世界一周準備編

世界一周航空券で行ってきた国や都市のルートまとめ!東回り・西回りどちらがおすすめかも紹介

僕は過去に、ビジネスクラスの世界一周航空券を使って妻と一緒に世界一周していました。

約7ヶ月間で全32ヶ国76都市に行っきたんですが、この時のルート決めが結構大変でしたね。

世界一周するにあたり、どうやってルートを決めようか悩んでいる人も多いと思います。

そこで今回は、世界一周航空券のビジネスクラスで世界一周したルートを紹介したいと思います!

 

世界一周のルートはどうやって決めた?

まずは世界一周のルートはどうやって決めたかについて説明していきたいと思います。

僕の場合はまずいきたい国を羅列しました。

羅列したら、次は世界一周航空券を取り扱っているアライアンスを選びます。

有名どころはスターアライアンスとワンワールドですね。

僕らは南米に強いと言われている「ワンワールド」の世界一周航空券を使っていきました。

補足しておくきますが、世界一周航空券を買えば自分がいきたい国すべてに行けるわけではありません。

ワンワールドの世界一周航空券を買った場合、ワンワールドに加盟している航空会社しか利用ができないんですね。

なので、ワンワールドに加盟していない国の航空券に関しては、別途格安航空券を買って行ってました。

ルートを組むのは思ってる難しいんです。

おすすめの考え方として、全部一気に行こうと思わないことです。

今回の旅ではどっちでも良いやという国は思い切って外しました。

一度に全部行きたい気持ちもありますが、期間や予算の関係でどうしてもいけない国も出てくると思います。

僕の場合は思い切って外しました。

これで別にもう海外旅行に行かないわけじゃないので、今回行かなかった国は別の機会に行けばいいやと思うようにしてました。

 

世界一周のルートは西回り・東回りどちらがおすすめなのか?

続いて世界一周のルートは西回り・東回りどちらがおすすめなのか紹介したいと思います。

西回りは日本から見て西、アジア方面から回ること、東は日本の東側のアメリカなどから回るルートです。

結論を言うと、好きな方で良いと思うんですが、楽なのは「西回り」です。

理由は、西回りのほうが時差が少ないんですね。

もし最初にアメリカ行ってしまうと、時差が十数時間あるのでまず慣れるのが大変です。

西回りのほうが距離もちかいので最初の一歩が踏み出しやすいです。

僕も西回りで世界一周をしましたが、全体的に楽でしたね。

 

世界一周で回ったルート・国や都市を紹介

最後に、僕が実際に行ったルート・国や都市を紹介していきます。

アジア

  • ベトナム(ハノイ〜フエ〜ホイアン〜ダナン〜ホーチミン)
  • カンボジア(プノンペン〜シェムリアップ)
  • タイ(バンコク〜チェンライ〜チェンマイ)
  • ミャンマー(タチレク)
  • マレーシア(クアラルンプール〜マラッカ)
  • ネパール(カトマンズ)
  • シンガポール(シンガポール)

まずは日本の成田空港から、ベトナムのハノイに飛びました。

ハノイから鉄道とバスに乗ってフエ〜ホイアン〜ダナン〜ホーチミンと下まで縦断しました。

そのあとは陸路でカンボジアのプノンペンとシェムリアップにいき、バスでタイのバンコクに向かいました。

バンコクから、バスでチェンライ、チェンマイにいきました。

チェンライ、チェンマイはスローライフを満喫できたので、ゆっくり過ごしたい方はおすすめです。

チェンマイから、飛行機でマレーシアのクアラルンプールに飛びます。

クアラルンプールからマラッカに行ってまた戻ってきてから、ネパールのカトマンズに飛びました。

カトマンズはちくさっていうカフェが良かったですね。

カトマンズから一気に飛びます。

ここでアジア編が終了で、次はヨーロッパ編です。

ヨーロッパ

  • フィンランド(ヘルシンキ〜ナーンタリ〜トゥルク〜タンペレ)
  • エストニア(タリン)
  • スウェーデン(ストックホルム)
  • デンマーク(デンマーク)
  • ドイツ(ベルリン〜フュッセン・ノイシュバンシュタイン城)
  • チェコ(プラハ)
  • ポーランド(クラクフ)
  • ハンガリー(ブダペスト)
  • スロバキア(ブラチスラバ)
  • オーストリア(ウィーン〜ザルツブルグ)
  • スイス(ベルン〜グリンデルワルト〜ユングフラウヨッホ)
  • イタリア(ローマ〜フィレンツェ〜ベネチア〜ヴェロナ〜ミラノ)
  • バチカン市国
  • ギリシャ(アテネ〜ミコノス島〜サントリーニ島〜カランバカ)
  • フランス(ナント〜レンヌ〜モンサンミッシェル〜パリ)
  • スペイン(バルセロナ〜マドリッド〜トレド〜セビリア〜カディス〜タリファ)
  • ポルトガル(リスボン)
  • イギリス(ロンドン)

ネパールのカトマンズから、カタールのドーハ経由でフィンランドのヘルシンキに飛びました。

ヘルシンキからタリンのエストニアに船で行きました。

エストニアは代理店として利用されてもらったHISの世界一周旅行デスクの方におすすめされていったんですが、街自体が世界遺産になってい
て、かわいくて行ってよかったです。

世界一周は誰かにおすすめされていくのも醍醐味ですね。

タリンからスウェーデンのストックホルムに行きました。

北欧は景色が綺麗なんですよね〜。

スウェーデンのストックホルムから電車で6時間かけてデンマークのコペンハーゲンに行きました。

コペンハーゲンからドイツのベルリン。

ベルリンからチェコのプラハに行きました。

プラハも中世の街並みを感じられて、すごく良かったですね。

プラハの次はポーランドのクラクフ。

クラクフの次はハンガリーのブダペストです。

ブダペストは見所が多いのに観光客が少なくて居心地良かったです。

物価は安いのでおすすめですね。

ブダペストからスロバキアのブラチスラバに行きました。

ブラチスラバはとりあえず行ってみようと軽い気持ちでいったんですが、街はコンパクトだし綺麗で良かったですね。

ブラチスラバからオーストリアのウィーン〜ザルツブルグに行き、ドイツのミュンヘン経由でフュッセンに行きました。

フュッセンはシンデレラ城のモデルになったノイシュバンシュタイン城に行くための拠点の街です。

フュッセン自体も可愛らしくて良かったんですよ。

フュッセンからスイスの首都ベルンに行きました。

ベルンは街自体が世界遺産なので超可愛いです。

ベルンから列車でイタリアのミラノ〜ヴェロナ〜ベネチア〜フィレンツェ〜ローマ・バチカン市国に行って、そこからギリシャのアテネに飛びました。

アテネからフェリーでミコノス島〜サントリーニ島、アテネに戻りそこからメテオラのあるカランバカに電車で行きました。

メテオラは見にいくのが大変でしたが行って良かったですね。

ドラクエの雰囲気を感じました。

カランバカからアテネにもどり、次はフランスのナントという街に飛びました。

レンヌ〜モンサンミッシェル〜パリに行きました。

フランスはどこもおしゃれでしたね。

パリからスペインのバルセロナ〜マドリッド〜トレド〜そしてまたマドリッドにもどりポルトガルのリスボンに行きました。

リスボンからスペインのセビリア〜カディス〜タリファに行き、タリファから船でアフリカのモロッコに行きました。

やっぱり夢だったジブラルタル海峡を船で渡ってる時は感動しましたね。

アフリカ

  • モロッコ(タンジェ〜シャウエン〜フェズ〜メルズーガ〜トドラ渓谷〜マラケシュ)

ここからアフリカです。と行ってもモロッコしか行ってませんが。

モロッコはタンジェ〜シャウエン〜フェズ〜メルズーガ〜トドラ渓谷〜マラケシュを巡って、そこからイギリスのロンドンに飛びます。

ロンドンから南米のアルゼンチンに飛びます。

南米

  • アルゼンチン(ブエノスアイレス〜イグアス)
  • チリ(サンチャゴ)
  • ペルー(リマ〜クスコ〜マチュピチュ)
  • ボリビア(ラパス〜ウユニ塩湖)

ブエノスアイレス〜イグアスをバスで往復して、ブエノスアイレスからまたバスでチリのサンチャゴに行きました。

南米はでかいので、バスが1回で20時間くらい乗るんですよ。

しかも外にでる休憩がほとんどないので疲れるんですよね。

Wi-fi使えるよと言われたバス会社を選んだんですが、結局使えずずっと瞑想していた記憶があります。

サンチャゴから飛行機でペルーのリマ〜クスコ〜マチュピチュに行きました。

クスコからボリビアのラパス〜ウユニ塩湖を周り、アメリカに飛びます。

北米

  • アメリカ(ラスベガス〜ロサンゼルス〜センノゼ〜サンフランシスコ〜シアトル)
  • カナダ(バンクーバー〜イエローナイフ)

アメリカはラスベガス〜ロサンゼルス〜センノゼ〜サンフランシスコ〜シアトルの西海岸をバスで縦断しました。

シアトルからカナダのバンクーバーに行って、太平洋を渡り日本へ。

世界一周航空券の利用はここで終わりなんですが、最後にシンガポールに行きたかったので、最後にシンガポールに行ってマレーシアのクアラ
ルンプールでカニを食べてから帰国しました。

ざっとこんな感じです。

 

まとめ

全32ヶ国76都市をかなり駆け足で周りました!

全て違った感じの国や都市だったので、どこも良かったですね。

それから今回は安全第一で行きたかったので、中米は飛ばしました。

中東も過去にイスラエルには行ったことがあったので、今回は行かなかったですね。

世界一周はこういうルートで回らないと行けないということもないので、ぜひ自分だけのプランを考えていってほしいなと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

COMMENT