羽田空港国際線の「スカイラウンジ」と「スカイラウンジアネックス」両方利用してみた

今日から台湾に行くため、羽田空港国際線にやってきました。

旅の醍醐味の一つにラウンジの利用があります。

僕はラウンジが好きなので、なるべく早めにチェックアウトを済ませてラウンジでゆっくりしています。

今回は、羽田空港国際線のカードラウンジである「スカイラウンジ」「スカイラウンジアネックス」両方利用してみた感想を紹介します。

 

スカイラウンジの場所や設備

まずはスカイラウンジから紹介します。

スカイラウンジは、出国手続きを済ませたところから、正面のエスカレーターを登ってすぐの場所にあります。

こちらがスカイラウンジの入り口。

 

これだけ近いとありがたいですね。

スカイラウンジは特定のカードがゴールド以上であれば入ることができます。

 

カードを持っていない人でも1,030円(4〜12歳は520円)支払えば入れます。

スカイラウンジは24時間営業です。

中はこんな感じ。

 

シンプルな作りです。

雑誌やドリンクバーも完備。

 

有料でフードやアルコールがいただけます。

 

お腹が空いていたので手作りおにぎりを注文。

 

小腹を満たすにはちょうど良い量でした。

景色はまあまあな感じ。

 

スカイラウンジアネックスの場所や設備

続いてスカイラウンジアネックスを紹介します。

中央の赤丸がスカイラウンジで、左の赤丸がスカイラウンジアネックスの場所です。

 

出国検査場を背にして左に進んで行くと、「ラウンジ」と書かれた案内板があるのでその通りに進みます。

 

エスカレーターを上がり、奥の方に進むとスカイラウンジアネックスがあります。

 

スカイラウンジアネックスの中は広々!

 

スカイラウンジの2倍はあるんじゃないでしょうか。

雑誌やドリンクが置いてあるのは一緒でした。

 

スカイラウンジアネックスはそのほかにもPC室。

 

シャワー室もあります。

 

シャワーは有料(1,030円)ですがあると助かりますよね。

空港の景色もスカイラウンジアネックスの方が開けています。

 

個人的にはスカイラウンジアネックスの方が落ち着けて好きですね。

 

羽田空港国際線に来たらカードラウンジを楽しもう!

ラウンジのおかげで、出国手続き後も快適に過ごせましたね。

ラウンジが使えるクレジットカードを一つでも持っておくと便利です。

羽田空港国際線を利用する場合は、カードラウンジを思いっきり堪能しちゃいましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします