台湾・花蓮の人気観光スポット「タロコ峡谷(太魯閣峡谷)」に現地ツアーで行ってきた

台湾の花蓮観光2日目。

昨日は花蓮市内を満喫、そして2日目の今日は、花蓮の人気観光スポット「タロコ峡谷(太魯閣峡谷)」に、現地ツアーで行ってくることにしました。

今泊まっている日本人宿の「馨憶精緻民宿(しんい民宿)」さんの日本語現地ツアーを申し込むことに。

日本語だから安心。

料金は1人だと3,000元。

2人参加だと1人1,500元です。

僕は一人でためらいましたが、ここで行かなきゃ絶対に後悔すると思いツアーに申し込むことにしました。

 

「タロコ峡谷(太魯閣峡谷)」に車で出発!

朝9時にオーナーさんの片桐さんが、車を用意してくれて移動するからめっちゃ楽。

朝市がやっているところを通ってくれました。

 

夜市がやっているのは知ってたけど、朝市もやっていたのは知らなかった。

花蓮は日本統治時代に建てられた建物があり、どこか日本を感じる。

花蓮の日本統治時代の話を聞きながら、まずはタロコ峡谷(太魯閣峡谷)周辺の新城神社に到着。

 

鳥居があるのに奥にはマリア像がある珍しい場所。

 

猫がいました。

 

こっちに寄ってくる

 

キター!!!

 

人懐っこくて可愛い。

猫が周辺にいて可愛かったです^^

隣にある協会がオシャレ。

 

中も入れます。

 

続いて連れて行ってもらったのが、Shakadang Trail。

 

右側に切れ目があるんですが、その部分を歩けます。

 

冒険みたいで楽しい。

 

川もめちゃくちゃ綺麗です。

 

30分程度散策し次の目的地へ。

いよいよタロコ峡谷(太魯閣峡谷)で有名な門の場所に移動。

 

奥のトンネルは、台中と繋がっています。

台中側にも同じような門があるんだとか。

続いて岩山を削って作られたトンネルの燕子口。

 

ここではヘルメットをかぶる必要があります。

トンネルを抜けると売店。

 

それにしてもタロコ峡谷(太魯閣峡谷)は見どころが多い、

 

お昼をすぎ昼食場へ。

 

屋台はどれも美味しそう。

竹筒に入ってたご飯。

 

スープ。

 

お腹いっぱいになると眠そうだったので控えめに笑。

屋台の近くに文天祥公園。

 

日本統治時代は佐久間神社と呼ばれていました。

奥には文天祥作の正気歌の歌詞。

 

帰りに清水断崖の海に行く。

 

ものすごく綺麗。

最後に七星潭という海に行き、花蓮に戻る。

 

タロコ峡谷(太魯閣峡谷)の現地ツアーに参加すれば歴史も知ることができる

今回、日本人宿「馨憶精緻民宿(しんい民宿)」の日本語現地ツアーに参加しましたが、片桐さんが日本統治時代の話も交えて案内してくれるので、背景も知ることができました。

最初は一人参加で値段が高くてどうしようか迷ったんですが、参加して良かったです^^

タロコ峡谷(太魯閣峡谷)の日本語現地ツアーに参加するなら、馨憶精緻民宿(しんい民宿)さんのツアーがおすすめです。

⇒馨憶精緻民宿(しんい民宿)の宿泊予約はこちら

台湾・花蓮旅行で行って良かった人気の観光スポットやお店・ホテル宿まとめ

2018.03.14

台湾・花蓮の日本人宿「しんい民宿」に宿泊してきました

2018.03.13

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします