君の名は・天気の子

【ネタバレ】映画「天気の子」の感想レビュー|観て良かったと思える結末だった

2019年7月19日から、新海誠監督の大ヒットした「君の名は。」に続く作品、「天気の子」が全国で上映開始になりました。

前作の「君の名は。」が大好きで、今作も待ちになっていました。

19日の全国一斉上映の朝9時から観てきましたよっ!!

結論から言うと、新海誠ワールド全開で観て良かったですね。

今回の記事では、ネタバレ有りで、映画「天気の子」のあらすじや観た感想を紹介したいと思います。

ネタバレNGな方は観た後にご覧ください。

天気の子の聖地巡礼・ロケ地を半日で巡ってきた|無料スポットのみ紹介映画「天気の子」の聖地・ロケ地を半日で巡礼きた経路を紹介しています。無料スポットのみ紹介しているので、良かったら参考にしてください。...

 

映画「天気の子」の大まかな内容をネタバレ有りで紹介

まずは映画「天気の子」の大まかな内容をネタバレ有りで紹介します。

主人公は少年の帆高(ほだか)。

地元の離島での暮らしが嫌で、家出をし東京にやってきた高校一年生。

偶然の出会いから仕事を見つけ、帆高(ほだか)は東京で働き出すことになります。

そんな時に出会ったのが陽菜(ひな)と言う女の子。

陽菜(ひな)には願うだけで、近くの場所の天候を晴れにする力がありました。

この時東京は雨がずっと続いていて、街の人たちは晴れるのを心待ちにしていました。

帆高(ほだか)は陽菜(ひな)と協力し、仕事としてお祭りや結婚式などの日に晴れにしてほしいと言う願いをどんどん叶えていきます。

ただそれは一時的なもので、その後も雨はずっと続きます。

陽菜(ひな)自身が犠牲になることで、天気は回復すると言うのです。

陽菜(ひな)はそれを受け入れ、自分が犠牲になり東京の街の天候を回復させます。

ただ陽菜(ひな)に恋をしていた帆高(ほだか)は、陽菜(ひな)がいなくなるのがいやで陽菜(ひな)を取り戻しにいきます。

「ずっと雨のままでもいいから一緒に生きたい」

晴れた日が続いて欲しいと願っている人は多いです。

そんな周囲の声を振り切り、雨が降り続けることと引き換えに陽菜(ひな)は地上に戻ってくると言うのが大まかな流れです。

大分はしょりましたが、まだまだ見所はたくさんあります。

詳しくは映画をご覧ください。

 

「天気の子」はやっぱり観て良かったと思える映画だった

今回「天気の子」を観ていてまず思ったのが、前作の「君の名は。」とすごく世界観が似ているなと言うことでした。

好き同士の男女がいて惹かれ合うけれど、途中離れ離れにあり最終的にはハッピーエンドになる。

キャラクターもどこか似ている雰囲気がありました。

よく言えば新海誠ワールド全開、悪く言えば前作と似ていて物足りないなと言った印象です。

ただやっぱり観て良かったと思える内容の映画でした。

僕はハッピーエンドの映画が大好きです。

現実は辛く厳しかったりするので、せめて映画を観ている間は幸せな気持ちになりたいんですよね。

新海誠監督の映画は、多少強引でも最後はハッピーエンドで終わってくれるから大好きなんです。

最近は京アニの火災や芸能人の闇営業問題、高齢者の危険運転など現実では辛く悲しいことが起こっています。

そういう中で、こう言う王道のハッピーエンドで終わってくれる映画にどれほど救われるものはありません。

新海誠監督もこの映画は賛否両論があると言っていたそうです。

確かに前作を観られた方は、インパクトに欠けるかもしれませんが、僕はそれでも観て良かったなと思っています。

良くなかったら良くなかったで友達と語り合えたりもするので、それはそれで楽しいですしね。

途中「君の名は。」の主人公の瀧くんと三葉も出てきて、世界は繋がっているということも認識させてくれましたし。

こういうところが新海誠監督は素敵なだなと思いましたね。

映画「天気の子」は、混沌としている今の時代にこそ観てほしい映画だと思いました。

 

映画「天気の子」のキャスト

  • 森嶋帆高:醍醐虎汰朗
  • 天野陽菜:森七菜
  • 須賀圭介:小栗旬
  • 夏美:本田翼
  • 冨美:倍賞千恵子
  • 天野凪:吉柳咲良
  • 安井:平泉成
  • 高井:梶裕貴

 

映画「天気の子」の主題歌「愛にできることはまだあるかい」

新海誠さんの過去の作品を観る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

COMMENT