スタバ

スターバックスのコールドブリューを飲んで感じたアイスコーヒーとの違い

スターバックス(以下スタバ)では、毎年夏限定でコールドブリューを販売しています。

コールドブリューとは、「熱を加えずに14時間かけてゆっくりと水で抽出したコーヒー」のことです

普通のアイスコーヒーと違い、作るのに時間をかけているということです。

今までコールドブリューを飲んだことがなかったので、一体どんな味なのか、飲んでみることにしました。

 

スタバのコールドブリューの値段

スタバのコールドブリューの値段は以下。

  • ショートサイズ:320円
  • トールサイズ:360円
  • グランデサイズ:400円
  • ヴェンティサイズ:440円

普通のアイスコーヒーよりも少し値段は高めです。

 

スタバのコールドブリューを飲んだ感想と普通のアイスコーヒーとの違い


それでは早速スタバのコールドブリューを飲んでみることに。

スタバのコールドブリューの口当たりはスッキリで爽やか。キレがあってシャキッとした気分になれます。

普通のアイスコーヒーと比べてスッキリ感はありますね。ミルクとの相性も良いですね。

初めて飲んだけど美味しいです。

 

スタバでコールドブリューを注文するデメリットもある

ただスタバでコールドブリューを注文するデメリットもあります。

それは、お代わりができないことです。

スタバのドリップコーヒー(アイスコーヒー)は、一杯頼めば、当日中だともう一杯が150円(スタバアプリ会員なら100円)でお代わりできます。

僕は一日2回スタバに行くので、毎回このお代わりドリンク制度は重宝しているんですよね。

コールドブリューの場合はお代わり対象外なのが少し残念。

 

スタバでコールドブリューはスッキリした喉越しを味わいたい人におすすめ!

ただ別にお代わりしたくない人や、スッキリした喉越しを味わいたい人にはぜひ飲んで欲しいドリンクです。

コールドブリューは夏限定なので、なくなるうちに飲んでみてはいかがでしょうか?

⇒スターバックス公式サイトのコールドブリュー紹介ページ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

COMMENT