東京タワーの展望台(トップデッキツアー)に行く前に知っておきたい注意点

2018年の3月3日に東京タワーがリニューアルオープンしました。

高さ250メートルのところにあるトップデッキに行くことができるトップデッキツアーに参加できるようになったんですよね。

ゴールデンウィークで妻が休みということもあり、この機会に東京タワーの展望台(トップデッキツアー)に行ってみることにしました。

 

東京タワーの展望台(トップデッキツアー)の入場・予約方法

トップデッキツアーは事前予約・時間指定制です。

公式サイトから予約しましょう。

⇒東京タワー公式サイト

トップデッキツアーの予約可能時間は9:00~22:15の間、15分おきに入場可能です。

今回は夕日と夜景を両方見たかったので、日の入り(18時30分)前の18時〜18時15分の時間帯を選択。

 

展望台(トップデッキツアー)の当日の内容・流れ

東京タワーに着いたら1階に行きます。

 

最寄駅から東京タワーまでの行き方は以下記事を参考にしてください。

東京タワーの最寄駅や行き方・アクセス方法を写真付きで紹介

2018.04.30

 

スタッフさんに予約時に発行されたQRコードを見せると、イヤホン付きの音声ガイドを渡されます。

 

音声を聴きながら景色を堪能できる優れもの。

まずはじめに、専用エレベーターで150mのところにあるメインデッキに行きます。

エレベーターの中がすごい。

 

そのまま列になり、また専用エレベーターで上に上がります。

 

夕日がこの時ピーク。

どうせなら上に上がって夕日を撮ろうと思ったのが大間違い。

ここで20分ほど待たされて、結局夕日を見ることができませんでした泣。

すぐに上に上がれると思っていたからすごくショック。

列をはみ出しても良いからここで写真を撮れば良かったです。

夕日をトップデッキで見たい人は、かなり時間に余裕を持って行きましょう。

エレベーターで上がると「プラットフォーム」という場所に出ます。

 

ここでは写真撮影をしてくれたり、ドリンクをサービスしてくれます。

 

展望台(トップデッキツアー)に到着!

ここで数分待ったら、またエレベーターに乗りようやく高さ250メートルのトップデッキに到着。

 

鏡張りになっていて、近未来という感じ。

夕日が沈んで夜になる前の微妙な時間帯。

 

まだひきづってます笑。

一階で借りた音声ガイド。ボタンを押すとその場所の情報を手に入れられます。

 

展望台(トップデッキツアー)からの夜景がすごく綺麗だった

夜になるまで待ち夜景撮影を開始。

 

今日はゴールデンウィークの休日だからビルはそこまで光ってませんでしたが、それでも幻想的でした。

平日ならもっと綺麗じゃないかと思います。

時間が経つにつれ人が増えてきたので、150mの高さのメインデッキに移動。

こっちはもっと激混みでした笑。

プロジェクションマッピングを見て早めに帰宅。

 

外から見た東京タワーも素敵でした。

 

東京タワーの展望台(トップデッキツアー)で夕日を見るなら早めに行こう

今回東京タワーの展望台(トップデッキツアー)で夜景を見られたのは良かったですが、夕日が見られなかったのはショックでしたね。

18時に1階に到着して、高さ250メートルの展望台(トップデッキツアー)に着いたのは日の入りが終わった18時30分以降でした。

そのため東京タワーの展望台(トップデッキツアー)で夕日を見たい方は、なるべく早めに行かれることをお勧めします。

住所:〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目2−8
営業時間:9時00分~23時00分
定休日:年中無休
料金:
【メインデッキ】
大人(高校生以上):900円
子供(小中学生以上):500円
幼児(4歳以上)」400円
【トップデッキツアー】
大人(高校生以上):2,800円
子供(小中学生以上):1,800円
幼児(4歳以上):1,200円

⇒東京タワー公式サイト

浜松町の「世界貿易センタービル」の展望台からは東京タワーとスカイツリーが見える!

2018.04.28

JR浜松町駅や大門駅から増上寺までの行き方やアクセス・観光スポットを紹介

2018.04.28

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします