Work

日本中の無料Wi-Fiが自動接続できる「タウンWiFi」のメリットとデメリット

「街中でネットが楽に使えたらいいな」

そう思ったことはありませんか?

僕はポケモンGO中毒なので、常にネットを利用しています。

契約しているスマホのプランでは、容量が全然足りません。

そんな時に頼りになるのが無料Wi-Fi。

ショッピングセンターやカフェにある無料Wi-Fiを利用すれば、利用制限を気にすることなくネットが利用できます。

ただ毎回設定が面倒臭い。その悩みを解決してくれるのが「タウンWiFi」。

タウンWiFiは、街中にあるWiFiに自動接続するアプリケーションのこと。

一度設定を行えば、追加したWi-Fiが自動で繋がるようになります。料金は無料。

今回は、そんな日本中の無料Wi-Fiが自動接続できる「タウンWiFi」のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

 

タウンWiFiのメリット

まずはタウンWiFiのメリットから紹介。

1.近くのWi-Fiに自動で接続してくれる

一度設定をしてしまえば、アプリを立ち上げなくても自動でWi-Fiに繋がります。

毎回設定する必要がないのでこれは楽ですね。

対象スポットは50万スポット以上あるので、接続できる場所は多いです。

 

2.日本全国の無料Wi-Fiを検索できる

タウンWiFiでは日本全国の無料Wi-Fiを検索できます。

実際はどこで無料Wi-Fiが飛んでいるのか分からないので、探せる機能があるのはありがたいですね。

 

3.無料で使える

たとえ便利でも有料だと尻込みしちゃいます。

タウンWiFiは無料で使えるのが嬉しいところ。

 

タウンWiFiのデメリット

続いてタウンWiFiのデメリットを紹介します。

1.Wi-Fiが遅いと繋がらない恐れがある

場所や時間にもよりますが、Wi-Fiが遅いと繋がらない恐れがあります。

もし遅いWi-Fiに接続するのが嫌な場合は、繋がらないように設定ができます。

 

2.セキュリティが甘い

無料Wi-Fiのほとんどは、暗号化されていないものが多いです。

そのため通信を第三者に見られてしまう可能性があります。

無料Wi-Fiが使えるスタバのWi-Fiも、暗号化されていないので危険性は高いです。

まあ便利なので使ってしまいますが…。

 

タウンWiFiはとにかく無料でネットを使いたい人におすすめ!

おそらく一番のネックは、無料Wi-Fiのセキュリティの甘さだと思います。

その辺りを気にせず、とにかく無料でネットに接続したい人にタウンWi-Fiはおすすめですね。

最近は通信内容の盗み見を防止できるVPN設定もタウンWi-Fiで利用できるそうなので、試してみる価値はあります。

僕は外でネットに繋ぐときは、基本的にはポケットWi-Fiを使ってるんですが、家に忘れてしまった時やポケットWi-Fiの充電がなくなって来た時に無料Wi-Fiを利用してます。

無料Wi-Fiを利用するのに抵抗がない方は、便利なので試しにインストールして使ってみるのもいいですよ。

⇒タウンWiFi公式HP

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします