できるものに関しては、スマホのデータを他の人に見られたりする恐れがあるので注意が必要です。

あとフリーWi-Fiが飛んでない場所は使えないので、移動中に調べ物したくてもできなかったりします。

なので僕もたまにフリーWi-Fiを使ったりしますが、個人的におすすめはしないです。

 

海外ポケットWi-Fiルーターを使うメリットとデメリット

続いて、海外ポケットWi-Fiルーターを使うメリットとデメリットを紹介します。

海外ポケットWi-Fiルーターを使うメリット

  • 空港着いてすぐに使える
  • セキュリティ面で安心できる
  • 複数人で使える
  • 定額なので使いすぎることもない
  • 電話やメールサポートがあるので不安なことをいつでも相談できる

海外ポケットWi-Fiルーターの魅力は、空港に着いたらすぐに使えることですね。

すぐにネットが使えるのは安心感があります。

あとはものによりますけど、1台の海外ポケットWi-Fiルーターに複数台接続できるので、家族や友達と一緒に行く時は便利です。

定額制だったりするので、必要以上に多く取られることもないです。

何かトラブルがあった場合でも、サポートセンターがあるから相談できるのは魅力ですね。

初めて海外旅行に行かれる方におすすめできます。

海外ポケットWi-Fiルーターを使うデメリット

  • 値段が高い
  • 荷物になる

海外ポケットWi-Fiルーターは現地SIMカードに比べると値段が高いですね。

使える容量を増やせばその分値段は上がりますし、オプションで補償パックとかをつけたりすると、それなりに値段はします。

あとは持ち歩かないといけないので、それも手間ですね。

海外ポケットWi-Fiルーターで有名なのは「イモトのWi-Fi」「グローバルWi-Fi」の2社です。

どっちを選ぶかですが、僕は正直どっちでも良いと思います。

僕は両方使ったことがあるんですけど、そんなに大差がなかった気がしますね。

超個人的な意見なんですけど、イモトが好きかそうでないかで選ぶので良いと思います。

イモトのWiFi 公式HP

グローバルWiFi 公式HP

現地のSIMカードを使うメリットとデメリット

それで最後に、現地のSIMカードを使うメリットとデメリットを紹介します。

ネットでも海外で使えるSIMカードが買えるみたいですが、僕はいつも空港に着いたらSIMカードを購入するようにしています。

理由はネットで買った場合は自分でSIMカードを設定しないといけないからです。

現地の空港で買えば、スマホを渡せば向こうの方が使えるように設定してくれるから楽なんですよね。

世界一周した時も、まずは空港でSIMカードを買うようにしてました。

空港には現地の通信会社が何社かあるんですが、僕は「都市名 SIMカード おすすめ」とかで調べて、一番大手のものか評判の良いものを買うようにしてます。

現地SIMカードを使うメリット

  • 値段が安い
  • 比較的どこでも繋がる

現地SIMカードを使うメリットは、やはり値段が安いのが魅力ですね。

容量もそれなりの大きかったりするので、テザリングしてパソコンで使って作業してたりしてます。

移動中でも使えるので、かなり助かってますね。

現地SIMカードを使うデメリット

  • SIMフリーのスマホでしか使えない
  • SIMロック解除手続きが必要

現地のSIMカードを使う場合は、SIMフリーのスマホでしか使えません。

事前に自分のスマホがSIMフリーなのか確認しておいてください。

あとドコモやau、ソフトバンクなどの通信会社でスマホを購入している場合は、SIMロック解除手続きが必要になります。

例えば、ドコモでSIMフリーのスマホを買った場合でも、SIMロック解除手続きをしてなければ海外のSIMカードが使えないんですよ。

僕はドコモで契約してるんですけど、以前スマホを買い換えたタイミングで海外に行ってSIMカードを買ったら、SIMロック解除手続きを忘れてて使えませんって言われたことがあります。

その時はその場で30分くらいかけて解除したんですけど、まあ焦りました。

SIMロック解除手続きをするには一定の条件が必要だったりするので、必ず事前に自分が使ってる通信会社のHPを確認するようにしてください。

 

自分の旅行プランにあった方法でネットを使おう

今回ご紹介した方法は、それぞれメリットとデメリットはあります。

自分の旅行プランにあった方法で、ネットを使いながら海外旅行を楽しんでもらえればと思います。

あと読者さんに教えてもらったんですが、「どんなときもWiFi」であれば日本でも海外でも利用ができるので、日本でもWi-fiを利用したい方は使ってみるのがおすすめです。

動画でも説明しているので、良かったら見ていてだけると嬉しいです^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします