マイル

楽天プレミアムカードのメリットとデメリット!プライオリティパスを無料で利用できるのが魅力

こんにちは、カズッシー(@kazusy10)です。

僕は今まで40ヵ国以上の国を旅してきました。

旅する時に持っておきたいのがクレジットカードです。

現金だけだともし取られてしまったら終わりですし、一度にいろんな国に行く時に両替の手間もかかります。クレジットカードを持っておけば、楽に支払いができるワケです。

よく海外旅行に行く人におすすめしたいのが「楽天プレミアムカード」です。

僕も実際に使ってますが便利ですね。ただデメリットもあります。

今回は、旅行者に人気の楽天プレミアムカードを買おうと思われている方に、メリットとデメリットを紹介したいと思います!

楽天プレミアムカード公式HP

 

楽天プレミアムカードの特徴・メリット

まずは楽天プレミアムカードの特徴・メリットを紹介したいと思います。

楽天プレミアムカードの特徴・メリットは大きく分けて4つあります。

1.プライオリティパスが無料で利用できる

楽天プレミアムカードの魅力は、なんと言ってもプライオリティパスが無料で利用できることです。

プライオリティパスは、世界148か国、1300か所以上の空港ラウンジが利用できるサービスのことです。

プライオリティパスには、スタンダード、スタンダードプラス・プレステージの3つのプランがあります。

年会費都度料金
スタンダード99ドル32ドル
スタンダード・プラス299ドル無料(10回目以下)
32ドル(11回目以降)
プレステージ429ドル無料

それぞれのプランによって値段や利用体系が変わりますが、ラウンジが無料で何度でも利用できるプレステージ会員になるには、年間429ドル、日本円で約47,000円(1ドル110円で計算)が必要になります。

ただ楽天プレミアムカードを作れば、ランクの一番高い、プレステージレベルのプライオリティパスが無料で作れるんです!

僕はこのプライオリティパスを作るためだけに楽天プレミアムカードを作りました。

おそらく旅好きで楽天プレミアムカードを作ってる人は、プライオリティパスが理由だと思いますね。

ラウンジが使えれば無料で軽食を楽しめたり、無料Wi-Fiや電源もあるから仕事も集中してできるわけです。

フライトまでの時間を有意義に活用できます。

僕みたいにプライオリティパスが欲しいためだけに楽天プレミアムカードを作るのもありだと思いますね。

注意点として、楽天プレミアムカードを申し込むと自動的にプライオリティパスのカードが届くわけではないです。

プライオリティパスを希望する場合は、楽天プレミアムカード到着後に「楽天e-NAVI」から申し込む必要があります。

2週間程度で届くので、楽天プレミアムカードを作ってすぐに旅行に行こうと思われている方は気をつけてください。

 

2.海外旅行保険が付いている

2つ目の特徴は、海外旅行保険が付いていることです。

海外旅行に行く際は、必ず海外旅行保険に入ると思いますが、別途申し込むのは面倒くさかったりしますよね。

楽天プレミアムカードを作れば海外旅行保険もついてきます。

  • 傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円(自動付帯:4,000万円・利用条件1,000万円)
  • 傷害治療費用 自動付帯:300万円
  • 疾病治療費用 自動付帯:300万円
  • 賠償責任 自動付帯:3,000万円
  • 携行品損害:最高50万円(自動付帯:30万円・利用条件20万円)
  • 救援者費用 自動付帯:200万円

ほとんどが自動付帯なので、持っておくだけで適用されます。

海外旅行保険以外に、国内旅行傷害保険や動産総合保険も付いてきます。

保険の詳細については楽天の公式サイトを確認いただきたいんですが、海外旅行保険が付いているのも魅力だと思いますね。

 

3.トラベルデスクが利用できる

楽天プレミアムカードを作ると、海外にあるトラベルデスクが利用できます。

トラベルデスクは、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ブラックカード会員専用のサービスです。

具体的には観光情報を教えてくれたり、レストラン・オプショナルツアーの予約や手配をしてくれます。

旅行先でサポートしてくれるのは助かりますね。

注意点として、トラベルデスクは日本国内から利用はできません。

現地から連絡する必要があるので気をつけてください。

 

4.3つの優待サービスから1つが選べる

楽天プレミアムカードを申し込む際に、3つの優待サービスから1つが選べます。

  1. 楽天市場コース(楽天市場でポイントが溜まりやすい)
  2. トラベルコース(楽天トラベルでポイントが溜まりやすい)
  3. エンタメコース(RakutenTVや楽天ブックスでポイントが溜まりやすい)

用途によってポイントが溜まりやすくなるのは嬉しいですよね。

正直僕はあんまり気にしてはないです。

 

楽天プレミアムカードのデメリット

続いては、楽天プレミアムカードのデメリットも紹介しておきます。

1.年会費がかかる

一つ目は、年会費がかかることです。

楽天カードであれば年会費は無料ですが、楽天プレミアムカードの場合は年会費が11,000円かかります。

  • 楽天カード:年会費無料
  • 楽天ゴールドカード:年会費2,200円
  • 楽天プレミアムカード:年会費11,000円

1万円以上するので、そこまで海外旅行に行かない方や、年会費を払いたくない方は楽天カードで良いと思います。

 

2.プライオリティパスは同伴者が有料

プライオリティパスを使ってラウンジを利用する場合、本人は無料ですが、同伴者は有料です。

同伴者1名につき3,300円かかります。

一人で行くなら問題ないですが、家族で利用したい場合は大変ですよね。

十分お得なんですけど、せめて同伴者1名までは無料にして欲しいなと思いました。

 

3.ポイント還元率が楽天カードと変わらない

楽天プレミアムカードのポイント還元率は1%です。

年間費が無料の楽天カードと変わらないんですよね。

年間11,000円も払ってるんだから、少しくらい高くしてくれても良いんじゃないかと思います。

 

プライオリティパスのためだけでも楽天プレミアムカードは作る価値あり

年間11,000円はかかりますが、プライオリティパスがあるのでそれだけのために作る価値はあると思います。

海外旅行に頻繁に行かれる方は、作っておくのも良いのではないかと思います。

楽天カード公式HP

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします