海外

海外旅行中のおすすめの体調管理方法まとめ|ゆっくり眠って無理をしないのが一番!

こんにちは、カズッシー(@kazusy10)です。

みなさんも、海外旅行に行って一度は体調を崩されたことはあるんじゃないでしょうか?

僕は何度もあります。

元々体も弱いしアトピーも持ちだし、持病もあるので体調管理が大変なんですよね。

それでも海外旅行が好きだから色々対策をして行っているわけです。

初めて海外旅行に行かれる方は特に、テンションが上がって無理して動き回ったり、慣れない気候や文化でストレスが溜まって体調を崩してしまう方は多いんじゃないかと思います。

僕の友達は、海外旅行に行ったけど初日で体調を崩して旅行期間中はホテルでずっと休んでいたそうです。

それだとホント辛いですよね。せっかく海外まで来たのに自分だけ遊びに行けない気持ちはすごく分かります。

そこで今回は、僕が海外旅行に行くときに心掛けている体調管理方法を紹介したいと思います。

これから海外旅行に行こうと思われている方は、良かったら参考にしてください^^

※動画でも説明しています

 

海外旅行で体調を管理するのに必要な持ち物

まず持ち物なんですけど、常備薬は必須ですね。

僕は持病で関節に炎症が起こってしまったりするので、炎症を抑える薬は毎回持って行ってます。

あと慢性鼻炎なので鼻炎薬も持って行ってますね。

海外でもドラッグストアに売られてたりするんですが、やっぱり普段飲み慣れてる薬を飲むのが一番安心できます。

普段飲んでる薬を持っていくだけでも安心感に繋がりますからね。

普段飲んでいる薬は絶対に持って行っておいた方が良いです。

風邪薬なんかも持って行っておくとお守りがわりにもなります。

あと飛行機内は乾燥していたりするんでマスクも必須で持って行ってます。

紫外線が強い地域はサングラスや日焼け止めも持って行っておくと良いです。

あとね、常夏の国でも寒さ対策で羽織るものは持って行った方が良いです。

年中暑いから半袖で大丈夫だろうと思う人もいるかもしれませんが、大体常夏の国は室内はエアコンガンガンです。

寒くて風邪を引いてしまうかもしれないんで、年中暑い地域でも羽織るものは持って行った方が良いです。

飛行機内は、僕は荷物を増やすのが嫌で持っていってないですが、ネックピローや耳栓、スリッパを持っていってる人もいますね。

AppleのAirPods Proとかはほぼ完全に音を遮断してくれるそうなんで、他の方のいびきや騒音が気になる人は持っていても良いかもしれません。

飛行機グッズについては色々発売されているので、ググっていただければと思います。

 

食べ物は火が通ったものを食べるようにする

続いて食べ物編です。食文化は国によって全然違うので、食べ物で体調を崩す方もいます。

基本的に海外では火が通った食べ物を食べるようにしてますね。

しっかりとした生卵や美味しい刺身が食べられるのは日本だけだったりするので、海外で特に生卵を食べる場合は注意が必要ですね。

レストランなら安心と思う方がいるかもしれませんが、僕はレストランで出された生卵を食べたらそのあと下痢がしばらく続きました。そのあと結構大変だったんですよ。

体調面に不安がある方は、屋台はもちろんレストランでも一応は気をつけておいた方が安心です。

海外に行くと、日本の衛生管理はしっかりしてるな〜と思いますね。

あとは生水は飲まないことですね。

まずは「国名 水道水 飲める」で検索して、当てはまらない場合はコンビニとかで買って飲んでますね。

ホテルの部屋にペットボトルの水が置いてあったりするので、そのペットボトルを持ち歩いて飲んでます。

 

海外旅行中に体調を壊さないようにするには無理をしない計画プランを立てること!

僕が実践している、海外旅行中に体調を壊さないようにする一番の方法は、無理をしない計画プランを立てることです。

初めて海外旅行に行かれる方なんかは、ギュウギュウに予定を入れたいのは分かります。

僕もそうでした。一泊二日だったらもう寝ないとかね。

なるべく睡眠時間を削っていろんな場所を回りたい気持ちも分かります。

体力がある方だったら全然それで良いんですけど、不安な方はある程度時間に余裕を持ったプランを立てる方が良いと思います。

そもそもに、海外だと計画通りに行くことはほとんどないです。

バスも平気で遅れて来たりしますし、あとはストライキで動いていないこともあります。

日本ぐらいですよ、こんなにきっちりと時間を守って運行してたりするのは。

なので、ギュウギュウにプランを立てて回るよりは、行きたいところを絞っておいて、余裕があったらここにも行こうって思う方が気持ち的にも安心できます。

睡眠もね、できるなら7,8時間はとっておきたいですね。

大体は睡眠不足で抵抗力が落ちて病気になったりするので。

現地ツアーで朝早くからバスで出発しないと行けない場合は、なるべくバス内で目だけでも瞑っておくのがおすすめです。

あとは体調が悪くなりそうだったら、ホテルで休んでおくのもありです。

団体ツアーだったり、友達と一緒に行く場合は自分のペースで回れないことが多いです。

体調が悪いんだったら、無理せず「ちょっとホテルで休んでおくわ」と言って、予定をキャンセルして休んでいた方が良いと思います。

無理して行って悪化してもしょうがないですからね。

自力で治りそうにないんだったら病院に行くのがおすすめですね。

団体ツアーだったら添乗員さんに伝えたり、個人の場合はホテルの人に伝えたり、海外保険に加入していたら、パンフレットに提携病院が書いてたりするので、そちらの病院に行くのが安心です。

保険に入っていれば、提供病院だったらその場で支払わずにすんだり、支払ったとしてもあとで請求ができたりします。

海外旅行保険に加入されている方は、事前にパンフレットを読んでおくと安心できます。

僕も海外で入院と手術をしたことがあるんですけど、海外旅行保険に入っていたおかげで治療費は支払わずに済みました。

海外でテンションが上がってしまうのは分かるんですが、無理をしない計画プランを立てることで、気持ちにも余裕が出て来てストレスも減るんじゃないかと思います。

 

まとめ

海外はそもそも日本と気候や文化、食生活すべてが違うんで、ある程度体調を崩してしまうのはしょうがないと思うようにしてます。

自分がどれくらいのキャパで、ここを超えたら体調が悪くなると分かっていれば事前に防げたりするので、自分自身の体の状態を知っておくのは大事ですね。

うまく行かないこと前提で、行きたい場所に行ければラッキーぐらいに思っておくと、気持ちは楽になります。

僕自身は修行だと思って海外に行ってますね。

あまり気張らずに、海外に行くこと自体を楽しんでもらえたらなと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします