ギリシャのラフィーナ港からミコノス島までフェリーで行ってきた

※世界一周92日目

昨日イタリアのローマからギリシャのラフィーナ港までやってきました。

アテネ国際空港からラフィーナ港へのバスでの行き方や料金

2017.10.07

その理由はミコノス島に行くためです。

前もってダイレクトフェリーズというサイトで妻がチケットを予約してくれる。

料金は1人29ユーロ。

船の出発は朝7時50分と早いので、ラフィーナ港にあるお店で前日にチケットを発券しておく。

 

発券手数料で2ユーロ取られました•••。

ラフィーナ港は小さくてとてものどか。

 

旅疲れしていたのでこれは癒されます(^ω^)

宿もラフィーナ港から徒歩10分のところに宿泊。

Rafina K-Apartment」というラフィーナ港から徒歩10分のところにあるアパートメントタイプのホテルですが、すごく居心地が良かったです。

翌朝6時40分頃に宿を出てラフィーナ港へ。

外はまだ薄暗く月が綺麗でした。

 

ラフィーナ港もすごく綺麗。

 

中高生くらいキラキラしてました。

こちらが今回乗るゴールデンスターフェリーズ。

 

ライトがめっちゃ綺麗。

朝日も見られてちょっと泣きそうになりました。

 

こんな朝日を見られるなんて幸先良い!!

ただ僕自身は前日風邪ひいてマスクですが(苦笑)

体調管理は大事です。

そしていよいよ中へ!

 

ゴールデンスターフェリーズの中の様子

中には売店があったりと結構広め。

 

ただ一時間前に着いたのに窓際の席のほとんどは埋まってました泣。

出発前にはほぼ全席が埋まるほどたくさんの人。

海と空が綺麗でした。

 

乗客のほとんどが欧米人。

日本人どころかアジア人は2,3人しか見当たりませんでした。

皆飛行機で行くのかな。

席に座っていると、ジョージというギリシャの人が話しかけてくれる。

ギリシャ語を教えてくれました^^

話してたら他の席の人話にも加わってきた(笑)

ギリシャの人はフレンドリーだ。

途中で止まったアンドロス島もおしゃれ。

 

そして僕が鼻が詰まってたりいろいろあってムスッとしてたら、ギリシャ語で声をかけて祈ってくれた人がいた。

言葉は分からなかったけど、気持ちはすごく伝わってきた。

自分も辛そうにしてる人がいたら声をかけてあげたい。

自分がいかに小さかったことに気がつく。

予定より30分ほど遅れて、5時間でミコノス島に到着。

 

まとめ

今回ギリシャのラフィーナ港からミコノス島までフェリーで行ってきましたが、土曜日で結構混んでいた&僕の調子が悪かったことにより、乗船時間は長く感じました。

平日は空いているそうなので、可能であれば平日に行くのが良いですかね。

ただその後ミコノス島の景色を見て疲れが少し取れたので良かったです^^

白と猫の世界!ミコノス島でおすすめの観光場所とホテル宿

2017.10.08

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします