SNS

ツイッターアプリで「センシティブな内容」を表示できない時の対策方法

ツイッターのTL(タイムライン)を見ていると、フォロワーさんのつぶやきがたまに「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示され、内容が見れない時があります。

 

これがね、めちゃくちゃ見たくなるんですよね。

一体どんなことをつぶやいているのか、気になって見たくて見たくてしょうがありません(笑)

文章をタップすると、以下の画面が出てきます。

 

丁寧に表示する方法を書いてくれています。

「設定を変更」ボタンをタップ。

すると、ツイッターにログインするよう表示されます。

 

僕は複数ツイッターアカウントを持っているので、パスワードなんだったけっけな〜と面倒ながら入力。

スマホにログインコードが送られてきたので、その番号を入力してさあいよいよログイン!!と思ったら、なぜかログインできない。

なんども同じようにユーザー名、パスワードを入力するも、次の画面にいってくれません。

「なんじゃこりゃ!!!全然見られへんやんけ!!!」

一度は諦めたんですが、やっぱりフォロワーさんのセンシティブな内容のつぶやきを見たいということで、色々試した結果ログインできたので、その方法を今回はシェアします。

 

ツイッターアプリで「センシティブな内容」を表示できない時は、ブラウザ・ウェブでツイッターを開こう!

僕と同じようにツイッターアプリで「センシティブな内容」を表示できない時は、ブラウザ・ウェブでツイッターを開きましょう。

グーグルやヤフーの検索エンジンで、ツイッターと検索。

 

ツイッターにログインボタンを押します。

ログイン画面が表示されますが、ブラウザで開いた画面からだとログインできました。

 

アイコンをタップ後「設定とプライバシー」ボタンをタップ。

 

「プライバシーとセキュリティー」ボタンをタップ。

 

「セキュリティ」欄の「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェックを入れれば完了です。

 

設定が完了するまで少し時間がかかりますが、しばらくしてツイッターアプリを開くと、今まで表示されていなかったつぶやきが表示されるようになっています。

該当のつぶやきを見て見たら、全然センシティブではありませんでした(笑)

最近規制が厳しくなっているのは分かりますが、ツイッター社がどういう設定をしているのかが気になりますね。

もしツイッターアプリで「センシティブな内容」を表示できない方は、一度試して見てください^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

COMMENT